【必見】第二新卒転職とは?【詳細まで徹底的に解説します】

第二新卒転職ってなに?

第二新卒ってメリット需要あるの?

第二新卒の注意点とかあれば知りたい。

第二新卒転職が気になる方は多いはずです。

企業からの需要も高く、オススメの転職方法です。

今の時代、新入社員でも転職を考えているのです。

また今後は終身雇用崩壊、リモートワークの普及などの影響で、転職市場が活発化されることが予想されます。

第二新卒は若さが売りですので、対象期間も短いため、早めの行動が求められます。

がむしゃらに急ぐのではなく、ポイントを抑えて効率よく転職活動を進めましょう。

この記事では、第二新卒とか?から第二新卒での転職活動の進め方まで解説します。

この記事を転職活動のマニュアルにしてもらえると良いかと思います。

とみぃ

・2010年:リーマンショック就職氷河期に就職

・2013年:第二新卒枠で転職活動も内定獲得ゼロ

・2016年:Uターン+未経験+高年収の転職成功

・自身の転職経験をもとに転職支援活動

・複数人の就職転職を成功に導いた実績あり

転職支援します
目次

第二新卒転職とは?

第二新卒転職とは?

「新卒で就職した後、入社3年以内に転職活動をする人」を指します。

ですが、実際は明確な定義はありません。

第二新卒の転職希望者側のメリットとは?

第二新卒は控えめに言ってメリットだらけです。

・求人が豊富になる

・即戦力ではないのでハードルが低い

・異業種、異職種転職の十分可能

・転職後もキャリアアップが見込める

・将来のキャリアアップ転職のためのステップに組み込める

詳細は以下の記事で紹介しておりますので、ご参考ください。

第二新卒の転職希望者側のデメリットとは?

もちろんいいことだけではありませんよ。

デメリットも十分に認識しておきましょう。

・早期退職の職歴が残る

・即戦力を欲しがる企業への入社は難しい

・キャリアアップが遅れる

・年収が下がる

・新卒採用にこだわる企業への入社は難しい

詳細は以下の記事で紹介しておりますので、ご参考ください。

第二新卒の企業側のメリットとは?

企業側にも豊富なメリットがあるので、第二新卒は需要が高いのです。

・コストをおさえることができる

・新卒採用失敗時の人員不足を解消できる

・入社時期を自由に選択しやすい

・転職者と企業間でのミスマッチが少ない

・コア人材として育成が十分可能である

詳細は以下の記事で紹介しておりますので、ご参考ください。

第二新卒の企業側のデメリットとは?

企業もリスクを負って、内定者を出しています。

デメリットを補えるような工夫が必要です。

・離職されるリスクがある

・即戦力にはならない

・転職前企業と比較される

・社内に馴染んでもらえない

・柔軟な受け入れ体勢が必要になる

詳細は以下の記事で紹介しておりますので、ご参考ください。

第二新は未経験でも問題ない?

むしろ第二新卒なら未経験職から内定獲得できる大チャンスです。

なので、積極的に挑戦しましょう。

・経験やスキルを問われないことが多い

・低コストで優秀な人材確保できる

・転職市場の活況

詳細は以下の記事で紹介しておりますので、ご参考ください。

内定獲得のためのポイントも合わせて紹介しています。

第二新卒は年収が下がる?

状況によっては下がってしまうかもしれません。

ですが、年収を上げる方法もあることを認識しておきましょう。

・直接企業に交渉する

・現職で経験やスキルを積んだ後に転職する

・給与水準の高い職種や業界に転職する

・成長している企業へ転職する

・経験者採用で転職する

詳細は以下の記事で紹介しておりますので、ご参考ください。

第二新卒で大手企業に入社することは可能?

不可能ではないですが、難しいです。

ですが、内定核の可能性を高める方法は存在するので紹介します。

・第二新卒枠で応募する

・転職エージェントを活用する

・志望動機やキャリアプランを明確にする

詳細は以下の記事で紹介しておりますので、ご参考ください。

第二新卒で大手企業に入社するメリットとデメリットは?

大手企業に対して、良い印象ばかりお持ちの方も多いはずです。

デメリットもありますので、十分理解した上で転職活動に臨みましょう。

・年収が比較的高く安定している

・大きな業務を経験できることが多い

・社会的信用が高い

・一生安泰が確定するわけではない

・裁量が小さくなる

・会社の歯車の1つになる

詳細は以下の記事で紹介しておりますので、ご参考ください。

第二新卒で外資系企業に入社することは可能?

十分可能です。

ポイントを抑えて、転職活動を行いましょう。

・高い英語力を持っていりこと

・積極的な主張や自己主張ができること

・外資系企業に強い転職エージェントを活用すること

・高い競争力の中で仕事ができること

・論理的に物事を考えられること

詳細は以下の記事で紹介しておりますので、ご参考ください。

第二新卒で外資系企業に入社する際の注意点は?

外資系企業は成果主義の企業が多いです。

要も悪くも結果が全ての世界なんです。

・完全実力主義の企業が多い

・「外資系企業=高待遇」ではない

・企業研究では細かい調査が必要

詳細は以下の記事で紹介しておりますので、ご参考ください。

第二新卒転職の始め方

第二新卒の始め方

基本的には一般的な転職活動と流れは一緒です。

企業への応募の際に、「第二新卒」枠で応募するようにしましょう。

第二新卒の恩恵を受けるためです。

STEP
準備

・転職の軸は何か?

・転職で何を達成したのか?

・今後のキャリアはどう積み上げるのか?

STEP
求人確認

・転職エージェントの活用

・求人サイトの活用

・希望のホームページを確認

STEP
応募

・転職エージェント慶友で応募する

・直接企業へ応募する

※第二新卒枠がある企業の場合は、第二新卒枠で応募しましょう!

STEP
書類審査、面接

・企業の要求項目などを十分考慮する

・準備段階で決めた転職の軸をベースに対応する

※不明点や自信のない箇所は転職エージェントに相談しましょう!

STEP
内定

・入社時期の確認

・勤務形態の確認

・事前必要項目の確認

第二新卒は失敗が多い?

第二新卒は需要が高いですが、内定が確実に獲得できるわけではありません。

第二新卒で失敗するパターンを紹介します。

・退職理由を全て他人のせいにしている

・自身のキャリアプランをもっていない

・大手企業など難易度の高い企業ばかりを受ける

・退職してから転職活動を開始する

・なんとなく転職活動を開始してしまう

詳細は以下の記事で紹介しておりますので、ご参考ください。

第二新卒に学歴は必要?

学歴が全てではないですが、重要であることであることに違いはありません。

少なくはなってきていますが、以下のような理由で大手企業では学歴フィルターを設けている企業もあります。

・応募者が多く、採用側の負担が大きいから

・判断材料として活用しやすいから

・「勉強ができる=仕事ができる」という期待が持てるから

詳細は以下の記事で紹介しておりますので、ご参考ください。

第二新卒は誰に相談するのが良い?

結論は転職エージェントです。

なぜなら転職に関する知識や情報が圧倒的に豊富なためです。

とはいえ、デメリットも存在するので十分い理解しておきましょう。

デメリットを考慮しても、やはりメリットが大きいです。

詳細は以下の記事で紹介しておりますので、ご参考ください。

第二新卒にオススメの転職エージェントは?

複数ある転職エージェントから厳選して7つ紹介しています。

複数者に登録して、自分にあった転職エージェントを見つけるのがオススメです。

詳細は以下の記事で紹介しておりますので、ご参考ください。

第二新卒で良い志望動機とは?

自分のことを自分言葉で伝えることができるようにしましょう。

・業界、企業、仕事内容に対する志望動機がそれぞれ明確であること

・自分の言葉で志望動機を表現できていること

・企業定着の確信がもてる内容であること

詳細は以下の記事で紹介しておりますので、ご参考ください。

第二新卒で悪い志望動機とは?

気付かぬうちに以下のようなことを伝えている人も少なくないはずです。

・志望動機に具体性がない

・成長に対して環境を求めている

・年収などの待遇中心の志望動機になっている

・オリジナリティがない志望動機になっている

・前職の不平不満ばかりの志望動機になっている

・何に対してもネガティブ思考である

・前職の退職理由を自己分析できていない

詳細は以下の記事で紹介しておりますので、ご参考ください。

まとめ

第二新卒とは?について紹介しました。

冒頭でも説明しました第二新卒は期間が短いです。

ですので、迷うくらいなら行動に移してみませんか?

転職エージェントに登録して、相談するだけでも何もしないよりは大きな一歩です。

みなさんの転職活動が充実したものになるように応援しています!

エントリーシートや面接対策等、転職でお困りのことがあれば、コメント欄やお問い合わせ先へご連絡ください。

私の経験談や、指導・助言した成功者の例を基にお手伝いできることはお手伝いさせていただきます。

それでは最後まで読んで頂きありがとうございました。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よければシェアお願いします!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる