第二新卒の転職エージェントおすすめ人気ランキング3選 【2024年2月最新】

  • URLをコピーしました!
※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

第二新卒のおすすめの転職エージェント知りたい。

転職エージェントは種類が多すぎて選べない。

この記事では第二新卒の転職エージェントを実際の体験談をもとに3つ厳選したので紹介いたします。

この記事でわかること

・第二新卒におすすめの転職エージェント

・第二新卒の転職エージェント利用の全体像

・第二新卒の転職エージェントの必要性

私自身、第二新卒転職を含めて3度の転職活動経験があります。

転職活動中に50名以上の転職エージェントと面談した経験があり、情報に関しては自信があります。

あまり知られていませんが、世の中には約20,000社の転職エージェントが存在します。

何の情報もなく転職エージェントを選ぶと以下のようなリスクがあります。

 情報なしの転職エージェント選択のリスク
  • ブラック企業を紹介される
  • 十分なサポートを受けることができない
  • 転職エージェントにメリットのある企業をすすめられる

このリスクはうわさではなく、私を含め多くの人が経験していることなのです。

転職活動を開始される皆さんがより良い転職エージェントとお付き合いできるようにお手伝いします。

転職エージェントオススメ度ポイント公式ホームページ
JAIC
(5.0 / 5.0)
★ フリーター・未経験等からの転職成功率81.1%詳細を見る
第二新卒エージェント neo
(4.5 / 5.0)
★ 10代・20代のえらぶ就職転職満足度No.1詳細を見る
UZUZ
(4.0 / 5.0)
★ 20代第二新卒専門エージェント詳細を見る
トーマス

・2010年:就職氷河期にブラック企業へ就職

・2013年:第二新卒枠の転職活動で内定獲得ゼロ

・2016年:Uターン+未経験+高年収の転職成功

・2023年:50名以上のエージェントと面談経験

・現在は自身の転職経験をもとに転職支援活動

・複数人の就職転職を成功に導いた実績あり

転職支援します
目次

第二新卒に転職エージェントが必要な理由5選

第二新卒も転職エージェントって利用は必要?

第二新卒だからこそ、転職エージェントの活用は必須と考えます。

理由は、わからないことが多い転職において、以下のような多くのサポートを無料受けることができるからです。

 転職エージェントで無料で受けることができるサポート
  • 年収アップ交渉
  • 非公開求人の紹介
  • 面接練習対応
  • 企業担当の直接サポート
  • エントリーシートなどの添削

多くの若者が直面する課題のひとつが、「第二新卒」期の転職です。

学校を卒業して最初に就職した会社での業務や職場環境が合わず、自分らしい働き方を求めて転職を考える人が増えています。

つまり、第二新卒を検討している方は決して「少数派ではない」ということです。

第二新卒の転職エージェントの選び方5選

第二新卒だからこそ、転職エージェントの活用は必須と考えます。

 第二新卒の転職エージェントの選び方3選
  • 第二新卒の特化サービスと支援実績
  • 業界や職種の専門知識を持つエージェント
  • サポート体制を比較する
  • 希望業種・職種の求人数
  • 非公開求人数・独占求人数

それぞれ詳しく説明します。

第二新卒の特化サービスと支援実績

第二新卒の転職市場は特有のニーズがあります。

そのため、第二新卒に焦点を当てた転職支援サービスが提供されているエージェントを選ぶことが肝心です。

経歴が短いために、まだ経験を多く積めていない方々の強みを引き出し、適切な企業を紹介できるかが重要なのです。

例えば、業界未経験者でも受け入れ可能な企業のリストアップ、キャリア形成のアドバイスなどを手厚く行うエージェントは、第二新卒にとって大きな味方となるでしょう。

また、キャリアカウンセリングや面接の対策なども、きめ細やかなサポートを提供するエージェントを選ぶべきです。

転職の支援実績は各転職エージェントサイトに記載されています。

 転職支援実績
  • 内定獲得実績
  • 書類審査通過率
  • 入社後定着率

また不安であれば、口コミサイトやSNSで確認することも手段の一つです。

業界や職種の専門知識を持つエージェント

転職活動において、業界や職種に精通したエージェントからの支援を受けることは大変有利です。

第二新卒門特化型のエージェントは、以下のような豊富な情報を持っているため、より適切なアドバイスを提供できます。

 豊富な情報
  • 業界や職種におけるトレンド
  • 給与水準
  • キャリアパス

また、第二新卒に専門的なネットワークを駆使することで、公開されていない優良求人の紹介が可能になります。

こうした第二新卒に専門性の高いエージェントを選ぶことにより、自身の市場価値を適正に評価され、理想のキャリアを築くための強い一歩を踏み出すことができます。

サポート体制を比較する

転職エージェントのサポート体制を比較する際のポイントを共有します。

1人ひとりの転職活動に対するサポートの質はエージェントによって様々です。

具体的には、以下のようなサービスが充実しているかどうかを確認することが大切です。

 サポート体制
  • キャリアアドバイザーとの連絡手段
  • 面接対策
  • 書類添削の提供
  • 転職後のアフターケア

また、連絡が迅速に対応されるかどうか、個々の希望に沿った提案が得られるかなど、細かなコミュニケーションを通じて実感できるサポートの質も重要です。

自分に合ったエージェントを選ぶことで、転職活動をスムーズに進め、次のキャリアの成功につなげていきましょう。

希望業種・職種の求人数

転職エージェントごとに得意な業種や職種が異なります。

自分が求める業種・職種に強い転職エージェントを選択することが重要です。

業種・職種の情報に関しても、各転職エージェントサイトで確認することができます。

また求人数も各社様々なので、確認するようにしましょう。

注意点としては、「求人数が多いから良い」と言うわけではないと言うことです。

転職エージェントによっては、優良な求人のみに絞っており、求人数が少ないという場合もあるためです。

非公開求人数・独占求人数

転職エージェント活用のメリットの1つに非公開求人・独占求人紹介があります。

すべての非公開求人がすべての転職エージェントで紹介されているとは限りません。

もし希望の企業があって、求人ページには記載されていない場合は、一度相談することをおすすめします。

第二新卒の転職エージェントおすすめ人気ランキング3選

これから紹介する3社は第二新卒向けに非常に強いとされる転職エージェントです。

第二新卒の方、社会経験が少ない方、未経験の方まで幅広くサポートしてくれます。

実際の利用経験や他の方の利用団などからもすべておすすめできる転職エージェントです。

また複数社登録し、自分にある転職エージェントに絞っていく。といった転職活動が実際にとても効率的でした。

転職エージェントオススメ度ポイント公式ホームページ
JAIC
(5.0 / 5.0)
★ 「職業紹介優良事業者推奨事業」認定詳細を見る
第二新卒エージェント neo
(4.5 / 5.0)
★ 10代・20代のえらぶ就職転職満足度No.1詳細を見る
UZUZ
(4.0 / 5.0)
★ 既卒・第二新卒・フリーター・ニートの内定率86%以上詳細を見る

JAIC(ジェイック)

 JAIC(ジェイック)のポイント
  • 「職業紹介優良事業者推奨事業」の職業紹介優良事業者として認定
  • 入社後定着率91.3%
  • ブラック企業を徹底に除外
  • 就職成功率81.1%、就職支援実績23,000人以上
  • 未経験、フリーター、第二新卒専門
26歳 男性

JAICさんは他の転職エージェントと比較して、ニーズに合ったサポートを提供してくれ、私に合った求人情報やアドバイスをくれた。なので、私は目標に合致する仕事を見つけやすく好印象だった。一点、どのこの転職エージェントさんでも一緒ではあるが、自分に合わないアドバイザーが担当になった場合には、満足のいくサポートが受けられない可能性があると感じた。

24歳 女性

私は転職前はもちろんのこと転職後にも不安があったが、転職後に関してもJAICさんは手厚いサポートがあった。なので、新しい職場での適応をサポートしていただき、とても安心して転職できた。

23歳 男性

他社と比べるとJAICさんは業界や分野に精通しており、転職活動において専門的なアドバイスを得られた。面接対策や履歴書構築など、成功に向けたサポートも手厚く、非常に効率よく転職活動を行うことができた。

第二新卒エージェント neo

 第二新卒エージェント neoのポイント
  • 10代・20代のえらぶ就職転職満足度No.1
  • 1人あたり平均8時間の手厚いサポート
  • 未経験OKの正社員求人も多数取り扱い
  • 職務経験なしの就職転職支援実績10,000人突破
  • 取引企業は累計10,000社以上
22歳 女性

エージェントの名前の通り、新卒から数年の経験を持つ求職者に特化したサポートを提供していると感じた。結果として、自分に合った正しい仕事を見つけるのに役立った。良くも悪くもエージェントからの押しが強く、それが重荷に感じる人もいるかもしれません。だらだらしがちな私にとっては良い刺激でした。

24歳 男性

私自身、優れた学歴も職歴もないので転職は正直諦めていました。ですが、第二新卒エージェントさんは驚くほど多彩な求人をお持ちで、想像以上に多くの書類審査、面接を経験することができた。対応していただいた1人目のアドバイザーさんがあまり自分には合っていないかったがその旨を事務局に伝えるとすぐに変えてくれて、その後はとんとん拍子で内定獲得に至った。

UZUZ

 UZUZのポイント
  • 既卒・第二新卒・フリーター・ニートの内定率86%以上
  • キャリアカウンセラー全員が元第二新卒・既卒・フリーター
  • ブラック企業を徹底排除
  • 書類通過率93%超え
  • 面接対策を無制限に実施
26歳 女性

UZUZは、20代特化の転職エージェントだったので、大手一般転職エージェントと比較して20代向け求人や転職ノウハウが豊富に感じました。結果的に私は、転職活動を成功させることができました。一方で、UZUZのキャリアアドバイザーは、担当者によってサポートの質に差があり、担当者との相性を見極めることが大切です。

20歳 男性

UZUZは、内定率が高いことでも知られており、転職活動開始とともに登録しました。私は内定率90%以上の求人を紹介いただき無事に内定をもらうことができました。デメリットとして、他の転職エージェントと比較して求人数が少ないと感じました。そのため、希望の条件に合った求人を見つけられない可能性があり、求人数に不満があるようであれば、複数社の転職エージェントに登録することをおすすめします。

第二新卒の転職エージェント利用の流れ

効果的な転職を果たすための戦略は、計画に沿った堅実な対策を立てることから始まります。

市場のニーズを理解し、自己の強みやスキルを的確にアピールする方法をマスターすることが重要です。

さらに、将来的なキャリアパスにどのように転職が影響するかを把握し、それに応じた職務経歴書の準備が求められます。

ここでは、第二新卒の転職エージェント利用の流れを具体的にご紹介します。

STEP
登録

まずは転職エージェントに登録しましょう。

必要情報の記入など、5〜10分ほどで登録は可能です。

このページの各リンクから登録フォーマットに移行できますので、ご活用ください。

STEP
面談

転職エージェントとの面談になります。

登録の際に記載した内容をもとに、希望業界・職種・勤務地などの詳細情報を問われます。

事前に詳細を準備する必要はないですが、ある程度の情報は明確にしておきましょう。

STEP
求人紹介

希望に沿った求人情報を転職エージェントから提示されます。

メールでの紹介、紙媒体での紹介など紹介方法は様々です。

また紹介されたからといって必ず応募しなくてはいけない。と言うわけではありません。

もし好みの求人がなければ、その旨をエージェントに伝え、変更してもらいましょう。

エージェントが進めたから応募するのではなく、自身が満足いく求人に応募しましょう。

STEP
応募

希望に沿った求人が見つかったら転職エージェント経由でエントリーします。

やり方は様々なので、エージェントの依頼に沿って進めれば問題ありません。

STEP
書類添削

転職エージェントでは、書類の添削も対応してくれます。

履歴書、職務経歴書など、転職の際には普段は馴染みのない非常に重要な書類があります。

1人ではなかなか対応が難しい書類作成も、エージェントのプロの目で添削いただけるので安心です。

STEP
面接対策

書類審査合格後には、必ず面接が存在します。

面接も就職活動とは異なることを問われますので、転職特有の対策が必要です。

面接対策に関しても、転職エージェントのサービスに含まれますので、安心して対応いただけます。

STEP
面接

転職エージェント経由で面接日程、面接方法を決めていただけます。

急用等で面接をキャンセルしたい際にも転職エージェントに連絡すれば、対応いただけます。

間違っても無断でキャンセルすることは控えましょう。

STEP
内定獲得

晴れて内定獲得した後も転職エージェントのフォローがあります。

退職までの進め方、入社に必要な項目など、転職エージェントの指示に従うだけでOKです。

不慣れなことも多いので、わからないことは積極的に聴きましょう。

STEP
入社後フォロー

転職エージェントによっては、入社後のフォローがある場合もあります。

入社後に感じる不安や期待は多くの転職者が抱く問題です。

もし不安や気になることがあれば、遠慮なく転職エージェントに相談しましょう。

第二新卒が転職エージェントを使って転職を成功させるコツ3選

転職エージェントを活用した転職成功のコツを3つ紹介します。

 転職エージェントを使って転職を成功させるコツ3選
  • 自己分析を徹底的に行う
  • エージェントを味方につける
  • 第二新卒に求められていることを理解する

それぞれ詳しく説明します。

自己分析を徹底的に行う

転職を成功に導く最初のステップは、自己分析です。

これには何を持って成功とするのかを定めることと、現在のスキルや経験、価値観を見極めることが含まれます。

自分が何を望み、何が得意で、何に価値を見出しているのかを理解することは、適職を探し出す土台となります。

分析方法としては、まず以下のような項目をリストアップします。

 分析項目
  • 過去の職務経験から得た知識や技能
  • 達成感を感じたプロジェクト
  • 得意とする業務プロセス

それらを対象業界の求める技能や特性と照らし合わせると良いでしょう。

また、周りの人々にフィードバックを求めることも1つの方法です。

転職エージェントはあくまで転職希望者のサポート役です。

転職希望者の希望条件やキャリアプランを明確にしないと、最適な求人紹介ができません。

お互いに有益な情報交換をすることが理想の転職に直結します。

自分の希望や思いは事前に明確にして、言葉でエージェントに伝えることができるようにしましょう。

エージェントを味方につける

エージェントは複数人の転職希望者を担当しています。

あなたに注目してもらうには、あなた自身が転職活動に前向きに取り組んでいる姿勢を見せる必要あがります。

 前向きに取り組んでいる姿勢
  • メールの返信をすぐに行う
  • 電話対応は空き時間ですぐに対応する
  • 希望の求人があれば、挑戦する

不慣れで難しい対応が多い転職活動なので、エージェントを味方につけて、二人三脚で進むことが重要です。

第二新卒に求められていることを理解する

第二新卒と一般的な転職には求められるものが異なります。

・第二新卒:経験が浅いので、やる気や若さなどのポテンシャルに期待

・一般転職:即戦力を求められるので、スキルや経験を問われる

当然やる気や若さなどは多くの転職希望者がアピールしてきます。

また、求められていることに対して自分が満足できていない時は、業界が求めるスキルセットを身に付け、常にアップデートしていくことも重要です。

第二新卒の転職活動の心構えとモチベーション管理3選

転職活動は、新しいキャリアをつかみとる大きなチャンスです。

一方で、同時に不確かさに満ちた道のりでもあります。

求職者は、変化に富む市場環境と自らの心理的な変動と向き合いながら、適切な心構えを持ち、モチベーションを維持していく必要があります。

これから解説する点を心に留め、自信を持って転職活動に臨んでいただきたいです。

 第二新卒の転職活動の心構えとモチベーション管理3選
  • 不安を乗り越える心構え
  • 継続的なモチベーション維持
  • 転職活動をサポートするツール活用

不安を乗り越える心構え

不安は、未来への期待だけではなく、失敗への恐れを内包しています。

転職活動においては、これをポジティブなエネルギーに変換することが重要です。

ここに具体的に私も実践した方法を記載しますので、ご参考ください。

STEP
自己肯定感を高める

まずは、あなたの強みや過去の成功体験を振り返り、自己肯定感を高めてください。

STEP
心のバランスを取り戻す

不安が大きくなった時は、転職の意義と目的を再確認し、心のバランスを取り戻すことも大切です。

STEP
リラックスする時間を作る

精神状態を安定させるためには、趣味や運動などを取り入れ、リラックスする時間を作ることも不可欠です。

STEP
孤独感の解消

最後に、周囲のサポートを活用し、孤独感を解消していきましょう。

継続的なモチベーション維持

モチベーションを維持するためには、自分自身の進捗を客観的に評価し、正しいフィードバックを受けることが重要です。

転職活動の目標を具体的かつ達成可能なものに設定します。

それを達成した際には適切な自己報酬を与えることで、努力と報酬のサイクルを作り出します。

また、自分だけではなく他者の成功事例に目を向け、インスピレーションを受けることも有効です。

仲間と情報を共有することで、孤独感を軽減し、継続する力に変えていけるでしょう。

こうした外部からの励ましも大切ですが、内発的なモチベーションを育成するため、自分の価値観を反映したキャリアプランを描くことが望ましいです。

日々の活動を楽しむ気持ちを持つことで、モチベーションを長期間保つことができます。

転職活動をサポートするツール活用

現代の転職活動では、様々なツールが様々な場面でその手助けをしています。

まず、オンラインの求人検索エンジンや転職サイトでは多くの求人情報が集約されており、自分の条件に合った仕事を効率的に探すことができます。

また、履歴書や職務経歴書の作成を支援するツールもあり、プロフェッショナルな書類を作成するのに役立ちます。

さらに、SNSを活用すれば、業界の最新情報を得たり、専門家や先輩転職者と繋がったりすることが可能です。

加えて、模擬面接や書類の添削を受けられるサービスもあり、実践的な対策をすすめることができます。

これらのツールを駆使しながら、転職活動を計画的に進めていきましょう。

第二新卒が転職エージェントを利用するメリット5選

 第二新卒が転職エージェントを利用するメリット5選
  • 求人が豊富にある
  • 即戦力ではないのでハードルが低い
  • 異業種、異職種転職の十分可能
  • 転職後もキャリアアップが見込める
  • 将来のキャリアアップ転職のためのステップに組み込める

以下の記事で、詳しく説明しています。

第二新卒が転職エージェントを利用するデメリット5選

 第二新卒が転職エージェントを利用するデメリット5選
  • 早期退職の職歴が残る
  • 即戦力を欲しがる企業への入社は難しい
  • キャリアアップが遅れる
  • 年収が下がる
  • 新卒採用にこだわる企業への入社は難しい

以下の記事で、詳しく説明しています。

第二新卒を含む自身の転職エージェント利用体験談

自身の転職エージェント活用時例を紹介します。

1度目の転職活動経験(第二新卒)

新卒入社3年目の20代前半の頃に第二新卒枠で転職活動経験があります。

当時は他人に頼らず自力で全てに取り組みましたが、結果的に内定獲得には至りませんでした。

転職は「がむしゃらに努力すれば、内定獲得できる。」という甘い世界ではないことを実感しました。

失敗理由は明らかで、以下のような項目の「圧倒的な作戦不足」でした。

 第二新卒の転職失敗理由
  • 転職理由不明確
  • 退職理由不明確
  • 転職希望業種不明確
  • 自己分析不足
  • 転職活動情報不足

転職には失敗も付き物ですが、それが将来の成功に繋がる場合も多いです。

失敗した経験から学び、次のステップに活かすことが大切です。

例えば、面接で上手くいかなかったとき、その原因を真摯に振り返ることが次回の成功に結びつくでしょう。

また、転職活動が長期化することで学ぶ忍耐力や、多様な企業文化への適応力も身につけることができます。

失敗は経験値としてプラスに変えることができるのです。

2度目の転職活動経験(一般転職)

2度目の30代前半の一般転職活動の際には、転職エージェントを知人に紹介いただき利用しました。

第二新卒の際よりも少ない努力でしたが、短期間で見事第一志望企業の内定獲得に至ったのです。

以下のような非常に難しい転職活動でしたが、転職エージェント経由の転職は本当にスマートで効率的でした。

 転職エージェント経由の転職事例
  • Uターン転職:地方の地元に帰りたい
  • 異業種転職:完全未経験の業務に挑戦したい
  • キャリアアップ転職:今よりも好条件の仕事につきたい

これらの難しい(わがままな)条件を全て満たすことができたのは、転職エージェントの存在が非常に大きいです。

有益な情報をもっている転職エージェントを利用することで理想の転職ができたことは間違いありません。

転職を成功させるためには、ポジティブなマインドセットが非常に重要です。

困難に直面したときにも前向きに考え、解決への意欲を保つ必要があります。

また、自己成長への意識を持ち続けることが、スキルの向上やキャリアアップに繋がります。

失敗を恐れずに挑戦し続ける姿勢は、経験を積み重ねることで自信へと変わるでしょう。

常に自分自身をアップデートし続けることが、転職を成功させるマインドセットなのです。

3度目の転職活動経験(一般転職)

3度目の転職活動は30代なかばから開始しました。

ここでの転職活動の目的は以下の通りです。

 転職活動の目的
  • 自分自身の市場価値の確認
  • 年収アップ可能な企業の探求
  • 個人のスキルアップにつながるような職種の確認

お気づきかもしれませんが、3度目の転職活動は「絶対転職したい!」というわけではありません。

ある程度社会経験をしてきた中で、自分自身にどれだけの価値があるのか?を確認するためです。

つまり、転職活動=必ず転職しなくてはいけない。ではないということです。

今後日本も欧米のように転職活動が活発な社会になる可能性があります。

また終身雇用崩壊で、多くの人が一斉に動き出すことが予想されています。

周囲より早く転職エージェントへ登録し、企業や自分の市場価値を確認することが重要です。

この3度目の転職以降、定期的に転職エージェントとは面談をしております。

また、希望の求人が入り次第連絡を受けるような体制を構築しており、情報交換は都度進めております。

第二新卒の転職エージェントおすすめ人気ランキングに関するQ&A

転職エージェントって何ですか?

・転職エージェントとは、転職を希望する方と企業とを結ぶ専門のサービスプロバイダーです。

・20代向けの転職エージェントは、20代の転職希望者に特化した求人情報やキャリア相談を提供しています。

・エージェントは転職希望者のスキルや志向に合った仕事を見つけ、転職プロセスをサポートします。

なぜ20代向けの転職エージェントを利用するべきですか?

・ 20代の転職者にとって、キャリアの初期段階で適切な仕事を見つけることは非常に重要だからです。

・ 20代向けの転職エージェントは、若い世代特有のニーズやキャリアの方向性を理解しており、それに基づいてカスタマイズされたサポートを提供することができます。

・ 転職エージェントは求人情報を整理し、企業検索だけではなく、面接やキャリアアドバイスも可能です。

20代向けの転職エージェントは、どんなところに注目して選べばいいですか?

・ 求人数:20代向けの求人数が多いエージェントを選ぶと、希望の条件に合った求人を見つけやすい。

・ サポート:転職活動の初期から内定後まで、手厚いサポートを受けられるエージェントがおすすめです。

・ 費用:転職エージェントは、ほとんどが無料でサービスを受けられます。ですが、利用するサービスによって費用がかかる場合もありますので、事前に費用を確認しておくと安心です。

まとめ

以上、第二新卒向けにオススメの転職のエージェントを紹介しました。

転職エージェントは便利ではありますが、トラブルやリスク回避のためにも、厳選することが重要です。

今回紹介した3社は心配なく利用できる転職エージェントばかりなので、安心してご利用可能できます。

求人は日々変動するので、ライバルよりも早く転職エージェントに登録して、最新の有益情報を得ることが重要です。

エントリーシートや面接対策等、転職でお困りのことがあれば、コメント欄やお問い合わせ先へご連絡ください。

私の経験談や、指導・助言した成功者の例を基にお手伝いできることはお手伝いさせていただきます。

それでは最後まで読んで頂きありがとうございました。

転職エージェントオススメ度ポイント公式ホームページ
JAIC
(5.0 / 5.0)
★ フリーター・未経験等からの転職成功率81.1%詳細を見る
第二新卒エージェント neo
(4.5 / 5.0)
★ 10代・20代のえらぶ就職転職満足度No.1詳細を見る
UZUZ
(4.0 / 5.0)
★ 20代第二新卒専門エージェント詳細を見る

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よければシェアお願いします!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次