Uターン転職の相談相手はだれがいいの?【相談相手を完全解決】

Uターン転職って誰に相談したらいいの?

Uターン転職の相談するとき、相談してはいけない相手っている?

Uターン転職を始めようと思っている方の中にはこのような疑問や不安をお持ちの方も多いと思います。

私自身、5年ほど前にUターン転職で地方に転職を行いました。

当時は相談できる相手もおらず、上のような疑問や不安をもったまま転職活動を行っておりました。

この記事では、Uターン転職の相談相手について紹介します。

この記事を読んでいただければ、Uターン転職の相談相手に関する悩みや不安が解決すると思います。

とみぃ

・2010年:リーマンショック就職氷河期に就職

・2013年:第二新卒枠で転職活動も内定獲得ゼロ

・2016年:Uターン+未経験+高年収の転職成功

・自身の転職経験をもとに転職支援活動

・複数人の就職転職を成功に導いた実績あり

転職支援します
目次

Uターン転職の相談相手は? 結論:転職エージェントが最適

転職エージェントって何?

転職エージェントは転職希望者と企業の仲介的存在です。

転職者に転職にかんするサービスを無料で提供してくれる機関のことです。

なるほど。

なぜ転職エージェントが良いの?

はい、理由を3つの紹介します。

私自身も転職活動の際に利用しましたので、その経験から紹介します。

・転職のプロからアドバイスをもらえる

・非公開求人を紹介してもらえる

・さまざまなサポートを無料で受けれる

それぞれ紹介します。

転職のプロからアドバイスをもらえる

上でも説明しましたが、やはり転職のプロからの意見がもっとも有益です。

サッカーを習うときにも、体育の先生に習うよりも、プロのサッカー選手に習いたいですよね?

転職も一緒ですし、何人もの相談にのってきている転職エージェント経験値には非常に価値があります。

非公開求人を紹介してもらえる

非公開求人ってなに?

転職エージェントを通さないと通常は知り得ない求人のことです。

多くの転職エージェントがこの非公開求人を多くもっています。

なので、転職エージェントに相談すると、通常では出会えなかった求人に出会うことができるかもしれません。

転職活動を始めると、この非公開求人のありがたみがわかります。

なるほど。

なんで非公開求人を公開しないの?

隠しているって怪しいんじゃないの?

はい、求人を非公開にしている理由はいくつかあります。

ここでは2つ紹介します。

・企業の戦略が競合他社にバレる

・冷やかし応募が増える

簡単に説明します。

企業の戦略が競合他社にバレる

求人情報から競合他社に戦略などがバレるためです。

なんで求人情報でバレるの?

具体的に下記のようなことを求人募集欄に書く必要があるからです。

・◯◯のスキルを持っているかた優遇します

・◯◯の事業を新規で立ち上げます

・新オフィスを〇〇に設立するので、人員募集します。

これらの情報から競合他社は、その企業が始めようとしていることを読み解ける可能性があります。

ですので、これら情報を通常公開しないのです。

冷やかし応募が増える

非公開求人は好条件な場合が公開求人よりも比較的多いためです。

好条件求人なので、とりあえず応募しようみたいな転職希望者が増えてしまいます。

ですので、冷やかしを防ぐために、特定の転職者にしか届かない、非公開形態を採用しています。

なので、非公開求人は決して怪しいものではありません。

より良い求人をよりよい転職希望者の元へ届けるための、とても優秀な仕組みです。

さまざまなサポートを無料で受けれる

手取り足取りすべてを教えてくれるのも大きなメリットです。

気軽な相談はもちろん、以下のようなことまで全て無料でサポートしてくれます。

・書類添削

・面接練習

・給与交渉

なかでも給与交渉などは、転職経験者でもなかなか難しいことです。

私自身、地方Uターン転職だったので給与が下がりそうでした。

ですが、エージェント経由で前企業と同等まで引き上げてもらいました。

このように転職初心者でも困ることがないように、しっかりと教育されたエージェントのサポートは必須です。

なるほどね。

転職エージェントってたくさんあるんでしょ?

オススメとかないの?

はい、小さい転職エージェントも合わせると本当に多く存在します。

オススメに関しては、以下の記事で私や知人の経験談も添えて記載していますので、ご参考ください。

Uターン転職の相談相手は? その他の相談相手

転職エージェント以外には相談相手いる?

はい、もちろんいます。

ここでは3者について紹介します。

・家族、配偶者

・友人知人

・会社の上司や同僚

家族、配偶者

まず思いつくのは家族ではないでしょうか?

そうだね。

気軽に相談できるしね。

確かに家族は気軽に相談できますし、性格もよく知っています。

なので、良いアドバイスをもらえるかもしれません。

ですが、注意も必要です。

家族に相談するときの注意点を3つ紹介します。

・雇用市場が変化している

・働き方や価値観が変化している

・給与減のときに反対される

それぞれ簡単に説明します。

雇用市場が変化している

終身雇用が崩壊していることをご存知の方も多いと思います。

親世代では、大手企業に入ってしまえば、一生安心という常識がありました。

ですが、今は終身雇用の崩壊が起こっており、絶対的な安心はどこにもないといっても過言ではありません。

このような雇用市場も時代によって変化するので、家族のアドバイスを鵜呑みにするのはときに危険です。

私自身、当時地元に戻るなら〇〇銀行など一生安泰だよ。と親に紹介されました。

銀行も今や昔のように安心できる企業でないことは多くの情報が出回っていました…

働き方や価値観が変化している

現代は昔では考えられなかったように、コンピューターが普及しています。

みなさんがスマートフォンやパソコンを普通に個人で持つ時代です。

会社に行かなくとも、在宅勤務で仕事ができる時代です。

会社に行かなければできない仕事ばかりではないです。

このような時代トレンドに合わせて、働き方や価値観が変化しているのです。

給与減のときに反対される

これは家族の中でも配偶者にありがちです。

やはり、配偶者は給与面が気になるポイントになります。

転職することで、給与が下がるようであれば、今後の生活にも影響が出るので、反対される可能性が高くなります。

最終的には、配偶者への相談は必要ですが、悩んでいる段階での相談先としてはふさわしくないと考えます。

友人知人

家族の次に思い浮かぶのは、友人知人ではないでしょうか?

確かにね。

友人知人であれば、世代も大きくかわらないから、家族のようなギャップはないね。

確かに家族同様に気軽に相談できるかもしません。

ですが、その友人知人は転職に詳しいのでしょうか?

もちろん転職経験がある友人知人であれば、それなりのアドバイスをもらえるかもしれません。

ですが、単に仲が良くて話しやすいと言う人物であれば注意が必要です。

転職経験のない人ですと、特定の業界や仕事内容などの情報しか出てこないからです。

逆に価値観の違うアドバイスで迷いが生じることも少なくありません。

なので、相談するのであれば、客観的アドバイスをもらえるようにしましょう。

私自身、転職活動前に軽く友人に相談しました。

ですが、やはり経験がないこともあり、薄い情報しか得られませんでした。

また話を進めると、友人の業界も悪くないのでは?など、自分の軸がぶれそうになったこともあり、注意が必要です。

会社の上司や同僚

最終的には会社の上司同僚に相談することになるかたも多いのでは?

そうだね。

今まで一緒に仕事してきたし、相談に乗ってくれそう。

はい、ですが会社の人への相談はもっともおすすめしておりません。

というか、デメリットが多すぎるので、絶対に相談しないことをオススメします。

オススメしない理由を3つ紹介します。

・転職活動がバレる

・引き止められる

・その後の会社生活へ影響

簡単に説明します。

転職活動がバレる

信頼している上司であっても、同僚であっても、会社内に広まるリスクがあります。

転職活動のバレに関しては、以下の記事で詳しく解説しているので、ご参考ください。

引き止められる

上司に相談した場合、引き止められて転職活動の妨げになることがあります。

せっかく意思を固めて、転職活動に踏み込もうとしているのに、引き止めに合うと軸がぶれてしまいます。

上司としても本当に抜けて困る場合には強く引き止めを要求してきます。

一度ぶれてしまった軸を戻すことは難しいので十分注意が必要です。

その後の会社生活へ影響

もし転職活動をしないと決意した場合でも、あの人はいつか転職するのでは?という目で見られるかもしれません。

そうなると、昇進や昇格にも影響し、自身で働きにくい環境を作ってしまうことになります。

これら理由により、会社メンバーへの相談は絶対におすすめしません。

まとめ

以上、Uターン転職の相談相手について紹介しました。

家族や友人、会社の同僚など、相談相手はたくさんいますが、デメリットも十分考慮する必要があります。

その点、転職エージェントは相談すればプロの目で手厚くアドバイスをくれるので特にオススメです。

とにかくわからないと言う私のようなかたは、とりあえず転職エージェントに3社ほど登録すればいやでも始まります。

良い転職活動になることを祈っています。

エントリーシートや面接対策等、転職でお困りのことがありましたら、ぜひコメント欄やお問い合わせ先へご連絡ください。

私の経験談や、指導・助言した成功者の例を基にお手伝いできることはお手伝いさせていただきます。

それでは最後まで読んで頂きありがとうございました。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よければシェアお願いします!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる