女性向けの転職エージェントの選び方【利用未経験でも全く問題なし】

転職エージェントに興味あるけど、選び方がわからないな…

もし選び方にコツがあれば知りたい。

転職エージェントの使いこなしかたもわからない。

転職ってしょっちゅうやるものではないので、正直難しいですよね。

なので、以下のような情報が無料で得られる転職エージェントの利用をオススメしています。

・非公開求人の紹介

・面接練習・書類添削

・年収アップ交渉

確かに魅力的なものばかりだね。

だけど、何を基準に選べばいいのかわからないな。

ですので、この記事では女性目線で自分に合った転職エージェントの選び方を紹介します。

この記事を読んでいただけると、転職エージェントの選び方や使いこなし方の悩みを解決できます。

このような方にオススメの記事です。

・今まさに転職活動中のかた

・今から転職活動を検討しているかた

・まずは転職エージェントについて詳しく知りたいかた

またオススメの転職エージェントを以下の記事で紹介しています。

良い点だけではなく、体験談にもとづいた悪い点や気づきも合わせて記載しているので、転職エージェント選びの際には必ず参考になります。

退職代行オススメ度ポイント公式ホームページ
doda
(5.0 / 5.0)
★ 日本最大級の求人数と求人の質で満足度が高い詳細を見る
マイナビエージェント
(4.0 / 5.0)
★ 女性のキャリアアドバイザー多数在籍詳細を見る
LiBzCAREER
(4.0 / 5.0)
★ 業界唯一のキャリア女性に特化した転職サービス詳細を見る
リクルート
(5.0 / 5.0)
★ 女性転職で最も利用者の多い転職エージェント詳細を見る
パソナキャリア
(5.0 / 5.0)
★ 3年連続オリコン顧客満足度調査No.1詳細を見る
JACリクルートメント
(5.0 / 5.0)
★ オススメしたいハイキャリア転職エージェントNo.1詳細を見る
ビズリーチ
(5.0 / 5.0)
★ ハイクラス特化した会員制転職サイト 詳細を見る
キャリアカーバー
(4.5 / 5.0)
★ リクルートのハイクラス転職求人サービス詳細を見る
第二新卒エージェント neo
(4.5 / 5.0)
★ 正社員での就職・転職を希望する18歳~28歳の方々対象詳細を見る
DYM転職
(3.5 / 5.0)
★ 第二新卒・既卒・ニート・フリーターでもOK詳細を見る
とみぃ

・2010年:リーマンショック就職氷河期に就職

・2013年:第二新卒枠で転職活動も内定獲得ゼロ

・2016年:Uターン+未経験+高年収の転職成功

・自身の転職経験をもとに転職支援活動

・複数人の就職転職を成功に導いた実績あり

転職支援します
目次

女性向けの転職エージェントの選び方3選

転職エージェントって本当にたくさんあるからどれを選んだらいいか迷う。

ここでは女性向けの転職エージェントの選び方を厳選して3つ紹介します。

・女性のエージェントが多く在籍している

・女性向けの絞り込み条件が充実している

・女性の転職ならではのコンテンツが充実している

それぞれ詳しく紹介します。

女性のエージェントが多く在籍している

まずは女性エージェントの在席数です。

「女性の場合は特に悩みを同性の方に相談したい。」と思っている方が多いと思います。

ですので、女性エージェントが多い転職エージェントは安心できます。

確かに女性エージェントは比較的気軽に相談しやすいかも。

だけど、そもそも女性エージェントってそんなにたくさん在籍しているものなの?

転職エージェントによっては、多数在籍している企業もあります。

やはり、女性エージェントの需要は高まっているということです。

出産や育児など男性エージェントが直接経験していない項目も多くあります。

そのような女性特有の悩みや経験を十分理解してくれるのは大きなメリットですよね。

特に出産や育児などが転職の悩みになっている方は、出産経験や育休経験のある女性エージェントを探すのも良いです。

女性向けの絞り込み条件が充実している

転職先の企業を絞り込む際に、いろんな条件を提示すると思います。

その際に女性特有の絞り込みが充実している転職エージェントを活用しましょう。

・出産休暇

・育児休暇

・時短出勤

・女性の管理職の割合

・女性の転勤率

例を5つあげましたが、これらの項目で絞り込みが充実しているとより理想の企業を効率的に探し出すことができます。

転職活動の段階で絞り込みをすることで、入社後の悩みやトラブルも少なくなり、安心して入社できます。

女性の転職ならではのコンテンツが充実している

転職エージェントによっては、女性向けのコンテンツが充実した企業もあります。

「転職活動中や転職後の女性の悩みに少しでも詳しく応えたい。」というのが転職エージェントの意図だと思います。

以下が実際にある(または、過去にあった)コンテンツの内容です。

・女性の転職企業ランキング

・女性の転職Q&A

・女性の人気検索条件テンプレート

・女性向けの特設ページ

・女性のためのピックアップ求人特集

各社工夫をしてコンテンツを充実させています。

多くの転職エージェントや転職サイトでは、男女合わせた総合的なランキングや検索条件などが多いです。

ですが、このように女性専用のサービスがあると、企業探しには非常に便利です。

女性向け転職エージェントを使いこなすコツ5選

女性向けの転職エージェントの選び方のコツは理解できた。

じゃあ、実際に転職エージェントをうまく活用するにはどうしたらいいんだろう?

ここでは女性向けの転職エージェントの使いこなすコツを5つ紹介します。

・女性の転職に強い転職エージェントに登録する

・明確な転職活動期間を伝える

・気になった求人を転職エージェントに早く伝える

・面接後は企業側の評価を教えてもらう

・エージェントが自分に合わないと思ったら変更する

それぞれ詳しく紹介します。

女性の転職に強い転職エージェントに登録する

当たり前ですが、女性の転職に強い転職エージェントを利用することで、理想の転職ができる可能性が高くなります。

女性の転職に強いことを確認する目安ってあるのかな?

以下のような項目を実際に調べたり、確認すると良いです。

・女性転職の実績が豊富である

・女性向けの求人が豊富である

・女性に特化したチームが存在する

女性に特化したチームを持っている転エージェントは強い傾向にあります。

結果的に実績や求人が豊富であることも多いので、目安になります。

じゃあ女性の転職に強い転職エージェントだけに登録すれば良いのね?

私は複数社の転職エージェントに登録することをオススメしています。

理由は以下の通りです。

・より多くの求人を確認することができる

・自分に合ったエージェントを探しやすい

・さまざまな視点(女性向け、高年収向けなど)で転職活動できる

一度の転職活動の際に効率よく活動するためには、以上のようなメリットから複数社の登録をオススメしています。

どんな転職エージェントに登録すればいいの?

オススメの転職エージェントは以下の記事で紹介しておりますので、ご参考ください。

目安として、以下の3つに場合分けして登録すると良いです。

・女性に強い転職エージェント

・求人数が多い大手の転職エージェント

・高年収向けや若手向けなどに特化した転職エージェント

複数社登録し、面談やメールなどでやりとりを進めていく中で、ご自身にあった転職エージェントに絞っていく。というやり方が経験上とても効率が良かったので、参考にしてみてください。

明確な転職活動期間を伝える

転職エージェントととの最初の面談の際に、ある程度の目安の転職活動期間を伝えるようにしましょう。

理由は、目安の期間を伝えることで転職活動への意欲や計画性も伝えることができるからです。

なるほどね。

実際にどのくらいの期間で伝えればいいの?

もちろんご自身の都合もありますが、目安としては3ヶ月以内をオススメしています。

理由は以下の通りです。

・3ヶ月で求人情報が入れ替わることが多い

・長いと意欲がないと判断されて求人をもらえない

・その気になれば3ヶ月で十分

そもそも3ヶ月で期間は足りるの?

全く問題ありません。

私自身、転職エージェントを利用することで1ヶ月で理想の企業に転職できたので。

期間を決めて集中して転職活動することは内定獲得のためにも非常に効率的です。

気になった求人を転職エージェントに早く伝える

気になる求人を早めにエージェントに伝えることは重要です。

理由は、その求人がいつまでもあるとは限らないからです。

当然ですが、他の内定者が出た段階でその求人はなくなってしまいます。

「他の求人も見ながらあとで比較しよう」とは考えずに、すぐに行動するようにしましょう。

また職種や業界によっては、女性求人が男性求人と比較して少ない場合もあるのでより注意が必要です。

面接後は企業側の評価を教えてもらう

企業との面接後に、転職エージェントを通して企業側の評価を聞くことができることが多いです。

面接で落とされたからといってほったらかしにするのはやめましょう。

理由は、そこで得た情報は今後の転職活動で活かすことができるからです。

・良い評価:自信になりますし、より磨きをかけることができる

・悪い評価:今後の転職活動に向けて改善することができる

つまり、どちらの評価にせよとても有益な情報であることに違いはありません。

ですので、面接後は必ず評価を聞くようにクセづけてください。

エージェントが自分に合わないと思ったら変更する

人間同士なので、どうしても合う合わないは発生してしまいます。

それはある意味仕方がないことですし、当然のことなので気にする必要はありません。

ですが、合わないと感じながら面談や相談を続けても、効率が悪くなったり、お互い良い転職活動ができません。

ですので、自分に合わないなと思った際にはエージェントの変更を依頼しましょう。

そんな簡単にエージェントの変更をしてもらえるの?

気にすることなく変更することは可能です。

私自身、エージェントの変更を行いましたし、転職希望者が気を使わなくてもいいよに配慮もしてもらいました。

せっかく転職エージェントを利用するのであれば、お互い良い気持ちで転職活動できるよに自分に合ったエージェントを探すことも重要です。

まとめ

女性向けの転職エージェントの選び方と利用の仕方について紹介しました。

転職活動は情報戦ですし、時間との勝負でもあります。

ですので、いかに早く正確な情報を入手できるかが重要です。

そのために転職エージェントの存在は非常に大きいので、自分に合ったエージェントを探し効率よく転職活動を進めるようにしましょう。

エントリーシートや面接対策等、転職でお困りのことがあれば、コメント欄やお問い合わせ先へご連絡ください。

私の経験談や、指導・助言した成功者の例を基にお手伝いできることはお手伝いさせていただきます。

それでは最後まで読んで頂きありがとうございました。

退職代行オススメ度ポイント公式ホームページ
doda
(5.0 / 5.0)
★ 日本最大級の求人数と求人の質で満足度が高い詳細を見る
マイナビエージェント
(4.0 / 5.0)
★ 女性のキャリアアドバイザー多数在籍詳細を見る
LiBzCAREER
(4.0 / 5.0)
★ 業界唯一のキャリア女性に特化した転職サービス詳細を見る
リクルート
(5.0 / 5.0)
★ 女性転職で最も利用者の多い転職エージェント詳細を見る
パソナキャリア
(5.0 / 5.0)
★ 3年連続オリコン顧客満足度調査No.1詳細を見る
JACリクルートメント
(5.0 / 5.0)
★ オススメしたいハイキャリア転職エージェントNo.1詳細を見る
ビズリーチ
(5.0 / 5.0)
★ ハイクラス特化した会員制転職サイト 詳細を見る
キャリアカーバー
(4.5 / 5.0)
★ リクルートのハイクラス転職求人サービス詳細を見る
第二新卒エージェント neo
(4.5 / 5.0)
★ 正社員での就職・転職を希望する18歳~28歳の方々対象詳細を見る
DYM転職
(3.5 / 5.0)
★ 第二新卒・既卒・ニート・フリーターでもOK詳細を見る

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よければシェアお願いします!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる