第二新卒の現実は実は厳しい?【厳しさの原因と対策を公開】

  • URLをコピーしました!

第二新卒の現実って厳しいの?

厳しさに対する対策はあるの?

第二新卒の転職には厳しさもあります。ですが、それに対する対策も十分あります。

この記事では、第二新卒が厳しいと言われる理由とその対策について詳しく紹介します。

この記事でわかること

・第二新卒の転職が厳しいと言われる理由

・第二新卒の厳しさを乗り越える対策

・乗り越えるために必要な有益な転職エージェント情報

そもそもですが、第二新卒ではない通常の転職でも厳しさは存在します

ですので、あまり厳しさについて深く考える必要はないですが、第二新卒特有の厳しさがあるのも事実です。

この記事を読んでいただき、第二新卒の厳しさを事前に知っておくことで今後の転職活動に必ず役に立ちますので、ぜひ最後までご覧ください。

この記事は実際に第二新卒の転職活動中に感じた項目や現在第二新卒転職活動中の方から確認した内容です。

私自身、3度の転職活動経験があり、30名以上の転職エージェントと面談し、転職にまつわるいろいろな情報を実際に聞いた経験があります。

とみぃ

・2010年:就職氷河期にブラック企業へ就職

・2013年:第二新卒枠の転職活動で内定獲得ゼロ

・2016年:Uターン+未経験+高年収の転職成功

・2022年:30名以上のエージェントと面談経験

・現在は自身の転職経験をもとに転職支援活動

・複数人の就職転職を成功に導いた実績あり

転職支援します
目次

第二新卒の現実が厳しいと言われる理由5選

まず最初に第二新卒が厳しいと言われる理由を5つ厳選して紹介します。

意外に気づかない厳しさもあると思いますので、しっかりと確認してください。

・早期退職した事実がある

・社会人経験が浅い

・新卒就職活動と同じという考え

・転職活動の孤独感

・退職理由や転職理由が不明確

それぞれ詳しく紹介します。

早期退職した事実がある

まず一般的に言われるのが、早期退職の事実です。

第二新卒は20代前半から中盤のことを指しますので、若くして退職をした。という事実があります。

その早期退職から以下のようなイメージを企業側から持たれることが多いです。

・根性がない人

・計画性がない人

・またすぐに辞めてしまう人

自分自身が企業側であっても早期退職者にはこのような印象を持つはずです。

しかし、この事実や印象はそう簡単に帰ることができません。

ですので、しっかりと対策をねって転職活動に望むことが必要です。

社会人経験が浅い

第二新卒は数年しか社会人経験がない状態で退職しているので、非常に経験が浅いです。

ですので、前職では多くのことを学んでいないという印象を持たれることが多いです。

第二新卒はポテンシャル採用と言われることが多く、若さを売りにしているケースが多いです。

つまり、社会人経験はなくて当たり前という考えを持っている企業が多いのであまり気にする必要はありません。

ですが、周囲のライバルに差をつけたいと思うのであれば、短い社会人経験の中でも自分自身できるようになったことや得意なことを存分にアピールすることが重要です。

新卒就職活動と同じという考え

これもよく聞く話ですし、私自身そう思っていました。

はっきりいって転職活動と就職活動はまったくの別物と考えた方が良いです。

転職活動には就職活動とは異なるコツやポイントが多く存在するから。

このことを知らずに、「就職活動で多くの内定をもらったから転職活動も楽勝」と考えている方が本当に多いです。

結果的に何度も不採用をもらい挫折するというケースが多いんです。

私自身、第二新卒の転職活動では楽勝と思っていましたが、内定が一つも出ることなく挫折した一人です。

例えば書類通過率は約30%と言われており、決して楽な道ではないことはわかると思います。

また多くの人数を一気に募集する就職活動とは異なり、転職活動はピンポイントで欲しい人材だけを募集しているので、非常に母数が少ないことも大きな特徴です。

ですので、転職活動には転職活動のための対策が必要になるのです。

転職活動の孤独感

転職活動は本当に孤独との戦いです。

会社同僚にも相談できないし、転職経験の少ない友人知人にも相談できないために、結局一人で孤独に行う人が多いためです。

就職活動の際は、同じサークルのメンバーや同じ研究室のメンバーなどと情報を交換し合いみんなで就職活動をおこなっていたと思います。

ですが、転職活動は始める時期も違いますし、冒頭のように相談する相手もいません。

ですので、転職活動中に心が折れてしまい、フリーターの道を選択する。という方も少なくないのです。

なので、第二新卒の転職活動は特に孤独との戦いであるということをしっかりと事前に認識しておく必要があります。

退職理由や転職理由が不明確

第二新卒で多いのが、退職理由や転職理由が不明確であるために企業側から良い印象を持たれないということです。

面接の際に前職の不満や、上司の不満ばかりを述べてしまい、結果的に企業側には何も伝わらず不採用となるケースが多いのです。

相手の不満ばかりを述べてしまうと、前職の退職に対して自分の責任の気持ちがない人と思われるため、非常に評価が低くなります。

次のパートで対策は述べますが、退職理由や転職理由は事前にしっかりと考えておくことが内定への最低条件です。

第二新卒の厳しい現実を乗り越える対策5選

ここでは第二新卒の厳しさに対する対策を厳選して5つ紹介します。

簡単にいうと、事前準備を怠らないことがとにかく重要ということです。

紹介する5つはどれも非常に重要なことばかりなので、ぜひ参考にしてください。

・志望動機を明確にする

・自己分析を正確に行う

・第二新卒に強い転職エージェントに相談

・企業分析を怠らない

・行動する

それぞれ詳しく紹介します。

志望動機を明確にする

なんといってもまずは志望動機です。

厳しくなる項目でも紹介しましたが、第二新卒は早期退職の悪いイメージを企業側に持たれます。

ですので、以下のように志望動機を事前にしっかりと明確にする必要があるのです。

・明確な志望動機

・ポジティブな退職理由があること

・退職理由と繋がっていること

・転職希望先でしかできない理由があること

・将来のキャリアプランにつながっていること

逆に言うとこれらのことをしっかり明確にすることで、ライバルに差をつけることができます

つまり、内定率が大幅にアップすると言うことです。

自己分析を正確に行う

みなさんは自分についてどれだけ深く相手に伝えることができますか?

自分自身の転職活動なのに、自分自身のことをうまく表現できない人が多いんです。

ですので、以下のような自己分析内容を事前に確認し、自分自身の言葉で表現できるよにトレーニングする必要があります。

・自己PR(強み、弱みなど)

・明確な自己分析(得意なこと、経験スキルなど)

・転職目的

・キャリアプラン

・自分を採用するメリット

自己分析と志望動機をしっかり相手に伝えることができると、中途半端な転職活動ではなく、本気で転職活動に取り組んでいるという姿勢が見られ相手に好印象を持たれます。

第二新卒に強い転職エージェントに相談

志望動機も自己分析もわかってはいるけど、一人でやるというのは正直難しい。

とはいえ、転職活動は孤独との戦いって言ってたしやはり一人で頑張るしかないのかな?

そんな方におすすめしているのが、転職エージェントです。

転職エージェントは以下のようなサービスを無料で提供してくれます。

・優良な非公開求人の紹介

・志望動機や自己分できのアドバイス

・書類作成のサポート

・面接練習のサポート

・年収アップ交渉

このように一人だけでは十分満足に行えないようなことまで、しっかりとサポートしてくれます。

また、第二新卒に特化した転職エージェントも存在しています。

ですので、第二新卒ならではの悩みや難しさを理解した上て、プロによるサポートを受けることができるのです。

私自信、多くの情報や自身の経験を元におすすめの転職エージェントを以下の記事でまとめております。

ここで紹介している転職エージェントはどれもオススメできるエージェントばかりですので、ぜひご参考ください。

企業分析を怠らない

意外と怠りがちなのが、企業分析や業界分析です。

「なんとなく聞いたことある企業だから、いい会社なのでは?」といった感じで企業選びしていませんか?

このようなイメージだけで企業を選んでしまうと、書類作成や面接の時に質問に適切に答えることができません。

また仮に内定をもらっても、以下のような理由で再度退職せざるを得なくなります。

・実は自分に合っていなかったい

・自分が求めていた業界ではなかった。

・条件面がそもそも自分に合っていなかった

ですので、転職活動と自分自身のキャリアのためにも企業分析や業界分析を怠ってはいけません。

企業分析や業界分析のやり方がわからない方は転職エージェントに相談することで解決すると思います。

行動する

最後に精神論のようで申し訳ないのですが、私自身最も大事なことであると思っています。

今までいろんな対策について紹介しましたが、何事も行動しなことには始まりません

「転職したい」「自分を変えたい」と思って一生懸命行動している人に勝つことはできません。

転職したいと感じて情報を得るものの、実際に転職活動として行動に出る人は10%程度と言われています。

ですので、厳しいと言われながらもがっむしゃらに行動している人は内定を獲得しています。

やるかやらないかは最終的にはあなた次第なのです。

まとめ

この記事では第二新卒の転職の厳しさとその対策について紹介しました。

第二新卒は社会人経験が少なく、情報も少ないまま転職活動をする必要があるので正直厳しいことが多いです。

ですが、今回紹介したような対策をしっかり行い、ライバルよりも早く行動することで内定は獲得できます。

わからないことがあれば転職エージェントに聞くことでおおむね解決可能です。

不安ばかり抱えているとなかなか前へは進めませんので、失敗を恐れずに勇気を出して最初の一歩を踏み出してみませんか?

エントリーシートや面接対策等、転職でお困りのことがあれば、コメント欄やお問い合わせ先へご連絡ください。

私の経験談や、指導・助言した成功者の例を基にお手伝いできることはお手伝いさせていただきます。

それでは最後まで読んで頂きありがとうございました。

転職エージェントオススメ度ポイント公式ホームページ
JAIC
(5.0 / 5.0)
★ フリーター・未経験等からの転職成功率81.1%詳細を見る
第二新卒エージェント neo
(4.5 / 5.0)
★ 10代・20代のえらぶ就職転職満足度No.1詳細を見る
UZUZ
(4.0 / 5.0)
★ 20代第二新卒専門エージェント詳細を見る
リクルートエージェント
(3.5 / 5.0)
★ 求人数、転職支援実績、顧客満足度No.1詳細を見る
マイナビエージェント
(3.5 / 5.0)
★ 20代に圧倒的に支持されるエージェントNo.1詳細を見る

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よければシェアお願いします!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次