Uターン転職の相談内容は?【誰もが悩む相談内容を徹底解説】

そもそも誰に相談すればいいのかな?

Uターン転職の相談ときは、どんなことを相談すればいいんだろう?

Uターン転職をお考えの場合、このような疑問が出てくると思います。

Uターン転職の相談相手については、以下の記事で詳しく説明しておりますので、ご参考ください。

結論としては、転職エージェントに相談することをオススメしています。

この記事では、Uターン転職の際の相談相手とその内容や注意点について紹介します。

この記事を読んでいただけると、Uターン転職の相談に関する疑問がなくなると思います。

とみぃ

・2010年:リーマンショック就職氷河期に就職

・2013年:第二新卒枠で転職活動も内定獲得ゼロ

・2016年:Uターン+未経験+高年収の転職成功

・自身の転職経験をもとに転職支援活動

・複数人の就職転職を成功に導いた実績あり

転職支援します
目次

Uターン転職の相談内容は?

Uターン転職の相談相手は転職エージェントでOKなのはわかった。

じゃあ実際にどんなことを伝えればいいの?

転職エージェントへの相談内容に関しては多くの質問をいただきます。

ここでは5つの相談内容に絞って紹介します。

私の体験談も交えて紹介します。

・自己紹介

・転職理由

・希望条件

・将来の目標

・他の転職者との違い

それぞれ詳細を説明します。

自己紹介

ん?相談するのに自己紹介するの?

はい、まずは自分のことを相手に知ってもらいましょう。

だって、相手はあなたのことを全く知らないからです。

相手のことを知らずに詳細な相談は乗れませんよね。

なるほどね。

転職エージェントに対してどんな自己紹介をすればいいの?

はい、ここでは特に重要な3つを紹介します。

・経歴

・スキル

・経験

それぞれ簡単に紹介します。

経歴

まずは、あなたがどのようにここまで歩んできたのかを伝えましょう。

・前職でやっていた仕事内容

・学生時代に勉強してきた内容

・バイトやパートでやってきた内容

これらを伝えることで、あなたに最適な職種のヒントになるかもしれません。

私の場合は、仕事内容や大学時代に専攻していた科目を中心に伝えました。

相手がプロということもあり、ざっくばらんにリラックスして相談できました。

スキル

これまでに身につけたスキルついて伝えましょう。

以下のような資格などがあればもちろん伝える必要があります。

・TOEIC:900点

・簿記2級

・宅地建物取引士

ですが、前職で身につけたマニアックなスキルも細かく伝えた方がよいです。

そのような小さなスキルでも転職の際には大きなアピールポイントになることが珍しくないからです。

私の場合は、運転免許くらいの資格しかなく、特に大きなスキルはありませんでした。

ですが、前職時代にパソコンを触ることは多かったので、WordやExcelなど一通りのOffice作業。

また前職時代に身につけた知識やスキルを公開できる範囲で細かく伝えました。

その中で自分ではまったく気にしていなかったスキルが業界的には珍しいと見つけてもらいました。

このような新たな発見があるので、小さくても自分のスキルは相談することをオススメします。

経験

とはいえ、あんまり自慢できるようなスキルないんだよね…

はい、スキルがなくても大丈夫です。

あなたがこれまでの人生で得た経験を伝えるだけでも問題ありません。

難しく考えずに、自身が得意なことや好きなことなどを伝えるでOKです。

得意なことや好きなことも、職種選びのヒントになるからです。

私の場合は、ずっとスポーツを続けてきていて、集団で何かを成し遂げることが好きでした。

またその集団の中でもリーダーとして活躍する場面も何度かあったので、そこもアピールしました。

転職理由

転職理由に関しては、実際に企業面接の際にも質問される場合があります。

ですので、あらかじめ転職エージェントに共有しましょう。

企業に伝えることをなぜ事前に転職エージェントに伝える必要があるの?

あなたの転職理由が企業にとってマイナスイメージのものだった場合。

あなたの採用に関して不利に働くことがあるからです。

例えばどんな転職理由?

例を3つあげます。

・仕事内容が自分にあっていなかったから

・嫌いな上司がいたから

・全然昇格できなかったから

いかがでしょうか?

これらの転職理由を企業側が聞いてどう思うか想像できますか?

・ここの仕事も合わないと判断したら、すぐやめちゃうのかな?

・嫌いな上司や同僚がいたらやめちゃうのかな?

・昇格が少しでも遅かったら辞めちゃうのかな?

このようにマイナスのイメージを持たれることがほとんどです。

転職理由というのは、面接官が自分の企業へ置き換えて考えるため非常に重要です。

あらかじめ転職エージェントに伝えて、企業へ伝える内容を事前に確認しましょう。

私の場合は、Uターン転職で地元に戻りたいことを正直に伝えました。

私としては、この転職理由を企業へも伝えようと思っていました。

ですが、相談した際に地元に帰りたいだけでは志望理由として弱いという指摘を受け、変更することになりました。

このように過去の多数の事例をもとに修正やアドバイスをもらえるのです。

Uターン転職の志望理由に関しては、以下の記事にまとめていますので、ご参考ください。

希望条件

転職活動開始段階で、職種や業界に希望があれば早めに伝えましょう。

転職エージェントもそれにそった求人を提案しやすくなるからです。

ん〜そもそも自分に何が向いているかわかってないから何も決めてない…

はい、それでも全然大丈です。

むしろ、そういう方が多いのも事実です。

希望職種や業界も転職エージェントと相談しながら決めていくので、全く問題ありません。

ですが、実現できるできないは置いておいて、少しでも気になる職種や業界があるなら伝えましょう。

また、Uターン転職に特化した質問としては、どこの地域までOKか伝えることも重要です。

どういうこと?

Uターン転職なので、おそらく特定の地方に転職したいという希望だと思います。

ですが、その地方が小さくあまり求人がない場合もあります。

その際に少しでも許容範囲をひろげることで、求人情報が増えます。

なので、あらかじめどこの地方(となり街まで?となりの県まで?)までOKかを伝えましょう。

私の場合は、Uターン転職で地元の市に住むことが最も理想でした。

ですが、求人が少ないことが理由で、相談した際に地域の拡大をオススメされました。

結果的に範囲を広げて地元のとなり街で企業を見つけて、地元の市に住むというスタイルを取りました。

このあたりは各個人の考え方の違いだと思うので、必ず相談することをオススメします。

将来の目標

今の仕事を決めたいのに、未来のことまで相談しなきゃいけないの?

はい、将来まで見通しを立てることで、プランをたてやすくなるためです。

難しいので、例を挙げます。

・前職で身につけた経験を活かして、Uターン転職で地方を活性化できるような仕事に就きたい

・中小企業でプログラミングの知識をつけて、将来的には大手企業で働きたい

・大手企業でマーケティングのスキルを身につけて、将来的にはフリーランスとして働きたい

このように次の転職先があなたの将来にとってどういう位置付けになるのか?

転職エージェントに相談することで、求人情報の絞り込みに重要な情報になります。

なんとなくは思い描けるけど、上の例みたいに詳しくは描けない…

もちろん詳しく描けることに越したことはないですが、ざっくりでもOKです。

将来像についても、転職エージェント相談したら、転職活動を実際に行うことで見えてきます。

全く焦ることはないので、描ける範囲で転職エージェントに伝えましょう。

私の場合は、Uターン転職と合わせて、スキルアップ転職したいという将来像がありました。

なので、前職で身につけたスキルを相談し、自分のスキルを活かして、スキルアップできる企業を相談しました。

結果的に、理想とする企業に入社できたので、相談時点である程度決まっているのであれば、伝えましょう。

他の転職者との違い

他人の相談のことなんか聞いてどうするの?

自分に足りないことを補うヒントになるからです。

転職エージェントは多数の転職希望者をみてきています。

もちろん成功した人、失敗した人たくさんを担当してきているはずです。

もちろん成功している人や失敗している人がすべて共通かというとそういうわけではありません。

ですが、ある程度共通しているような点もあるはずです。

・Uターン転職の場合は、地域に対する熱意がある人が合格しやすい

・コミュニケーション能力が高い人が合格傾向にある

・将来像が曖昧な人は不採用傾向にある

このような傾向があるかもしれません。

鵜呑みにするのはよくないですが、参考程度に相談することは決して悪いことではありません。

私の場合は、Uターン転職だったので、他の通常の転職者との違いを聞きました。

その際には、やはり地方は都会と比較して求人数が少ないのでかなり難しいということ。

また、決まらなかった場合は、都会就職として転職活動を続けるかなど、親身になって考えてくれました。

まとめ

以上、Uターン転職の転職エージェントとの相談内容について紹介しました。

転職エージェントを初めて利用される方は未知の世界なので、不安かと思います。

ですが、転職エージェント側も良い転職のために一緒になって努力してくれます。

なので、基本的には信じて包み隠さず相談することをオススメしています。

まずは無料登録して、気軽に相談してみることから始めましょう。

エントリーシートや面接対策等、転職でお困りでしたら、コメント欄やTwitterのDMへご連絡ください。

私の経験談や、指導・助言した成功者の例を基にお手伝いできることはお手伝いさせていただきます。

それでは最後まで読んで頂きありがとうございました。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よければシェアお願いします!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる