高卒者の転職におすすめの業種は?職種は?【わかりやすく徹底解説】

高卒者でも転職しやすい業種があるの?

高卒者にオススメの職種があれば知りたいな。

高卒者が転職しやすいオススメに業種や業界はあります。

高卒者が転職の際に気にされるのが「学歴」です。

転職サイト等の求人情報を見ても「大卒以上」という項目はよく目にされると思います。

「学歴は不要です」とは言い切れないのが今の日本の現状ですが、対策は十分可能です。

学歴については以下の記事で詳しく紹介しておりますので、ご参考ください。

そんな様々な不安をお持ちの高卒者にオススメする業種や職種を紹介します。

この記事を読んでいただければ、業種や職種に悩まれている方の参考になります。

とみぃ

・2010年:リーマンショック就職氷河期に就職

・2013年:第二新卒枠で転職活動も内定獲得ゼロ

・2016年:Uターン+未経験+高年収の転職成功

・自身の転職経験をもとに転職支援活動

・複数人の就職転職を成功に導いた実績あり

転職支援します
目次

高卒者も採用されやすい業種7選

まずは高卒者も採用されやすい業種を7つ紹介します。

採用されやすいポイントも紹介しますので、イメージつきやすいと思います。

ご自身の性格や状況に応じた業種選びの参考にしてください。

・サービス業

・IT業

・介護・福祉業

・建設業

・運送・旅客業

・保険業

・公務員

それぞれ詳しく紹介します。

サービス業

まずはサービス業です。

高卒者も転職しやすい理由は「学歴が重視されないから」です。

冒頭でも述べましたが、高卒者で学歴にコンプレックスがある方はとても多いです。

そんな中で学歴を重視されないサービス業はオススメできる業種の一つです。

サービス業をオススメできる人は…
・コミュニケーション能力に自信がある方
・自分の興味や好きなことを仕事にしたい方
・人との接客が好きな方

サービス業は人と接する仕事が多いので、コミュニケーション能力は必須です。

また多くのサービス業が存在するので自分の趣味に合わせた場所で働くなど、幅広い選択が可能ということもポイントです。

IT業

次にIT業です。

高卒者も転職しやすい理由は、「未経験者でも積極的に募集しているから」です。

IT業の発展は日々目まぐるしく進んでおり、人材が足りない業種の一つです。

IT業をオススメできる人は…
・未経験から働きながらスキルを身につけたい方
・実力主義の業界で自分を評価してもらいたい方
・将来独立を目指している方

人手不足ということもあり未経験で採用し、働き泣きながら育成する会社は少なくありません。

また、評価自体も実力によって決まるので、努力次第で報酬や成長を得ることが多いです。

介護・福祉業

次は介護・福祉業です。

高卒者も転職しやすい理由は、「実務経験で資格取得が可能のため」です。

昨今の高齢化により人手不足が問題視されている業界の一つです。

介護・福祉業をオススメできる人は…
・体力や力仕事に自信がある方
・人に感謝される仕事をしたい方
・人のためになる仕事をしたい方

体力や力を要する介護・福祉業においては若手人材の需要が高いのもポイントです。

建設業

次は建設業です。

高卒者も転職しやすい理由は、「学歴よりも体力を重視されるから」です。

建設業をオススメできる人は…
・体力や力仕事に自信がある方
・働きながらスキルや経験を積みたい方
・働いた結果を形にして見たい方

現場職では体力や力仕事が求められるので、若い人材のニーズは高いのが特徴です。

また力仕事ということもあり、日本の高齢化影響で人材不足の問題が起きています。

運送・旅客業

次は運送・旅客業です。

高卒者も転職しやすい理由は、「学歴を重視されないから」です。

運送・旅客業をオススメできる人は…
・普通運転免許は持っている方
・長距離運転等も苦ではない方
・体力に自信がある方

長距離ドライバーなどをイメージしていただけるわかりますが、体力が必要です。

一方で、シフトをたくさん入れるなど、ご自身の努力次第で収入アップも見込めます。

保険業

次は保険業です。

高卒者も転職しやすい理由は、「学歴よりも人脈を重視されるから」です。

保険業をオススメできる人は…
・様々な分野に多くの人脈がある方
・人にサービスを売ることに抵抗のない方
・ノルマ等を苦に感じない方

保険業も学歴を重視されていないため、未経験を歓迎する求人が多いのが特徴です。

基本的な仕事は顧客の獲得なので、自身の人脈をいかすことができれば出世も十分可能です。

公務員

最後は公務員です。

高卒者も転職しやすい理由は、「公務員試験を合格すれば良いだけだから」です。

公務員をオススメできる人は…
・年齢制限に達していな方
・公務員試験を苦に感じない方
・安定した給与を得たい方

公務員は試験勉強は必須ですが、書類のみの判断ではないので、大卒者とも勝負しやすい職業です。

また決して給与水準は高くないものの、安定した給与をもらえるという点はメリットになりえます。

高卒が転職しやすい職種3選

ここまで高卒者が転職しやすい業種や業界をしました。

ここからは転職しやすい職種を3つ紹介します。

業種や業界とあわせて参考にしてみてください。

・営業職

・事務職

・技術職

それぞれ詳しく紹介します。

営業職

まずは営業職です。

企業の商品やサービスを顧客へ買ってもらえるよう紹介ややり取りを実際に行う職種です。

営業職はあらゆる業界や企業に存在する職種の一つです。

つまり、需要は非常に多いことがわかると思います。

営業はどういう評価のされ方をするの?

また、営業職は物やサービスの売上によってその人の評価が決まることが多いです。

ですので、たとえ高卒者でもしっかりと成果を出せば、大卒者に負けることはありません。

例え扱う商品やサービスの専門知識がなくとも、実務上で実務上で覚えていけば問題ありません、

ですので、未経験者でも採用されるケースは珍しくありません。

事務職

次は事務職です。

事務職は、パソコン業務や電話対応、来客対応などを行う職種です。

事務職も営業職同様に多くの会社が必要とする職種の一つです。

ですので、需要は非常に高いと言えます。

事務職にはどんなスキルが必要なの?

事務職の多くは、社内外問わずの多くの人とやりとりする必要があるので、最低限のコミュニケーション能力が必要になります。

また、多くの場合パソコンを使用した事務作業があるので、パソコンが使えるとなお良いです。

ですが、たとえパソコン作業が未経験でも、実務でスキルや経験を積むことで十分対応は可能です。

技術職

最後に技術職です。

技術職は、技術的なスキルを用いて、問題解決をしたり新製品の開発を行うような職種のことです。

技術食とひとくくりしては、大さっぱですが、プログラマーなどは比較的にイメージしやす仕事かもしれません。

プログラマーは身につけたプリグラミングにスキルを用いて、新しいプログラムを作成したり、プログラムの不具合を改善したりする仕事です。

技術職って高いスキルを要求されそうだけど、本当に転職しやすいの?

技術職が転職しやす職種に挙げられて意外に感じた方も多いかもしれません。

確かに技術職はスキルや経験が他の職種と比較しても高いレベルが要求されます。

ですが、技術職は常時人材不足と言われており、非常に需要の高い職種です。

ですので、SEやプログラマーは実際に働きながらスキルを身につけさせるといった人材育成方法を採用している企業が多く、意外にも未経験でも採用されるケースが多いです。

また、そこで身につけたスキルや経験は一生物なので、磨けばキャリアアップ転職も十分に可能です。

プログラミング以外にも工場の生産ラインに入って、商品の取り扱いや装置の管理なども技術職の一つです。

これらの技術職も生産ラインや生産工程自体ががマニュアル化されていたり自動化されていることが多いため、苦労することはないです。

まとめ

高卒者も転職しやすい業種を7つと職種を3つ紹介しました。

現在の日本においては、高卒者の転職は決して簡単な物ではありません。

ですが、知っているだけで内定獲得の確率を上げることができる情報はたくさんあります。

今回紹介しました内容もその一つに該当しますので、ぜひ参考にしてください。

高卒者であっても転職に成功している方をたくさん見てきています。

ぜひ納得の転職ができるまで諦めず挑戦してください。

エントリーシートや面接対策等、転職でお困りのことがあれば、コメント欄やお問い合わせ先へご連絡ください。

私の経験談や、指導・助言した成功者の例を基にお手伝いできることはお手伝いさせていただきます。

それでは最後まで読んで頂きありがとうございました。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よければシェアお願いします!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる