転職回数は内定獲得に影響する?【影響するので注意は必要】

  • URLをコピーしました!

転職回数は内定獲得に影響するの?

転職回数が多い人の中でもどんな人が内定獲得しているの?

転職を複数回された人なら気になるポイントかと思います。

また今後のキャリアプラン構築のために、複数回転職を検討している方もいると思います。

そこでこの記事では、転職回数にまつわる内容を紹介します。

私自身、3度の転職活動経験があり、30名以上の転職エージェントと面談し、転職にまつわるいろいろな情報を実際に聞いた経験があります。

今回の記事には実際に転職エージェントに聞いた情報をもとに記載しておりますので、信頼できる情報です。

この記事でわかること

・転職回数と採用の実態

・転職回数と採用の実態

・転職回数が多い人が内定獲得するポイント

日本も今後欧米のような大転職時代が来ると言われています。

そのような時代がきた時にも非常に役に立つ情報です。

転職回数が単純に良い悪いだけではなく、自分自身がそのような立場に立った際に何をすべきなのか?を意識することが重要です。

目次

転職回数の影響に関する疑問と回答5選

転職回数にまつわる疑問を厳選して5つ紹介します。

意外に知られていないものばかりなので、今後の転職活動の参考にしてください。

・転職回数は何回から企業に多いと思われる?

・転職が多い人の企業からのイメージは?

・転職回数が多いと採用に悪影響?

・短期間での転職は悪影響?

・転職回数が多くても欲しいと思われる人材とは?

それぞれ詳しく紹介します。

転職回数は何回から企業に多いと思われる?

明確な決まりがあるわけではありませんし、企業ごとに考え方が異なる。が回答になります。

ですが、年齢別に言われる情報では、以下の通りです。

・20代:3回以上

・30代以上:5回以上

この数字を見てみなさんはどう感じましたでしょうか?

私は初めて聞いた時、「意外に多いな」という感想でした。

もちろん「2回目から多いとか」「何回でもOK」といった会社があることも事実です。

また年齢別に紹介しましたが、業界や職種によっても考え方は違います。

例えばシステムエンジニアなどは、いろいろな企業で業務を積むことでスキルが高まりますので、転職回数が多い事はマイナスイメージとして働かない場合もあります。

さらに女性に関しては、結婚や出産等で労働環境から退出したブランク期間が重要とも言われます。

このように「〇回以上は絶対にダメ」といった明確な基準はなく、その人それぞれの状況において基準が変わってくるというのが現状です。

一方で転職回数をフィルターにかけている企業がいることも事実です。

とはいえ、転職回数に関しては変えることはできませんので、あまり深く考えず転職活動に集中することが重要です。

転職が多い人の企業からのイメージは?

企業側は転職回数が多い人をどう思っているのか?は気になりますよね。

これも先程の転職回数同様にその人の状況により変化します。

一般的には以下のような印象を持たれる場合が多いです。

・長続きしない人

・この会社もすぐに辞めてしまうかもしれない

・業務へのスキルや経験が未熟

基本的にはあまり良いイメージは持たれない。と思っていた方が良いです。

採用する側の立場になって考えれば、なんとなくわかりますよね。

5年間で5回転職した人と、5年間で転職1回の人ならば、転職1回の人の方が将来的に長く働いてくれそうですよね。

また、企業は人材を確保するのに多くの時間とお金を必要します。

多くの時間とお金をかけて人材確保をするので、すぐに辞めてしまう可能性が高いような人は採用を控えます。

ですので、結果的に転職回数に関しては、悪いイメージを持たれがちです。

転職回数が多いと採用に悪影響?

これは先程転職回数のところでも少し触れた内容です。

結論は、転職回数は採用に影響する場合もあるし、影響しない場合もあるということです。

基本的には転職回数が多いと、「またすぐに辞めそう」と思われることが多く、あまり良い印象を持たれないことが多いです。

ですが、多彩な経験を求められるような職種の場合は、転職回数が優遇される場合もあるのです。

「転職回数多い=悪影響」と決めつけるのではなく、状況に応じた判断が大事です。

もしも自分の職種や業種に転職回数が転職に影響するかどうかを知りたければ転職エージェントの活用が有効です。

転職エージェントでは以下のようなサービスを無料で受けることができるためです。

・転職回数に関する相談と求人紹介

・非公開求人紹介

・年収アップ交渉

私自身、3回の転職活動経験を活かして状況別に転職エージェントのオススメを以下の記事で紹介しております。

ご自身の状況に応じてご参考ください。

高年収狙いや一般転職向けの転職エージェントを以下の記事で紹介しております。

女性向けにオススメの転職エージェントを以下の記事で紹介しております。

第二新卒や若手向け位にオススメの転職エージェントを以下の記事で紹介しております。

多数の転職エージェントの中から良い点だけではなく、悪い点や体験談も踏まえた評価をしていますので、転職エージェント選びの際には必ず参考になる内容です。

転職エージェントには当たり外れがあるのも事実です。

ですので、無料ですので複数社登録し、徐々に自分に合ったエージェントに絞っていくというのが、効率的なのでおすすめの手法です。

複数社の転職エージェントに登録して問題ないの?

全く問題ありません。

実際に私自身も5社に登録して、最終的に1社に絞った経験があり、その際にも全く問題ありませんでした。

一人で悩まず、退職や転職のプロに任せるのも大事ですよ。

短期間での転職は悪影響?

これは残念ながら回数以上に悪影響を及ぼす可能性が高いです。

企業としては、以下のようなことを思うからです。

・嫌なことがあったらすぐ辞めてしまうのではないか?

・企業研究をちゃんと行わなかったので辞めてしまったのではないか?

・人間トラブルをおこすのではないか?

このようなマイナスイメージが先行してしまいます。

ですが、家族関係やハラスメントなど、前職時代で理由があるのであれば問題ありません。

もしも面接で短期間での転職理由について聞かれた際には、正直に答えることが重要です。

転職回数が多くても欲しいと思われる人材とは?

これまで転職位回数が多いとあまりよいイメージを持たれないという話をしました。

でも、実際には転職回数が多くても内定獲得を達成している人はたくさんいます。

そのような人の特徴は以下の通りです。

・複数の転職活動で得たスキルや経験やスキルをアピールできる

・将来的な自身のキャリアプランを具体的に語れる

・コミュニケーション能力が高い

・円滑な人間関係が築ける

・どんな環境でも適用能力が高い

以上にあげたような人は転職回数に関わらず、企業からの評価は高くなります。

個人的には「キャリアプランが語れる」人は需要が高いと思います。

理由はキャリアプランに基づいて、自分の行動を決定できるのは非常にポイントが高いです。

また、その計画性と行動力はどの企業においても活躍の場が必ずあるからです。

転職回数の多さや期間に関わらず、企業からのニーズが高い人は普段から努力をしている人が多い印象です。

まとめ

転職回数に関して紹介しました。

転職回数が多いと、基本的には企業からはあまり良い印象は持たれません。

ですが、「自身のキャリアプラン」や「転職の軸」をブレずに持っているような人は、どんな状況下でも内定を獲得している方が多いです。

「転職回数が多いから転職できない…」と最初から諦めてしまうのではなく、今何ができるか?を考えながら転職活動することが重要です。

転職回数に迷いがあるのであれば、転職エージェントなどのプロに相談することをおすすめします。

転職エージェントは非公開求人など通常では見つけることができないような企業も紹介していただけるので、転職活動において利用しないという手はないと思っています。

エントリーシートや面接対策等、転職でお困りのことがあれば、コメント欄やお問い合わせ先へご連絡ください。

私の経験談や、指導・助言した成功者の例を基にお手伝いできることはお手伝いさせていただきます。

それでは最後まで読んで頂きありがとうございました。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よければシェアお願いします!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる