ホワイト企業に転職したい!【見分け方を学んで転職活動しよう!】 

ホワイト企業に転職したいな〜

ホワイト企業って見分けられるの?

転職前に見分けたい。

みなさん、まだホワイト企業以外で消耗し続けているんですか?

まさかとは思いますが、以下のようなブラック企業に勤め続けていませんよね?

ブラック企業は絶対に今すぐ転職してください。

たとえ今の企業がブラック企業でなくとも、やっぱりホワイト企業って憧れますよね。

可能であれば、ホワイト企業に転職したいですよね。

ホワイト企業は転職前にある程度見分けることができます。

もちろん100%ではありませんが、特徴があるのです。

ホワイト企業に転職できるとメリットが多いです。

・仕事以外の時間を有効活用できる

・安定した給与を得ることができる

・自分のスキルや経験値があがる

ここでは、3つだけ紹介しましたが、控えめにいってメリットだらけです。

あえて言うまでもありませんよね。

そんなメリットの多いホワイト企業の見分け方があるのならば知りたくありません?

この記事では、ホワイト企業の見分け方をお伝えするのでご活用ください。

記事内容は企業選択の上で非常に重要なポイントに絞って記載します。

また、私自身転職を経験しており、見事ホワイト企業に転職できました。

記事内には私の経験談も盛り込んでおりますので、説得力があると思います。

現代の日本では新入社員でも転職を考え出しています。

終身雇用崩壊、リモートワークの普及などにより、今後転職市場が活発になると予想されます。

転職市場が活発になると言うことは、ホワイト企業への転職の競争率が高くなり、内定獲得が難しくなると言うことです。

転職の求人情報を日々変化を続けております。

ですので、少しでも興味があるのであれば、1日でも早く行動することをオススメします。

転職活動自体にはリスクはありませんので、どんなホワイト企業があるのかだけの調査でも立派な転職活動です。

こんな世の中なので、転職活動をしている人は活発に行動しています。

もっと早く行動すればよかったとならないように、早めの行動を心がけましょう。

とみぃ

・2010年:リーマンショック就職氷河期に就職

・2013年:第二新卒枠で転職活動も内定獲得ゼロ

・2016年:Uターン+未経験+高年収の転職成功

・自身の転職経験をもとに転職支援活動

・複数人の就職転職を成功に導いた実績あり

転職支援します
目次

ホワイト企業の見分け方5選

そんな簡単にホワイト企業を見分ける方法があるの?

簡単ではありませんし、100%見分ける方法ではありません。

ですが、今回紹介するいくつかの方法を組み合わせることで、ホワイト企業に巡り会う確率が高まります。

自分なんかは無理。なんて思わずに、正しい知識と情報を身につけて、転職活動に挑みましょう!

ここでは厳選した5つの見分け方を紹介します。

・年収に関する情報が明確

・残業時間や残業代が明確

・勤続年数、離職率のデータを公開している

・頻繁に求人を出していない

・福利厚生が充実している

それぞれ詳細を紹介します。

年収に関する情報が明確

転職といえば「年収」ですよね。

年収アップを転職の軸に設定している人も少なくないはずです。

そんな年収ですが、ホワイト企業は年収について明確にしています。

またさらに親切な企業の場合、以下のような年代別の年収まで紹介しています。

・20代:300万円

・30代:400万円

・40代:500万円

・50代:700万円

私の転職活動の際には、以下のように紹介されました。

・転職直後:前職と同年収からスタート(残業代の見込み含)

・社員紹介:数年後にはこの程度の年収になると言う紹介

・役職別:役職がついた後の年収水準

このように具体的に詳細まで教えていただけたので、年収に関する不安は一切ありませんでした。

私の場合は、年収を軸にした転職ではありませんでしたが、ここまで親切に説明されると安心ですよね。

一方で、ブラック企業は逆に明確に記載していないことが多いです。

・最低年収しか書いていない (例:200万円以上、200万円〜)

・極端に高い年収(未経験なのに1,000万円)

・年収アップモデルが不明

年収で不明確があれば、ぜひ直接企業側へ問い合わせてみてください。

自分自身での転職と言わせが難しい場合は、転職エージェントに代理で問い合わせていただくことも可能です。

オススメの転職エージェントを以下の記事で紹介しております。

私自身、転職活動の際には活用したので、安心して利用することができます。

残業時間や残業代が明確

残業について、調べもせずに転職しようと思っていませんよね?

残業関連はちゃんと調べないと、後々後悔することが多いので注意が必要です。

ホワイト企業の特徴は、残業関連のデータを明確にしています。

・平均残業時間45時間

・1分単位で残業代がつきます。

・1時間あたりの残業代:2000円

これらは一例ですが、このように実際に具体的な数字で説明しています。

また、不明点があり、企業側に問い合わせをした場合も、包み隠さず回答してくれます。

私自身、転職活動の際には以下のように残業に関して細かく教えていただけました。

・閑散期、繁忙期それぞれの残業時間の目安は?

・家庭の事情で残業ができなくなってもOK?

・残業代は何分単位で発生する?

実際はもっと色々聞きました。笑

ですが、丁寧に詳細まで回答いただけ、非常に好印象でした。

冒頭でも述べましたが、残業は年収や自分の心身に大きく影響を及ぼします。

また入社後には変更が難しい項目なので、転職活動中に必ず満足いくまで調査し、交渉しましょう。

勤続年数、離職率のデータを公開している

勤続年数や離職率など気にしていますか?

あまり気にしていない方も多いかと思いますが、ここにもヒントが隠されています。

そもそもの語句の意味を一応紹介します。

・勤続年数:その企業で働いている人の働いてきた期間

・離職率:その会社を退職する割合(例:3年後離職率)

その会社の人は何年勤めていて、〇〇年後に何人くらい辞めるかがわかります。

ホワイト企業の場合は、「勤続年数は長い」「離職率は低い」といったデータになります。

いい企業であれば、みんな辞めずに働き続けますよね?

そういうことです。

まずは、このデータを公開しているかどうか?がポイントの一つ目になります。

ホワイト企業の場合が、これらのデータを出すことがメリットになるので積極的に公開します。

一方で、ブラック企業は「勤続年数は短い」「離職率は高い」と言うデータとなります。

なので、求人としては不利に働くため、公開しないことが多いのです。

他の企業に比べて、極端に離職率が高かったり、離職率のデータを出していない場合は注意が必要です。

頻繁に求人を出していない

そうなの?

ホワイト企業とか大手企業はどんどん中途採用しているイメージあるけど。

そう思われがちですが、実は逆なんです。

理由は、ホワイト企業は辞める人が少ないため、中途採用する必要がないからです。

求人する理由はが欠員補充な場合が多いです。

じゃあたくさんの人を募集している会社も注意が必要だね。

ここには例外もあるので、確認が必要です。

・新規事業立ち上げで、人員不足

・業績好調のために、増員

・新工場設立のため、増員

このように新しいことを開始したり、景気が良い場合は増員が必要な場合もあります。

このような場合にはホワイト企業も積極的に人員確保のため、求人を出します。

求人理由など詳細が知りたい場合には、直接会社へ問い合わせることが重要です。

福利厚生が充実している

最後は福利厚生の充実です。

ホワイト企業を探す際に、年収ばかりを求めて探す方が多いです。

ですが、実は福利厚生も見るべき大事な項目になります。

・家賃補助

・福利厚生サービス

・各種手当

これらの情報は実際に年収の金額に上乗せされ流わけではありません。

ですが、それぞれを金額やサービスでみると非常にインパクトは大きいです。

年収だけではなく、福利厚生もあわせて考えることが転職においては非常に重要です。

まとめ

ホワイト企業の見分け方について、紹介しました。

文中でも述べましたが、ホワイト企業=良い企業ではありません。

ですが、ホワイト企業に勤めることで、メリットが多いことも事実です。

今からでも十分転職職でホワイト企業を目指せますので、見分け方を理解して、転職活動してください。

エントリーシートや面接対策等、転職でお困りのことがあれば、コメント欄やお問い合わせ先へご連絡ください。

私の経験談や、指導・助言した成功者の例を基にお手伝いできることはお手伝いさせていただきます。

それでは最後まで読んで頂きありがとうございました。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よければシェアお願いします!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる