Uターン転職は本当に難しい?【結論:難しいですが対策は可能】

Uターン転職って難しいの?

なぜ難しいって言われているのか知りたい

もし難しいなら対策も知りたい

Uターン転職をお考えの方であれば、このような疑問をお持ちの方も多いのではないでしょうか?

私自身、Uターン転職を行いましたが、やはり難しいと言われ、かなり不安に感じておりました。

リモートワークにより職場を選ぶ必要がなくなったので、地方への移住を検討される方も増えることが予想されます。

この記事では、Uターン転職の難しさやその対策について紹介します。

この記事を読んでいただければ、Uターン転職の難しさに関する疑問や不安が解決すると思います。

先ほども述べましたが私自身、2016年にUターン転職を経験しております。

またその経験を活かし、今現在複数人のUターン転職のお手伝いもさせていただいております。

ですので、この記事の信ぴょう性はあると思います。

とみぃ

・2010年:リーマンショック就職氷河期に就職

・2013年:第二新卒枠で転職活動も内定獲得ゼロ

・2016年:Uターン+未経験+高年収の転職成功

・自身の転職経験をもとに転職支援活動

・複数人の就職転職を成功に導いた実績あり

転職支援します
目次

Uターン転職は本当に難しい?

結論:難しいです

やっぱり世間で言われている通り難しんだ…

はい、難しいです。

ですが、難しいとされるポイントを押さえて、対策をとることが可能です。

まずは、難しいとされる理由について紹介します。

・求人が少ない

・地方に求める理想が高すぎる

・求められる人物像にギャップがある

Uターン転職が難しいと言われる理由3選

求人が少ない

そもそもなぜ地方だと求人数が少ないの?

都会に比べて人口が少ないため、企業からの需要も少ないです。

その少ない求人を転職希望者で争うので、転職難易度も高くなります。

・地方は中小企業が多く、大企業と比較して資金的に影響が大きい

・在宅ワーク者増加により、地方移住希望者が増えている

この2つのことが要因で、Uターン転職の難易度は上がるとされています。

地方企業に求める理想が高すぎる

う〜ん、よくわからないな。

都会の企業で求めていた勤務条件を、地方企業にも同じように求めようとしていることです。

なるほど、どういうところが違うの?

・給与水準

・選択肢の数

・情報量

詳細を簡単に紹介します。

給与水準

都会企業と地方企業では、平均すると地方企業の方が低い傾向にあります。

地方が低いというよりは、都会が高いと言った方が正しいかもしれません。

なぜ都会は給与が高いの?

いくつか理由はありますが、その1つが以下の流れです。

①多くの企業が都会に集中する

②企業同士や労働者同士での情報交換が活発となる

③企業や労働者の生産性が向上するため、賃金が上昇する

つまり、企業が集中する都会では、情報交換が活発で、企業が成長するためということです。

給与低下傾向を知らずに、高い理想のまま転職活動をすると企業とのマッチング段階でうまく行かないことが多いです。

選択肢の数

都会の大企業では社内でも職種や業種などに多くの選択肢があると思います。

ですが、地方の中小企業となると、その選択肢が大幅に減少する場合があります。

自分のキャリアアップとして、社内での異動でさまざまな職種や業種で積み上げたいものがある場合にギャップを感じるかもしれません。

情報量

人口が多い都会では多くの情報が得られますが、地方は都会ほど多くの情報を得られません。

情報ってどんなとこから得る情報?

・セミナー

・学会

・展示会

これらから得ることができていた、最新の情報というものを得にくくなります。

一方で、2021年2月現在では、オンライン化が急加速的に成長してきております。

ですので、今後のさらなる発展次第では、デメリットに感じなくなるかもしれません。

求められる人物像にギャップがある

ん?地方企業と都会企業で求める人物像に違いがあるの?

専門性よりも幅広い業務知識が求められるからです。

大企業であれば、それぞれの専門的知識だけで問題ありません。

社員数が多いために、専属の社員が大勢いるためです。

・営業

・研究

・製造

ですが、地方に多い中小企業の場合、社員数が少ない傾向にあります。

ですので、社員一人当たりに幅広い業種対応が必要になることがあります。

・営業だけど、経理も担当

・研究だけど、マーケティングも担当

・製造だけど、総務も担当

この求められる人物像のギャップに難しさを感じる方も少ないくないはずです。

Uターン転職の難しさに対する対策5選

なるほどね。

Uターン転職の難しさはわかった

その難しさに対する対策とかあるの?

はい、あります。

5つ紹介します。

スキルを身につける

スキルを身につけておくことで転職の際に有利に働くことが多いからです。

なぜスキルを身につけると有利になるの?

スキルがあることで、幅広い業種で活躍が見込まれるからです。

難しさのパートでもお話ししましたが、地方の中小企業ではさまざまな業務を兼務する可能性があります。

ですので、さまざまな業務を行うにあたって、スキルが活用できれば、即戦力になり得ます。

なるほどね。

じゃあ、どんなスキルが企業側から重宝されるの?

スキルにつきましては、下記の記事に詳細を記載しております。

どのスキルもいろんな場面で役に立つスキルです。

多少のお金と時間をかけても十分もとはとれるので、ぜひチャレンジしてみてください。

在宅勤務の仕事を探す

リモートであれば、地方に住みながら都会の仕事も受けることができるからです。

なるほどね。

無理に地方だけで企業を探す必要はないのね。

その通りです。

リモートワークや在宅勤務という働き方が急速に普及しました。

ですので、地方にいても都会の企業で働けたり、仕事を受注したりすることが可能なのです。

これら在宅勤務でのオンラインワークにも先程のスキルが重宝される場合が多いです。

さまざまな可能性をひろげるためにも、自分の強みを増やすことはUターン転職に必要不可欠です。

中途採用が積極的な企業を探す

中途採用を積極的に行っている企業は求人数が多い傾向にあるためです。

中途採用を積極的にして、企業側にメリットはあるの?

あります。

転職者を積極的に採用するするメリットを3つ紹介します。

・最低限の社会的マナーを身につけている

・即戦力で働くことができる

・短期間で優秀な人材を確保しやすい

1つずつ簡単に紹介します。

最低限の社会的マナーを身につけている

新卒採用とは異なり、社会人経験があるため。

確かに新卒者には新入社研修とかあるもんね。

新卒採用の場合は、マナーや研修等である程度の知識を与える必要があります。

ですが、転職者はそれら知識を身につけているので、企業側の負担を軽減できます。

即戦力で働くことができる

前職で身につけたスキルや経験をすぐに企業で貢献できるためです。

前職の経験や知見だね

スキルや経験を積むには非常に長い年月が必要になります。

そのスキルや経験を身につけた状態で入社してくるので、企業内でも即戦力として働くことができます。

短期間で優秀な人材を確保しやすい

早ければ、約1ヶ月で人材確保可能なためです。

確かに新卒採用は永い…

新卒採用には約1年間かけて人材確保をするため、多くのお金と時間が必要になります。

一方で、中途採用は短期間で確保できるために、時間的メリットが非常に大きいです。

地方でのニーズをチェックする

ん?ニーズ?

どんな人物やスキルが必要とされているのか知るためです。

さきほど、難しさでも述べた「地方企業に求める理想が高すぎる」に関係します。

つまり、都会と地方にはどうしてもギャップが生じてしまいます。

そのギャップをあらかじめ認識しておくことで、難しさを低減できる対策の1つになります。

地元の人脈(ツテ、コネ)を使って探す

地方は地元色が強いため、ツテやコネが使いやすいためです。

急にやけくそみたいな対策ですね…

確かにそう思われても仕方ないかもしれません。

ですが、実際にツテやコネでUターン転職を成功させている方を何人も知っているので紹介しています。

若干裏技のような対策を紹介しましたが、転職するにはいろいろな手段を試すことが必要です。

まとめ

以上、Uターン転職の難しさとその対策について紹介しました。

上でも述べましたが、今後は地方企業への転職が難しくなる傾向にあります。

ですが、難しいから諦めるのではなく、どうすれば受かる可能性が上がるかを探しましょう。

しっかりとした対策をとれば、採用への道は開けますので、頑張ってみてください。

エントリーシートや面接対策等、転職でお困りのことがありましたら、ぜひコメント欄やお問い合わせ先へご連絡ください。

私の経験談や、指導・助言した成功者の例を基にお手伝いできることはお手伝いさせていただきます。

それでは最後まで読んで頂きありがとうございました。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よければシェアお願いします!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる