新入社員の転職はリスクが高い?【知っておかないとヤバイ!】

新入社員だけど、転生しようか迷ってる…

新入社員で転職はリスク高いって聞いたけど本当?

新入社員の転職で注意すべきポイントはある?

今の時代、新入社員でも転職を考えるのは当たり前の時代になってきました。

理由としては、終身雇用崩壊やリモートワークの普及によるものです。

親世代では考えられなかったような、労働に関する市場の変化が起こっているのです。

しかも、急激な変化です。

このような変化を就職活動中からいち早く危機感と捉え、転職を意識した新入社員が急増しています。

実際に大手転職サイトの調査によると、新入社員の登録者が10年前と比較して約30倍まで増えてきていると言うデータがあるようです。

「なので、みなさん今すぐに転職しましょう!!」

このように言っているわけでは無いので、ご注意ください。

社会に出たばかりの新入社員が転職することにはリスクも伴います。

そのリスクを考慮せずに転職すると後々後悔することになることも。

この記事では、新入社員の転職リスクに関して紹介します。

リスクを知った上で転職することで、より良い転職活動ができると思います。

一点補足すると、転職には今回紹介するリスクがあります。

ですが、転職活動にはリスクはありません。

ですので、転職エージェントへの登録、転職に関する情報収集など今できることから少しずつ進めましょう。

新入社員、第二新卒など若手の方にオススメの転職エージェントを以下の記事で紹介しています。

転職エージェントでは以下のようなことを無料で支援いただけます。

・年収アップ交渉

・面接練習、書類添削

・非公開求人の紹介

転職活動を行うにあたって、登録しないと言うては無いと思います。

新入社員は社会について色々不明点も多いと思いますので、そこはプロに任せましょう。

転職エージェントに登録することが、転職活動への大きな1歩になります。

目次

新入社員が転職するリスクは?

みなさんは新入社員の転職リスクが思い浮かぶでしょうか?

意外と考えだすと難しいかもしれません。

ここでは3つの転職リスクについて紹介します。

どれもとても重要なリスク内容です。

自分のケースと照らし合わせて、事前に確認してみてください。

・早期退職の経歴が残る

・退職の癖がついてしまう

・スキルや経験の機会損失

それぞれ詳細を紹介します。

早期退職の経歴が残る

みなさんは就職活動の際に学歴などを企業へ提出しましたよね?

初対面のあなたが企業側はどんな人か分からないので提出します。

社会人になると、学歴が職歴へと変わります。

あなたがこれまでにどのような企業経験があるか記載されます。

多くの場合、その職についていた期間も記載する必要があります。

もし、あなたが企業側の立場に立って、新卒入社後すぐにやめた職歴がある人が面接に来たらどう思いますか?

多くの面接官がは以下のように思うはずです。

「この人はまたすぐに会社をやめるかも」

これは早期退職の最大のリスクといっても過言ではありません。

すぐ辞めそうな人を企業も採用したくはありませんよね。

なぜなら人の採用には多くのお金と人の働きが必要なためです。

え?じゃあ、新入社員で転職って無理じゃない?

正直簡単ではありませんが、対策は十分に可能です。

次の項目の転職成功のポイントで詳細を紹介しますが、転職の軸をしっかり持つことです。

退職の癖がついてしまう

転職は一度成功すると、良くも悪くも自信がつきます。

「この会社でうまくいかなければ、別の会社に行けばいいや」

こんな感じの自信です。

ポジティブに捉えると、この変化の大きい世の中で生きにくためには良い自信です。

一方、ネガティブに捉えると、「嫌なことあったら、辞めよう」という逃げの自信になります。

退職って社会や会社からの逃げって判断されるのかな?

私は転職は逃げだとは思っていません。

転職の逃げに関しては、以下の記事で紹介しています。

ですが、少し嫌なことで会社を転々とすると、得られるスキルや経験も積めないので、キャリア形成が難しいです。

また上の内容と重複しますが、短期退職の経歴も蓄積されるので注意が必要です。

スキルや経験の機会損失

社会人になると学生時代には経験しないようなスキルや経験を積みながら、成長します。

その中には、新入社員時代に身につけるべき最低限のビジネスマナーも存在します。

新入社員や第二新卒など若手の転職の場合は、最低限のビジネスマナーは身につけておいてほしいと言うのが、企業側の要求になることが多いです。

なぜなら、ビジネスマナーを知らない転職者は新卒社員と変わらないからです。

ビジネスマナーは本や動画で学ぶこともできます。

ですが、やはり実際の現場で学ぶ方が、次の職場でも活かすことができる内容になることが多いのです。

新入社員が転職成功させるためのポイント

思っていた以上に転職リスクがあることにビックリ。

でも、リスクを十分理解した上で、転職挑戦したいからポイントが知りたい。

ここでは、新入社員が転職成功させるためのポイントを3つ紹介します。

・転職の軸を明確にする

・第二新卒枠を利用する

・転職エージェントを利用する

それぞれ詳細を説明します。

転職の軸を明確にする

突然ですが、転職の軸持っていますか?

もしも回答が「No」の場合は、注意が必要です。

転職の軸とは、転職において何を重視するかと言うことです。

・キャリアアップ

・年収アップ

・やりがい

すべて立派な転職の軸に該当します。

何を言いたいかと言うと、「なんとなく転職したい」って思っていないですよね?と言うことです。

会社側の面接官の気持ちになってみてください。

「なんとなく転職したいと思ったので、御社を受けに来ました」

こんな人採用したく無いですよね?

ちゃんとした転職の軸を持っている人は、新入社員や第二新卒であっても転職に強いです。

どんな転職ん軸があって、どん志望理由があって、転職することを決めたのか?

ここは確実に自問自答して、考えを固めてから転職活動しましょう。

第二新卒枠を利用する

転職業界には第二新卒という枠が存在します。

第二新卒とは、新卒入社から3年程度以内に転職する場合の枠のことです。

なぜ、第二新卒枠で転職活動するのが良いの?

第二新卒は需要が高いためです。

転職において、若さは武器です。

一般的に、年齢を重ねるごとに転職の難度は高まると言われています。

貴重なチャンスを逃さないように、第二新卒枠は有効活用しましょう。

第二新卒新卒に関しては、以下の記事紹介しております。

転職エージェントを利用する

最後は王道ですが、転職エージェントの活用です。

冒頭部分でも述べましたが、道なことが多い転職業界ではプロに任せるのが1番です。

私自身、2度目の転職活動の際には複数者に登録しました。

徐々に自分に合った転職エージェントに絞り、最終的に第一希望の企業へ就職できました。

自分1人では確実に内定は獲得できなかったと思っています。

大袈裟ではなくて、転職活動において、転職エージェントの存在は本当に心強いです。

まずは無料で登録するところから始めてみましょう。

オススメの転職エージェントを以下の記事で紹介しております。

また、転職エージェントへの相談内容については、以下の記事で紹介しております。

まとめ

新入社員の転職リスクと成功のポイントについて紹介しました。

リスクが伴うことは変えられない事実なので仕方ありません。

です、そのリスクを知っているか知らないでいるかでは大きな差が生まれます。

リスクを十分理解した上で、転職活動を進める決意をされた方は、ぜひ全力で挑戦してください。

転職活動の経験は必ず今後のキャリアアップにおいて役に立ちます。

エントリーシートや面接対策等、転職でお困りのことがあれば、コメント欄やお問い合わせ先へご連絡ください。

私の経験談や、指導・助言した成功者の例を基にお手伝いできることはお手伝いさせていただきます。

それでは最後まで読んで頂きありがとうございました。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よければシェアお願いします!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる