転職は世間的にイメージが悪い?【イメージは気にしなくてOK】

転職ってなんか世間的イメージ良くないよね。

転職に対する周囲からの悪いイメージを気にされていませんでしょうか?

またその周囲からのイメージで転職活動の一歩を踏み出せずにいらっしゃる方もいるのではないでしょうか?

私自身、転職活動をする前は正直良い印象はもっていませんでした。

ですが、転職活動や転職先に入社することで、そのイメージは大きく変化いたしました。

そのような経験を活かして、この記事では以下を紹介します。

  • 転職は世間的にイメージが悪いのか
  • 転職=悪いイメージとなる理由
  • 転職=良いイメージに変換する方法
  • イメージを気にせず転職活動をする方法

この記事を読んでいただけることで、今お持ちのイメージに関する不安は無くなると思います。

イメージの不安がなくなることで、今後の転職活動を伸び伸びとできるでしょう。

私自身の経験談を交えて紹介しますので、記事の信ぴょう性はあると思います。

とみぃ

・2010年:リーマンショック就職氷河期に就職

・2013年:第二新卒枠で転職活動も内定獲得ゼロ

・2016年:Uターン+未経験+高年収の転職成功

・自身の転職経験をもとに転職支援活動

・複数人の就職転職を成功に導いた実績あり

転職支援します
目次

転職は世間的にイメージが悪い?

結論:イメージなんてどうでもいい

どうしてイメージなんてどうでもいいの?

理由は単純で、周りにどう思われようと、あなたの転職活動に何の支障もないからです。

そう思いませんか?

  • 周囲からのイメージが悪いと面接に落ちますか?
  • 今の会社からのイメージが悪いと転職志望の会社の書類審査落ちますか?

落ちませんよね。

だって、周囲や会社が勝手に転職しようとしているあなたに持っているイメージですから。

なので、周囲のイメージなど全く気にする必要はないんです。

言っていることは理解できるけど、実際気になるよ…

では、以下の詳細を紹介します。

  • 転職=悪いイメージとなる理由
  • 転職=良いイメージに変換する方法

転職=悪いイメージとなる2つの理由

そもそもなんで転職って悪いイメージを持たれやすいの?

理由について、2つ紹介します。

終身雇用制度

私個人としては、悪いイメージにしている一番の理由が終身雇用制度によるものと考えます。

終身雇用制度:新卒で入社した会社に、引退まで就職し続ける制度のこと

つまり言い換えると、終身雇用制度では、入社後引退まで1つの会社に在籍することが当たり前であるといった制度です。

なので、途中で会社をやめるような社員に対して、以下のような悪いイメージを持つわけです。

  • 根性なし
  • 現実逃避

確かに、一昔前までは終身雇用制度で社員は会社に守られていました。

ですが、今後は終身雇用制度崩壊の流れもあるため、このようなイメージも薄れていくことが予想されます。

詳細については、転職=良いイメージに変換する方法で述べます。

年功序列制度

終身雇用制度とセットで考えられることが多い、年功序列制度も悪いイメージの1つと考えます。

年功序列制度:社員がその企業に勤めた年数に応じて給与が上昇していく制度

この制度に結びつく、悪いイメージは以下のようなものです。

なぜ安定を捨てるのか

ずっとこの会社にいれば、給料も上がるのになんでやめるの?といった意見が出てきそうです。

終身雇用も年功序列もそうですが、ある意味洗脳のように刷り込まれたこの制度が良くありません。

この制度に洗脳されている方からしたら、やめる理由が全くわからないとなるでしょう。

そして、最終的に転職=悪いイメージとなると思います。

転職=良いイメージに変換する2つの方法

じゃあ、良いイメージに変換することできないかな?

以下で、良いイメージに変換する方法を3つ紹介します。

海外事情を主張する

転職=悪いイメージを持っていることは世界共通だと思っていませんでしょうか?

実は、海外では転職活動は頻繁に行われているのです。

つまり、転職に対して、悪いイメージをもっているのは日本だけかもしれません。

海外とはどの程度差があるの?

特に転職活動に積極的なアメリカの勤続年数と比較すると一目瞭然です。

  • 日本  :11.9年
  • アメリカ: 4.2年

つまり、アメリカでは平均で4年に一度、会社を変えているのです。

アメリカ人がそんなにも会社を変える理由はなに?

  • 給与アップのため
  • キャリアアップのため

つまり、アメリカは年功序列ではなく、完全実力主義である。

なので、実力のある社員はキャリアアップのために、会社を転々とするのです。

転々とする中で給与アップも試みる。

このような流れが、アメリカでは主流です。

なので、転職の悪いイメージを変換するには、このアメリカ事情を主張すると効果的です。

時代の流れに乗っていることを主張する

時代の流れに乗る?どういうこと?

先ほど、日本では昔から終身雇用制度を導入している企業が多いと紹介しました。

ですが、2021年1月時点ではこの終身雇用制度が崩壊しつつあると言われています。

つまり、会社は今後社員のことを引退まで保証しないと捉えることができます。

もっとわかりやすくいうと、必要に応じてリストラしますと言い換えることができます。

なので、自分の身は自分で守らなければならない時代がすぐそこまで来ているということです。

え?じゃあリストラされるのを会社で待ってなきゃいけないの?

極端な話、そのような話になり得ます。

終身雇用制度崩壊の時代に沿って、社員は自分で一生涯のキャリアを形成する時代が来ています。

なので、1つの会社でキャリア形成するのではなく、転職も考慮したキャリア形成が必要です。

つまり、この時代の変化に伴う、転職は必然的と考えます。

この主張を転職=良いイメージの変換に使用できると考えます。

大転職時代もそう遠くない話かもしれませんよ。

イメージを気にせず転職活動をする2つの方法

転職活動は素晴らしい行動力であると再認識する

転職をすることは全く悪いことではないので、そこを再認識してください。

上でも紹介しましたが、終身雇用制度は崩壊しつつあります。

会社はあなたのことを引退まで守ってくれません。

そこに対して、勇気を出して次のキャリアへ一歩を踏み出そうとしている。

とても素晴らしい行動力だと思います。

こんな時代に自分の会社のことしか知らないというのは、非常にリスクが高いです。

リスク管理がしっかりしている方は、さまざなことに挑戦してるのです。

  • 転職活動をする
  • スキルや資格を身につける
  • 資産形成をする

自分の周りにはそんな人いないよ?

いないのではなく、いることにあなたが気づいていないだけです。

備えている人はたくさんいます。

私自身、準備をされている方をたくさん知っています。

なので、それにいち早く気づき転職という行動に移されているあなたは素晴らしいです。

周囲のイメージなど気にせずに、転職活動を進めてください。

転職していることを周囲に話さない

周囲に話をしなければ、そもそも誰にも何も言われることはありません。

でも、1人で転職活動を進めるのはちょっと不安…

周囲に話さずとも、相談できる場はたくさんあります。

  • 転職エージェントに相談する
  • SNSで仲間をみつける

私自身も、転職活動中は孤独で不安だったことを覚えています。

ですが、転職エージェントやSNSの仲間に相談することで、解決することが多いです。

自分1人で成功まで結びつけることは正直とても難しいです。

転職エージェントを利用することで、あらゆることに協力してもらえるため、特にオススメです。

  • 非公開求人の紹介
  • エントリーシートの添削
  • 志望企業の転職データ

これら情報は転職を行う上で非常に有効な武器となります。

また、登録から内定までを無料で利用できるエージェントがほとんどです。

私自身、転職エージェントを利用し、1ヶ月で希望の転職を成功させました。

でも、こういうサイトに登録したら今の会社にバレるのでは?

バレのリスクを低減させるためにさまざまな対策が行われています。

  • あらかじめ登録した会社には個人情報を公開しない機能
  • 応募するまで、全企業に個人情報を公開しない機能

これら機能を利用することで、身バレのリスクは低減できます。

身近な周囲に話さずに、孤独な不安も持たずに、進められる転職エージェントはオススメです。

新入社員、第二新卒など若手向けにオススメの転職エージェントを以下の記事で紹介しております。

一般転職や高年収希望転職などにオススメの転職エージェントを以下の記事で紹介しております。

まとめ

  • 転職は世間的にイメージが悪いのか
  • 転職=悪いイメージとなる理由
  • 転職=良いイメージに変換する方法
  • イメージを気にせず転職活動をする方法

以上、転職は世間的にイメージが悪いのか?をテーマに紹介しました。

日本では転職のイメージは良くなる傾向はありますが、いまだ悪いイメージを持っている人も多いです。

ですが、あなた自身のキャリア形成において、周囲のイメージなど気にする必要は全くありません。

今ご自身が一歩踏み出そうとしている転職活動に誇りをもって、活動してください。

エントリーシートや面接対策等、転職でお困りのことがありましたら、ぜひコメント欄やお問い合わせ先へご連絡ください。

私の経験談や、指導・助言した成功者の例を基にお手伝いできることはお手伝いさせていただきます。

それでは最後まで読んで頂きありがとうございました。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よければシェアお願いします!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる