Uターン転職は30代でも成功できる?【まだ十分間に合います】

Uターン転職って30代からでも成功するの?

30代のUターン転職成功者の特徴や工夫を知りたい。

30代でUターン転職をお考えの場合、このような不安や疑問が出てくると思います。

この記事では、30代でのUターン転職の不安や疑問について紹介します。

この記事を読んでいただけると、30代のUターン転職の不安や疑問がなくなると思います。

とみぃ

・2010年:リーマンショック就職氷河期に就職

・2013年:第二新卒枠で転職活動も内定獲得ゼロ

・2016年:Uターン+未経験+高年収の転職成功

・自身の転職経験をもとに転職支援活動

・複数人の就職転職を成功に導いた実績あり

転職支援します
目次

Uターン転職は30代でも成功できる?

結論:成功できます。

成功できるんだね。安心した。

はい、ですが20代と比較すると年齢を重ねるごとに難しくなります。

なぜ?

30代は経験やスキルを活かした即戦力が要求されるからです。

20代の場合は、経験やスキルよりもポテンシャルを優先的に確認されます。

なので、多少経験やスキルが劣っていても、ポテンシャルで乗り越えられるのです。

20代のUターン転職に関しては、以下の記事で紹介していますので、ご参考ください。

30代前半と後半

30代は前半(30~34歳)と後半(35~39歳)で転職成功に差が生まれはじめます。

なぜ、差が発生するの?

あらゆる職場において30代は、仕事にもなれて、リーダー職やマネージメント職につくタイミングだからです。

・30代前半:転職後に経験を積む余裕も多少はあるため、スキルアップが見込めます。

・30代後半:経験を積んでいる間に周りはマネジメントスキルを身につけるなど、差が生じてしまいます。

企業としても、もちろん将来的にはマネジメント職など上位部への昇進も見越して採用する企業が多いです。

そんな中で、30代後半は職務の経験とマネジメントスキルの両者を身につけるには期間が短すぎると判断されます。

ですので、結果的に30代前半と後半では転職成功に差が生じるのです。

また、Uターン転職など地方では特に注意が必要です。

それは、終身雇用や年功序列が根強く残る企業が比較的多いことです。

終身雇用や年功序列を採用している企業は、経験やスキルではなく、年齢に応じて昇給が決まっていることが多いです。

つまり、新卒採用で入社した社員を重要視しています。

なので、30代で中途入社した場合、なかなか昇給できないこともあるということです。

最悪の場合は、30代であるということだけで、転職採用を受けられないこともゼロではありません。

Uターン転職の際は、このような古い文化が残っている企業もありますので、事前に十分確認する必要があります。

30代Uターン転職成功者の特徴や工夫

なるほどね。

30代でも十分成功できるというのは理解した。

じゃあ、実際に30代で転職に成功している人はどんな人?

はい、30代でUターン転職に成功した私自身の意見も合わせて回答します。

ここでは5つ紹介します。

・自分の経験を活かした転職を目指している

・年収にばかりこだわらない

・企業分析を徹底する

・志望動機が明確

・キャリアプランがしっかりしている

それぞれの詳細を説明します。

自分の経験を活かした転職を目指している

やっぱり経験やスキルは重要なんだね。

はい、上でも述べましたが、企業が30代の転職者に求めるものは即戦力です。

ですので、自身の経験やスキルを十分に発揮し、アピールすることが重要です。

そのためには、自分が持つスキルを今一度分析する必要があります。

自己分析は転職者なら当然のようにするんじゃないの?

はい、ですが30代の場合はより徹底して行うことをオススメしています。

理由は何度も言いますが、スキルは30代転職者にとって本当に大きな武器になるからです。

自己分析が苦手な方は、これまでの人生をすべて振り返りましょう。

どんな些細な経験やスキルでもいいので、書き出したのちの深掘りすると良いです。

それでも不安な場合は、友人や家族、または転職エージェント等に相談するのも良いでしょう。

とにかく自分がどんなスキル(武器)を持っているかを認識しておきましょう。

ほかに大きなアピールポイントになることってある?

はい、チームリーダーやマネジメントの経験があればぜひアピールしてください。

これは上でも述べましたが、30代の後半からはリーダーやマネジメントのスキルも要求される企業が多いです。

ですので、前職でリーダー経験があれば転職活動中には大きなアピールポイントになります。

経験やスキルを重視されるってことは異業種への転職は無理なのかな?

無理ではないですが、20代と比較するとかなり難しいです。

また、30代のでも年齢を追うごとに、だんだんと条件の良い異業種転職は難しくなります。

ですので、異業種転職をお考えの場合は、少しでも早く転職活動を行うことをオススメします。

年収にばかりこだわらない

やっぱり年収は下がるのかな?

はい、30代の転職の場合下がる可能性が高いです。

年収にこだわるなと言われても、やっぱり年収下がるのはいやだよね…

はい、気持ちはわかります。

ですが、転職時に提示されるのは目先の年収であることを忘れないでください。

30代であれば、入社後の努力次第で十分前職の年収を上回ることも可能です。

つまり、ご自身がなぜ転職をするのかを見失わないようにすることが重要です。

・年収をあげたい?

・キャリアアップしたい?

・Uターンで親元に戻りたい?

年収が下がるということだけで、転職の軸がブレてしまっては台無しです。

もちろん年収も大事な転職要素であることを間違いありません。

ですが、目先の年収だけで後悔のないように今一度ご自身の転職の軸について検討しましょう。

また地方に住むことで、都会と比較すると生活費が安く抑えられるケースもあります。

生活費、家族構成などを考慮し、事前にシミュレーションすることも重要です。

企業分析を徹底する

ん?普通に企業研究すればいいんじゃないの?

基本はそれでOKです。

ですが、より後悔のない転職を行うためには徹底した企業研究が必要です。

上でも説明しましたが、ご自身の転職の軸に沿った企業探しが必要です。

ですが、100%自分の企業にマッチする企業をご自身で見つけるのは非常に難しいです。

なので、転職エージェントの活用をオススメしています。

転職エージェントを活用することで以下のような情報を得ることができます。

・非公開求人の情報収集

・入社希望の企業への入社を手助けした経験のあるエージェントと会話

・入社希望の企業の直近の転生傾向

このような情報をご自身で入手するのはかなり難しいです。

しかも、これらの情報は必ず転職活動に役に立つこと間違いなしです。

私自身、転職活動の際には転職エージェントを活用しました。

そして、上であげた3つ全てを体験しており、実際に内定まで獲得できたという実体験もあります。

企業研究にやりすぎはないです。

ぜひ活用できるものは必ず活用して、有益な情報をより多く集めましょう。

オススメの転職エージェントを以下の記事で紹介しておりますので、ご参考ください。

志望動機が明確

志望動機が曖昧だと良くないってこと?

はい、企業の面接官がこの人となら一緒に働きたいと思えるような志望動機が必要です。

Uターン転職者の多くが持っている動機の「地元に戻りたいから」はあくまでプライベートの話です。

つまり、企業はあなたのプライベートな理由ではなく、なぜこの企業を選んだのかを知りたいのです。

さらにいうと、30代にはスキルや経験を活かして即戦力として働いて欲しいという願望があります。

ですので、今持っているスキルや経験をどう活かして貢献してくれるのかをいけるかがポイントです。

例を挙げます。

私は現職6年間でプログラミングスキルを身につけ、〇〇というシステムを構築し会社の売り上げ20%アップに貢献しました。

この現職で得られたスキルと経験を持って、御社の〇〇という新規システム開発に貢献する自信があります。

このように具体的なスキルや貢献できるという明確な理由を数値を交えて話すと伝わりやすいです。

以上のように、ただ地元に戻りたいだけではなく、企業への貢献も志望動機に交えると効果的です。

志望動機に関しては、以下の記事でより詳しく説明していますので、ご参考ください。

キャリアプランがしっかりしている

キャリアプランはなかなか転職者が考えるのは難しいのでは?

はい、確かに難しいのは事実です。

ですが、難しいキャリアプランをしっかりと持ってくる転職者と持ってこない転職者では印象が全く異なります。

キャリアプランをたてていない転職者には、なんとなくきて、なんとなく在籍したいと思っている。と極端に思われることもあるかもしれません。

一方で、キャリアプランをたててきている転職者には、仕事にもきちんと向き合い、企業と自分の成長が描けているという好印象も持ってもらえます。

また自分でどうしてもキャリアプランを考えるのが難しい場合は、ここでも転職エージェントの活用をオススメします。

自分が歩んできた人生や価値観、経験などを参考にキャリアプランを一緒に考えてくれます。

1人で悩む時間も重要ではありますが、時間は有限なので、ある程度で見切りをつけて、第三者へ依頼する判断力も大事です。

また、キャリアプランは企業側に選んでもらう際だけではなく、ご自身が企業を洗濯する際にも重要です。

自分が描いているキャリアプランを本当に成し遂げることができる企業なのかどうかを事前に見極める必要があります。

企業分析の際に合わせて考えると非常に有益な企業分析になります。

まとめ

以上、30代のUターン転職成功の可能性について紹介しました。

30代の転職はラストチャンスとよく言われます。

プレッシャーに感じることもあるかもしれませんが、私はその名の通りチャンスと思っています。

自身のスキルや経験を存分にアピールし、自分のキャリアプランにそった企業選びができるチャンス。

自身の思い描く目標に向かって、チャンスと思い頑張ってください。

エントリーシートや面接対策等、転職でお困りでしたら、コメント欄やTwitterのDMへご連絡ください。

私の経験談や、指導・助言した成功者の例を基にお手伝いできることはお手伝いさせていただきます。

それでは最後まで読んで頂きありがとうございました。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よければシェアお願いします!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる