Uターン転職は20代でも成功する?【成功への秘訣を大暴露】

Uターン転職って20代でも成功するの?

30代になってから転職活動した方が良いのかな?

20代でのUターン転職の注意点とかあれば知りたい?

結論から述べますと、20代でも全く問題ありません。

むしろ、20代でのUターン転職はチャンスです!

転職市場では、20代のような若手は若さという武器だけで、市場価値は高い傾向にあります。

ですので、転職を行う際には第二新卒など若さを十分に活かした転職をオススメしています。

第二新卒の転職については、以下の記事でやり方から不安点などさまざまなことを詳細まで紹介しています。

とはいえ、20代でUターン転職をお考えの場合、このような不安や疑問が出てくると思います。

この記事では、20代でのUターン転職の不安や疑問について紹介します。

この記事を読んでいただけると、20代のUターン転職の不安や疑問がなくなると思います。

とみぃ

・2010年:リーマンショック就職氷河期に就職

・2013年:第二新卒枠で転職活動も内定獲得ゼロ

・2016年:Uターン+未経験+高年収の転職成功

・自身の転職経験をもとに転職支援活動

・複数人の就職転職を成功に導いた実績あり

転職支援します
目次

Uターン転職は20代でも成功する?

結論:成功します。

20代は仕事に対するポテンシャルや意欲が高いため、転職には有利に働くからです。

若さは通常の転職ではよく言われる話ですが、Uターン転職でも十分に活きてきます。

逆にいうと、ポテンシャルや意欲は20代なら当然持っているだろうという目で面接官からは見られます。

なので、転職のライバルに差をつけるためには、スキルや経験を磨く必要です。

企業が20代の転職者に求めるものに関しては、以下の記事で紹介しておりますので、ご参考ください。

以上のように、20代はまだまだこれから将来が永い人材です。

なので、転職としては非常にオススメの人材です。

つまり、Uターン転職の場合でも、20代は非常に成功する確率が高いです。

20代でUターン転職をオススメする理由

なるほどね。

若いとポテンシャルが高いから転職に有利であることはわかった。

ほかに、20代のてUターン転職でおすすめする理由ってある?

はい、いくつかありますが、ここでは3つ紹介します。

・20代は地方であっても仕事の選択肢が多い

・20代は地方であっても年収が上がる可能性がある

・結婚前にUターン転職することでライフプランがたてやすい

それぞれ詳細を説明します。

20代は地方であっても仕事の選択肢が多い

なぜ、20代は仕事の選択肢が多いの?

はい、ここではその理由を3つ紹介します。

・ポテンシャルが高いから

・地方は少子高齢化がより顕著に進んでいるから

・異業種にも挑戦可能だから

それぞれ簡単に説明します。

ポテンシャルが高いから

これは先ほど述べた内容と一緒です。

どの会社も若い世代の人材確保を望んでいるからです。

理由は上でも述べましたが、ポテンシャルの高い人材はどこからでも欲しがられるからです。

地方は少子高齢化がより顕著に進んでいるから

2021年3月時点では、少子高齢化が日本の大きな問題となっております。

都市圏ももちろんですが、地方圏ではそれがより顕著と言われています。

つまり、地方では若い世代が都市部へ移住し就職するため、若手の人材不足に陥っているケースが多いです。

なので、地方の企業からは20代の若い世代の人材はより好まれるのです。

異業種にも挑戦可能だから

20代はキャリアよりのポテンシャルをより重視されます。

まだまだキャリアを積むことができる期間が長いので、採用枠に入ってくるのです。

つまり、経験を積んでいない異業種転職に対しても、30代以上よりも有利に働きます。

以上のように、20代は非常に転職面で優遇される傾向にあるのです。

20代は地方であっても年収が上がる可能性がある

ん?転職って基本的には年収が下がるって聞いたけど…

はい、基本的は下がるか横ばいが多いです。

ですが、これはあくまで転職市場全体で見た場合のデータです。

ある調査では以下のような結果が出ておりました。

・20代:約60%(年収が上がった、ほぼ同じ)

・30代:約40%(年収が上がった、ほぼ同じ)

いかがでしょうか?

20代は約60%が年収が上がった、もしくはほぼ同じの年収なのです。

このデータからも年収が下がることなく、むしろ上がる可能性も十分にあることがわかると思います。

年収関連の記事は以下の記事で紹介しております。

20代の場合

20代で、約60%の人が年収が同等以上の理由は、スキルや経験にあります。

20代で身に付くスキルや経験というものは、それほど大きいものではなく、比較的価値がありません。

一般的によく言われる年収は業界や職種で決まっているというポイントに依存します。

つまり、前職がどんな業界で、転職先がどんな業界なのかで年収の差が発生するのです。

30代の場合

30代になると、スキルや経験に価値が生まれますので、業界や職種だけでは年収は決まりません。

当然、もとものその企業で働いていた社員のほうがスキルや経験が高いです。

なので、途中から入ってきた30代の転職社は経験やスキルに差があるので、年収は低くなるのです。

以上のように、20代はスキルや経験に大きな価値がないため、業界や職種で年収が上がる可能性があります。

転職=年収下がるといった概念が一人歩きしていますが、状況に応じて注意が必要です。

ちなみに私は30代前半で異業種のUターン転職を行いましたが、最初は年収が下がった内容で提示されました。

ですが、転職エージェントに交渉をしていただき、前職と同じ年収まで引き上げていただきました。

結婚前にUターン転職することでライフプランがたてやすい

独身のうちは基本的に自分1人のことだけ考えればいいので、ライフプランが楽だからです。

逆に、結婚をして子どもが生まれてとなると、考えなければいけないことが倍増します。

Uターン転職は地方にいくということになりますので、これまでの生活が一変する可能性があります。

Uターン転職によるデメリットなどを以下の記事で紹介していますので、ご参考ください。

つまり、20代の若いうちで結婚や出産がまだの段階の方がUターン転職には最適です。

もし20代の若いうちで結婚出産も経験されているのであれば、お子様が小学生になる前が良いかと思います。

小学校の変更は転校を伴いますので、子どもにとっては大きな負担やストレスになってしまうからです。

20代でUターン転職する際の注意点

なるほど。

結論として、20代はとにかく迷わずどんどん転職って感じだね。

はい、転職に関しては、積極的に行動することは賛成です。

ですが、注意も必要です。

ここでは3つの注意点について紹介します。

・ライバルが多い

・年収が下がることもある

・転職理由がネガティブ

それぞれ詳細を説明します。

ライバルが多い

この記事では、20代の転職がオススメと紹介してきました。

つまり、20代で転職を考えている人は多いので、結果的にライバルが増えることになります。

2019年度のデータによると、30歳前後の転職率はここ10年で最大と報告されています。

このようにオススメではありますが、ライバルが多くなるということも念頭に置く必要があります。

また、2021年3月現在では、新型コロナウイルスの影響もありリモートワークが盛んになってきております。

都心にいなくても、パソコンひとつで仕事や会議に参加できる時代です。

つまり、今後生活水準をさげるために地方へ移住する若い世代が増えることが予想されます。

ですので、Uターン転職者のライバルも増えることが予想されるのです。

年収が下がることもある

あれ?さっき20代は上がるって言ってなかった?

上がる可能性があるとは言いました。

ですが、絶対に上がるとはいっていません。

つまり、下がる可能性も十分にあることを認識しておいてください。

特に注意が必要なのは未経験は採用された場合です。

先ほど、20代であれば異業種への転職も十分可能と説明しました。

20代とはいえやはり未経験は未経験なので、経験者と比較するとどうしても年収は下がる傾向にあります。

ですが、20代という若さから今後の頑張り次第では十分に他の方よりもスキルや経験を積むことは可能です。

つまり、年収をどんどん上げていくことができる可能性を秘めているということです。

目先の年収よりも、自分が何をしたいのかや、将来のライフプランに目を向けることをオススメします。

また、同時に仕事に対して何が一番重要なのかを十分に考えましょう。

・キャリア

・年収

・働きやすさ

それぞれの重要項目に対して何を対策すればいいのかも事前に考えておくと、年収に対する考え方も変わるかもしれません。

転職理由がネガティブ

20代はとにかくポテンシャル採用だと何度も紹介しました。

なので、面接官もポテンシャルが高いことが前提で書類審査嫌面接を行います。

そんな中で、転職理由にネガティブなことが記載されていたらかなり不利になります。

理由は単純で、転職者が後ろ向きな人間と捉えられるためです。

もちろんいろいろな理由で転職される方がいらっしゃるので、転職理由に関しては強くいえません。

ですが、面接する立場に立つとその人の前職のネガティブは関係ありません。

たとえ、ネガティブば転職理由であってもポジティブに捉えてもらえるような内容に変更するなど、工夫が必要です。

そのような書類選考や面接に対する対策については、転職エージェントに相談することで解決することが多いです。

私自身、志望動機やUターン転職の面接などで、本当にさまざまなアドバイスをいただけました。

オススメの転職エージェントに関しては、以下の記事で紹介しておりますので、ご参考ください。

まとめ

以上、20代のUターン転職成功の可能性について紹介しました。

20代はポテンシャル採用が基本ですので、異業種へのチャレンジも十分可能です。

ですが、ライバル増加や年収の低下などデメリットが存在することも事実です。

ご自身がUターン転職に対してい何を求めるかを今一度確認しましょう。

エントリーシートや面接対策等、転職でお困りでしたら、コメント欄やTwitterのDMへご連絡ください。

私の経験談や、指導・助言した成功者の例を基にお手伝いできることはお手伝いさせていただきます。

それでは最後まで読んで頂きありがとうございました。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よければシェアお願いします!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる