Uターン転職の志望動機や転職理由に失敗しないための3つの注意点

Uターン転職を考えているけど、志望動機や転職理由の書き方がわからない。

正直、現状地元に帰りたいという理由しか思い浮かばない。

Uターン転職で失敗しない書き方を知りたい。

Uターン転職をお考えの方の中には、このようなお悩みや不安をお持ちの方も多いのではないでしょうか?

私自身、Uターン転職を経験しましたが、地元で働きたい以外の理由をあまり明確にできていませんでした。

転職の指志望動機や理由に失敗すると、企業側に悪い印象を持たれてしまい、内定獲得に多くな影響が出てしまいます。

つまり、「悪い印象のポイント」と「良い印象のポイント」をしっかりと抑えることが重要なのです。

この記事では、Uターン転職の志望動機記載に失敗しない注意点やコツについて紹介します。

この記事を読んでいただければ、Uターン転職の悩みや不安が解決します。

また、リモートワークや在宅勤務の急激な普及により、働く場所を選ぶ必要がなくなってきています。

それに伴い、Uターン転職を希望する人も今後どんどん増えてくることが予想されます。

ライバルが増えてよい求人が少なくなってしまう前に、早めに行動することも今後重要になると思います。

何から始めたらいいかわからない…

そんな方はまず転職エージェントに登録することをオススメしています。

転職エージェントは無料で利用でき、転職のプロに気軽に相談することができます。

もちろんUターン転職にも対応しておりますので、必ず有益な情報を得ることができます。

一般転職や高年収狙いにオススメの転職エージェントは以下の記事で紹介しています。

新入社員や第二新卒などの若手向けにオススメの転職エージェントは以下の記事で紹介しています。

こんな方にオススメ

・Uターン転職の志望動機の書き方がわからない方

・企業が何を求めているのかわからない方

・地元に帰りたいという志望理由くらいしかない方

リモートワーカのための求人メディア「テレラボ」を紹介します。

以下のような特徴のあるサイトですので、ぜひご活用ください。

・高単価なIT企業の求人

・リモートワーク可能な求人のみを掲載

・リモートワークに関する詳細なで検索が可能

とみぃ

・2010年:リーマンショック就職氷河期に就職

・2013年:第二新卒枠で転職活動も内定獲得ゼロ

・2016年:Uターン+未経験+高年収の転職成功

・自身の転職経験をもとに転職支援活動

・複数人の就職転職を成功に導いた実績あり

転職支援します
目次

Uターン転職の志望動機や転職理由に失敗しないための3つの注意点

ここでは志望動機や転職理由に失敗しないための注意点を厳選して3つ紹介します。

・プライベートな理由ばかり述べない

・嘘や偽りを書かない

・地元に帰りたくなったという理由を前面に出さない

プライベートな理由ばかり述べない

面接官はあなたのプライベートではなく、企業貢献を知りたいからです。

実際にプライベートな理由ってどんなこと?

・地方生活の方が楽そう、楽しそう

・両親に帰省するように言われた

・都会生活に疲れたので地方移住を検討した

いかがでしょうか?

すべて書きがちな内容ではないでしょうか?

これらのことを伝えること自体は問題ないのです。

ですが、プライベートばかりを前面に押し出すと、志望動機としてかなり弱くなります。

あくまで、あなたはプライベート目的ではなく、転職目的で企業を受けていることを忘れないでください。

嘘や偽りを書かない

嘘や偽りは、結局いつかバレる時が来るからです。

これはUターン転職に限ったことではないですが、注意が必要です。

自分を少しでも良く見せようと、嘘を記載してしまうと、後々辛い思いをするのは自分自身です。

嘘がバレて失われた信頼関係を取り戻すのは非常に難しいです。

志望動機にも真実のみを記載し、余計な不安を持つことなく転職活動を進めましょう。

地元に帰りたくなったという理由を前面に出さない

この人はただ地元に戻りたいだけなのかな?と思われるためです。

採用企業側もUターン転職者が地元が良くて、地元で仕事を探しにきていることはある程度理解しています。

記載するにしても、地元に帰省することで企業側にどのようなメリットがあるのかを明確にしましょう。

このあと説明いたします企業側のポイントをあげるコツを参考にしてください。

志望動機や転職理由で企業側のポイントをあげる記載の5つのコツ

・自分のスキルや経験を地元企業で活かしたいことを記載

・地元企業で永く働きたいことを記載

・キャリアプランに合致していることを記載

・地域活性化に貢献したいことを記載

・企業側にメリットとなるポイントを記載

自分のスキルや経験を地元企業で活かしたいことを記載

企業側が転職希望者からもっとも知りたい情報だからです。

注意点でも述べたようなプライベートな話には、企業側はあまり興味がありません。

転職希望者がどんなスキルを持っていて、貢献してくれるのか?を知りたいのです。

企業側も多くのお金と時間をかけて、中途採用を行っております。

そのお金と時間にみあった優れた人材を探しに行っていることを忘れないでください。

例文を紹介します。

私は〇〇というIT企業に勤めて、プログラミングのスキルを身につけました。

実務経験も豊富で、30社以上のコンサルタントの経験もございます。

このスキルと経験は、御社内でいま立ち上げようとされている〇〇というサービスに貢献できます。

でも、スキルや経験がないんだよね…

そのような方はスキルを身につけてから転職活動することをオススメしています。

理由はスキルのありなしでは、転職成功率に大きな差が生まれるからです。

オススメのスキルと習得方法に関しては、以下の記事で詳しく記載しております。

地元企業で永く働きたいことを記載

永く働く意思を伝えることで、企業側が採用後の離職懸念を低減できるからです。

企業側は、転職者がまたいつか他の会社に行ってしまうのでは?と疑っています。

なので、地元だからこそ一生涯働き続けたいという意思をアピールしてください。

一生働き続ける自信がある理由として、プライベートな話を盛り込むとより良いかと思います。

例を紹介します。

私は大学卒業後、〇〇という企業でマーケティングとして3年間勤務しました。

現在の職場に不安等はないものの、両親の介護など将来的なことを考えると今のうちに地元へ帰省したいと考えるようになりました。

御社で働くことができれば、現在の職場経験も十分活かせますし、両親も近くなり安心して一生涯働き続ける自信があります。

このような書き方をすれば、プライベートの話でも志望動機に記載することができます。

キャリアプランに合致していることを記載

キャリアプランを提示することで、仕事に対する前向きな姿勢が見えるためです。

Uターン転職の場合は、たまたま地元に企業があったから受けたと思われがちです。

それに対するアピールとして、キャリアプランの意思表示は非常に有効です。

例文を紹介します。

私は東京の◯◯という小さな会社で、◯◯という部品を5年間製造してきました。

小さな企業であったため、製造装置も技術力も大手企業には到底届かないものでした。

その経験を地元企業の中でも業界屈指の技術力を誇る御社で自分のスキルや能力を試したいと思っています。

自分の持っているスキルと、貢献先を明確にできれば、企業側も好印象をもってくれます。

地域活性化に貢献したいことを記載

都会ではできない、地域活性化というワードが好印象だからです。

都会にはあって、地元の地方にはないようなことに対して、アプローチしていくのは手法の1つです。

さらに転職希望先の企業を通じて、地域貢献ができることがあれば、ぜひアピールしましょう。

例文を紹介します。

御社が社会貢献として定期的に行われている河川清掃が企業として非常によい取り組みだと感じました。

私自身も、積極的に参加し、企業活動を通じて、地元活性化に貢献したいと思っております。

製品や業務内容に興味があるから働きたいことを記載

製品や業務内容を理解し、この会社で働きたいと言う意思のアピールになるからです。

地元ならどこの企業でもいいわけではなく、製品や業務内容といった明確な理由必要す。

ですが、中途半端な情報や知ったかぶりな情報では、逆に悪印象を与えてしまいますので、注意が必要です。

・テレビCMで見た情報

・企業のホームページのトップ記事の内容

・人から聞いた情報

このような誰でも知っているような薄っぺらい情報ばかり出すのは控えた方が良いかもしれません。

じゃあどこで情報入手すればいいの?

・新聞

・業界雑誌

・情報信頼度の高い有料ネット記事

これらには普段生活しているだけでは知り得ないような有益な情報が多く含まれます。

え〜調べるの面倒くさい…

手間ではありますが、アピールポイントとして利用するのであれば、多少の手間も必要になります。

例文を紹介します。

〇〇年〇〇月の新聞で拝見しました御社の新製品である〇〇に非常に興味を持っております。

業界雑誌の〇〇という記事でも拝見したのですが、〇〇という技術が大変優れていると感じました。

ぜひ御社に入社し、〇〇という商品の営業に携わり、より多くのお客様へこの素晴らしい技術の詰まった〇〇を届けたいという気持ちが高まりました。

・情報元がどこなのか?

・何に興味を持ったのか?

・それをどうしたいのか?

これらアピールすることが重要なポイントになります。

企業側にメリットとなるポイントを記載

企業側はこの人を採用したら何のメリットがあるんだろうという視点で転職希望者を見ているからです。

誰でもできる仕事の穴埋めであれば、あまり注視されるポイントではありません。

ですが、新規プロジェクト用の重要ポジションなどの採用であれば、間違いなく注視されます。

中途採用者に求められるのは、新卒採用者とは違い即戦力です。

その即戦力で働けるかどうか、どういうパフォーマンスをしてくれるかを企業側は見ています。

例文を紹介します。

私は〇〇と言う会社で、〇〇というサービスをもちいたコンサルタントで都心中心に営業してきました。

紹介した企業数で言うと100社をはるかに超えており、本当にいろんな会社を担当してきました。

これらの知識と経験を元に、御社に新たな目線で企業分析し、企業成長に貢献できると思っております。

まとめ

以上、Uターン転職の志望動機に失敗しないポイントについて紹介しました。

多くの方が地元に帰りたいと言うのが、Uターン転職の志望理由にあると思います。

ですが、企業へのアピールポイントとしては、プライベートだけではなく、企業への貢献ポイントを伝えましょう。

即戦力として、どんなスキルでどんなパフォーマンスをしてくれるかを企業は期待しています。

エントリーシートや面接対策等、転職でお困りのことがあれば、コメント欄やお問い合わせ先へご連絡ください。

私の経験談や、指導・助言した成功者の例を基にお手伝いできることはお手伝いさせていただきます。

それでは最後まで読んで頂きありがとうございました。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よければシェアお願いします!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる