20代女性の転職ってぶっちゃけどう?【若さと経験を売りにできる】

20代女性の転職ってどうすればいいの?

注意点とかポイントとかあるのかな?

そもそも需要ってあるのかな?

20代女性の転職需要って実は結構あるんです。

20代だからこその注意点やポイントもあります。

また20代は前半と後半で大きく転職の傾向が変わってきます。

20代前半と20代後半ってどっちが転職に適しているの?

転職は男女に関わらず若い方が有利とされています。

ですので、基本的には20代前半の方が需要はあります。

ですが、20代後半では「若さ」と「経験」の両方を売りに転職することが可能です。

つまり、20代は転職市場において非常に有利な期間なのでで少しでも転職をお考えの方は、早く行動しましょう。

この記事では20代前半後半それぞれの転職傾向やポイントを紹介します。

・転職検討中の方

・転職活動中の方

・今後の転職に備えたい方

あらゆる場面の方に有益な情報となっております。

また、最近では終身雇用崩壊が進み、日本全体として雇用の安定が保証されなくなってきています。

加えてリモートワークや在宅勤務が急激に普及してきており、職場を選ばない働き方が進んでいます。

ですので、今後は日本全体として転職活動が活発化することが予想されています。

そのような時代を迎えるにあたっても、比較的ライバルの少ない今の時点で転職活動を早く始めることは非常に重要です。

会社から急にクビを宣告されて、「明日から転職活動スタートしてください。」ってなっても無理ですよね?

終身雇用崩壊を他人事とは思わず、明日は我が身ということを考えながら行動することは大切です。

この記事を読んでいただき、みなさまのサポートになれば幸いです。

目次

20代女性の転職ってぶっちゃけどうなの?

冒頭でも紹介しましたが、20代女性の転職需要は高いです。

そんな需要の高い20代女性の転職ですが、20代前半と後半に分けて、それぞれの特徴やポイントが変わってきます。

その違いについて紹介します。

転職活動において、どのタイミングで、どう行動すればいいのか?が理解できると思います。

20代前半〜なかば(20〜25歳)

20歳前半って年齢幅で言うとどのくらい?

明確な定義はないですがここでは、20代前半を20歳〜25歳までとします。

そんな20代前半のポイントは以下の3つです。

・ポテンシャルが重要

・未経験転職も十分可能

・第二新卒枠で転職可能

それぞれ詳しく紹介します。

ポテンシャルが重視

まずはなんといっても若さがゆえのポテンシャルの高さが重視されます。

ポテンシャルってなに?

ポテンシャルとは、その人がもっている可能性の高さです。

若いということは、今後まだまだ会社で働くことができる期間が長いです。

ですので、これから大きく成長できる可能性を秘めているということです。

なるほどね。

若いというだけでもかなり有利になるんだね。

でも、若いってことはたくさんいろい教えたりする必要もあるから、お金も時間もかかるじゃないの?

もちろんお金も時間もかかります。

ですが、それ以上に企業として得られることがあることを企業側も理解しているんです。

ですので、採用企業は一から教えるつもりで求人を出しています。

そういった意味で、20代前半は未経験転職でも、経験を活かしやキャリアアップ転職でもでも選択できる可能性に秘めた年代とも言えるでしょう。

未経験転職も十分可能

先ほども少し触れましたが、未経験転職も十分可能な年代です。

未経験転職はどの世代でもできるんじゃないの?

チャレンジすることはもちろん可能ですが、内定獲得には20代が有利とされています。

ある調査によると、20代前半では、約50%の方が未経験へ転職しているというデータがあります。

一方で、20代後半では、約40%まで低減しており、20代の前半後半だけでも10%近い差が生まれてくるんです。

ですので、一般的には未経験転職はは26歳までがしやすいとされています。

ちなみに私は30歳で未経験転職をしたので、30歳でも無理ではないということは覚えておいてください。

第二新卒枠で転職可能

第二新卒ってなに?

第二新卒とは新卒から約3年前後で転職する方が対象になる枠のことです。

具体的には、おおよそ25歳までは第二新卒として扱われることが多いと言われています。

この第二新卒は一般的に需要が高いとされているので、転職には非常に有利です。

第二新卒の転職に関しては、以下の記事で始め方からあらゆる悩みまで記載しているのでご参考ください。

上の記事内でも紹介していますが、転職活動の際には以下のようなメリットを無料で受けることができる転職エージェントの活用をオススメしています。

・非公開求人の紹介

・面接練習・書類添削

・年収アップ交渉

でも転職エージェントってたくさんあってよくわからない…

女性の転職向けにオススメの転職エージェントを以下の記事で紹介しております。

今回対象の20代若手の方向けにもオススメの転職エージェントを紹介しておりますので、ご参考ください。

良い点だけではなく、悪い点や気になる点まで紹介しておりますので、必ず役に立つ内容です。

20代後半(26〜29歳)

20歳後半って年齢幅で言うとどのくらい?

同じく定義はないですがここでは、20代後半を26歳〜29歳までとします。

そんな20代後半のポイントは以下の3つです。

・経験を重視される傾向

将来のワークライフバランス検討が重要

異業種転職のラストチャンス?

それぞれ詳しく紹介します。

経験を重視される傾向

20代後半では前半ではあまり気にされなかった経験やスキルを重視され始めます。

つまり、前職で何を経験して、どのようなスキルを身につけたのか?が重要になるということです。

また、20代後半は「若さ」と「経験・スキル」をかね備えた世代として、採用ターゲットとしている求人が転職市場ではもっとも多いとされています。

なので、30歳まえの26〜29歳の年齢層は非常に転職市場的に注目度が高いといえます。

企業側からは面接や書類審査で何を重視されてみられるんだろう?

前職までの経験やスキルに期待しているので、以下のような点をコメントできるような準備が必要です。

・前職で発生したトラブルや不具合事例

・そのトラブル発生時の考え方「物事をどうとらえて考えたか?」

・そのトラブルに対して、「どう行動したか?」

このようなトラブル対応はどの会社でも応用することができるので、採用側としても気になるポイントです。

自身だけでの棚卸しが難しい場合には、先ほど紹介した転職エージェントに相談しましょう。

経験やスキルの強みをしっかり把握した上で、アピールできるようにアドバイスをもらうと良いでしょう。

将来のワークライフバランス検討が重要

ワークライフバランス?

プライベートで発生するイベントも考慮して、仕事とのバランスを意識しましょう。と言うことです。

例えばどんなイベント?

女性の大きなイベントして結婚や出産がございます。

20代後半はこのような将来の結婚や出産などワークライフバランスを考え出す方が多いはずです。

現代では女性が働く環境も整備されていますし、共働き夫婦も多く存在しています。

ですので、ご自身が仕事とプライベートイベントの両立をしっかりできるような働き方を意識した転職が必要になります。

出産後に多くの方が多く利用される「育児休暇」を例に挙げて紹介します。

育休制度は労使協定による入社後1年以上出ないと取得できないという企業が多く存在します。

ですので、結婚や出産の予定がある方はなるべく早く転職をして、イベントに備えることも必要になるのです。

異業種転職のラストチャンス?

20代前半でも述べましたが、20代後半は異業種転職の実質的なラストチャンスと考えても過言ではありません。

30代以降でももちろん不可能ではありませんが、大幅な求人減少などが理由です。

ですので、今の業種や職種とは異なる未経験転職に少しでも興味がある方は、1日でも早く転職活動を開始することが重要です。

もっと早く始めれば、内定獲得できたかも…という後悔だけはしないように注意してください。

未経験(異業種)転職関連の記事をいくつか詳細します。

まとめ

20代女性の転職について、20代前半と後半に分けてそれぞれポイントを紹介しました。

20代は転職市場において、需要も高く非常に大事で貴重な世代です。

文中で何度も述べましたが、この貴重な世代を逃すことがないように、早めの行動をオススメします。

エントリーシートや面接対策等、転職でお困りのことがあれば、コメント欄やお問い合わせ先へご連絡ください。

私の経験談や、指導・助言した成功者の例を基にお手伝いできることはお手伝いさせていただきます。

それでは最後まで読んで頂きありがとうございました。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よければシェアお願いします!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる