【必見】転職活動は会社にバレる?【バレに関する悩み完全解決】

転職活動始めたいけど、今の会社にバレるんじゃないかって不安…

バレる理由やバレないようにする方法を知りたい

転職活動をはじめる時に以下のような悩みをお持ちの方が多いのでは?

私自身、転職活動のときはいつかバレるんじゃないかと不安になりながら活動しました。

この記事では、転職活動のバレに関して、以下のあらゆる不安をテーマに紹介します。

この記事を読んでいただけると、バレに関する悩みはなくなると思います。

  • バレる理由とは?
  • バレるとどうなる?
  • バレないための対策は?
  • バレた時の対策は?

記事の中には私自身の体験談も盛り込んでおりますので、参考になると思います。

目次

転職活動は会社にバレる?

対策をしなければ、簡単にバレます

え?やっぱバレるの?

バレに対する対策をしないとバレる可能性は高くなります。

転職活動を行うにあたって、バレてもOKという方は少ないと思います。

ですが、きちんと対策を行えば、バレるリスクを極力低減することが可能です。

バレる理由9選

そもそもなんでバレるの?

バレる理由は以下の通りです。

1つずつ紹介します。

会社の人に話す

社内での秘密はすぐに広がるリスクが高いためです。

転職の話に限らず、みなさん経験があるのでは…

ですので、軽い気持ちで会社のメンバーに話すことはオススメしません。

もし悩み事がある場合は、転職エージェントなど有識者に相談しましょう。

服装が普段と異なる

あきらかに面接に行きます。といったリクルートな格好で出社すると一目瞭然だからです。

たとえ勤務後に面接をひかえていたとしても、普段とは違う格好で出社することは避けましょう。

どうしても勤務後に面接を受ける場合は、一度帰宅して着替えることをオススメします。

バレのリスク低減のためには多少の手間は必要です。

社内で業務中に転職活動する

基本的には社内の行動履歴や会社のパソコンは、検索履歴含めて会社が管理しているためです。

そもそも、社内で業務外の作業を行うことは社内規則でも規定されている場合が多いです。

罰則等もあると思うので、社内での転職活動はひかえましょう。

転職サイトのブロック機能を活用していない

転職サイトには指定した企業への情報開示をブロックする機能があります。

この機能を使用しないと、自社への開示がなされ、バレる可能性があります。

転職サイトやエージェントを利用して、転職活動される際には、まずブロック設定をおこないましょう。

不自然な突発有給休暇を連発する

転職面接のために飛び石で休んだり、不自然で急な有給休暇が増えるとバレます。

1~2回であれば良いですが、回数が増えると感づかれる可能性が高まります。

可能な限り面接の日をスケジューリングし、有給休暇は計画的にとるようにしましょう。

社内でやる気がないような行動をとる

転職活動による疲れなどで、本業へのパフォーマンスが落ちるためです。

自分では普段通りにしていても、毎日一緒にいるメンバーは感づくものです。

本業に影響の出ない程度で、転職活動を調整しましょう。

今の企業へのリファレンスチェックが行われる

リファレンスチェック:ご自身が記載している職歴や役職等を、エージェントが今の会社に確認すること

転職サイトやエージェントに登録しているとありがちなバレです。

そもそもそのような確認があること自体ご存知ない方もいらっしゃると思います。

事前にエージェントに確認するなど、事前確認が必要です。

面接に行く姿をたまたま見られてしまう

面接会場への入場などを見られてしまいバレてしまいます。

普段は出入りしないような箇所に入るので、すぐに感づかれてしまいます。

対面面接がどうしても必要な場合は、マスクやメガネなどで軽い変装するとリスクを低減できます。

電話対応を聞かれてしまう

社内で転職希望先やエージェントと通話することでバレます。

そのような電話対応の際は、口調が変わってしまいますので、注意が必要です。

可能であれば、帰宅後に折り返すなどの対策が無難です。

もし急ぎでどうしても電話をする必要がある場合は、外に出るなど、周囲に注意してください。

バレたときの企業側の対応5選

バレない理由はわかったけど、もしバレたらどうなるの?

バレないための対策を以下の内容で紹介します。

業務中に転職活動を行っていた場合は罰則もあり

対策の中でも紹介しましたが、業務中の転職活動はひかえましょう。

業務中は業務をすることが社内規則等で定められている場合が多いです。

その規則をやぶると罰則を受ける可能性がありますので、ご注意ください。

転職活動をねたむ人が出る

転職は給与アップなどメリットが大きい行為です。

社内にはやりたくても、さまざまな事情で転職できない方もいると思います。

そのような方の耳に入るとねたみや嫌がらせの対象となり得ます。

仕事を任されなくなる

バレてしまうと、この人はいつか会社をやめると会社側より判断されます。

そうなると重要な業務などが任されなくなります。

今の仕事にやりがいを持っている方はとくに注意しましょう。

ボーナスや評価が下がる

バレることであなた自身の人事的評価が下がる可能性があります。

可能性として高いのは、社内での転職活動が見つかった場合です。

上でも述べましたが、社内規則を破るような行為はひかえましょう。

引き止められる

場合によっては、あなたのことを会社が一生懸命引き止める可能性があります。

引き止めはメリットとなりうる場合がありますので、提示された条件を確認しましょう。

バレないための対策5選

バレないためには、どんな対策をとれば良いの?

バレないための対策を以下の内容で紹介します。

勤務中は気を抜かずに仕事に専念する

普段とは違う仕事や態度で行動すると、社員に感づかれてしまいます。

仕事中は仕事、転職活動中は活動に専念して、メリハリをつけましょう。

応募先を厳選する

なにも考えずにあらゆる企業に応募するとバレるリスクが高まります。

特に今の仕事で付き合いのある企業や競合企業を受ける際は注意が必要です。

面接はWeb面接で受ける

先ほどバレる理由で説明した通り、面接会場入場等でバレるリスクがあります。

その対策として、Web面接をオススメします。

面接方法を選択できるかは企業によって異なりますが、現状Web面接の利用頻度は高まる傾向にあります。

SNSで転職のことを書き込まない

SNSの拡散力はすさまじいので、注意が必要です。

特に、実名でSNSを利用している際は特に注意が必要です。

SNSはいつだれがどこで見ているかわからないので、転職関連の発言はひかえましょう。

エージェントにあらかじめ話す

エージェントによっては、良かれと思い、バレるリスクの高い企業へ提案してしまう可能性があります。

もちろん悪意があって行われる行為ではありませんが、あらかじめバレたくない趣旨を伝えましょう。

バレてた時の対応策5選

対策したけど、もし仮にバレてしまったらどうなるの?

企業によって、対応が異なるとは思いますが、一例を紹介します。

自分の市場価値を確認したかった

転職活動を行うことで、自身の市場価値を確認することができます。

なので、自身の市場価値確認のために、エージェントに申し込み活動を行った。と伝えるのは1つの手段です。

積極的に転職活動を行っているのではなく、あくまで市場価値確認であることを伝えるのがコツです。

競合他社がどのような人材を欲しがっているのか調査した

競合他社の人事情報は通常は入手が難しいです。

ですが、転職活動中であればある程度入手も可能ですので、これを利用します。

実際に得た情報を具体的に伝えると守秘義務違反に触れる可能性があるのでご注意ください。

今の企業からカウンターオファーをもらって残る

これは今の企業から転職しないように引き止められた際に使える手法です。

会社はあなたに残って欲しいので、新たな条件を提示してくる可能性が高いです。

もし転職活動が進んでいるのであれば、転職先企業の条件と照らし合わせて今の会社への残留も含めて検討するといいと思います。

退職して転職活動に専念する

割り切って転職活動に専念することも手段の一つです。

転職の理由にもよりますが、今の仕事を続けながらが辛ければ先にやめてしまうのも良いと思います。

ただし、転職活動に専念すると収入がゼロになるので、ある程度の生活資金が貯蓄できている方のみにしましょう。

前向きな転職理由を伝える

今の会社を辞めたくて転職するのではなく、やむを得ず転職することを伝えます。

たとえば以下のような理由を使うことができます。

  • 結婚
  • 引っ越し
  • 通勤距離が遠すぎる

これら条件で転職活動をしていることを伝えて、あわよくば今の会社の条件を変えてもらいましょう。

まとめ

  • バレる理由とは?
  • バレるとどうなる?
  • バレないための対策は?
  • バレた時の対策は?

以上、転職活動はバレるのか?という観点から、バレに関するあらゆる悩みを紹介しました。

上記対策を行うことで、ある程度バレのリスクを低減できることは間違いありません。

ですが、100%バレない保証はできないので、最悪の場合を考慮して、スキルや資格取得もあわせて行うと効果的です。

エントリーシートや面接対策等、転職でお困りのことがありましたら、ぜひコメント欄やお問い合わせ先へご連絡ください。

私の経験談や、指導・助言した成功者の例を基にお手伝いできることはお手伝いさせていただきます。

それでは最後まで読んで頂きありがとうございました。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よければシェアお願いします!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる