新入社員の退職代行サービス利用はデメリット?【実は勘違い?】

新入社員が退職代行を利用することにデメリットはあるの?

新入社員の退職代行サービス利用は今後に影響するのかな?

後々後悔したくないから事前に知っておきたいな。

新入社員は不安で一っぱいですよね?

どんなサービスを使うにしてもデメリットとか影響とかって気になりますよね。

ましてや退職代行サービスなんてあまり普段聞き慣れないサービスなどは特に事前に情報は知っておきたいはずです。

最低限の知識として、退職代行サービスのメリットとデメリットは以下の記事で紹介しています。

今回はその中でも新入社員に特化した情報をお伝えしようと思います。

新入社員は特にこれからも多くの社会人生活を送る時間が残されています。

ですので、「退職後」が気になる方も多いはずです。

また、巷では退職代行サービスの利用に関する様々な情報も出ています。

もちろんすべてが間違っているとは言いませんが、誤った情報もあることは間違いありません。

そこで、この記事では新入社員が退職代行サービスを利用する際に起こりうるデメリットについて紹介します。

また、そのデメリットに関しての対応策まで紹介します。

新入社員で退職代行サービス利用を検討している方には必ず参考になる記事です。

今回紹介する内容に該当項目があれば、ぜひ対応策まで実践してみてください。

またオススメの退職代行サービスを以下の記事で紹介しております。

退職代行サービスには悪質な業者も増えてきているので、非常に注意が必要です。

以下の退職代行サービスのオススメ記事では体験談に基づいた内容ですので、必ず退職代行サービスの検討の際に役に立ちます。

退職代行オススメ度ポイント公式ホームページ
退職代行ガーディアン
(5.0 / 5.0)
★ 【簡単/低価格/確実】を”唯一”合法的に可能詳細を見る
退職代行Jobs
(5.0 / 5.0)
★ 弁護士監修の退職代行×労働組合詳細を見る
退職代行SARABA
(5.0 / 5.0)
★ 退職代行業界NO.1の受託件数:2021年3月現在15000人の退職代行詳細を見る
わたしNEXT
(4.5 / 5.0)
★ 女性退職代行サービス5冠達成詳細を見る
男の退職代行
(4.5 / 5.0)
★ 男性退職代行サービス3冠達成詳細を見る
弁護士法人みやびの退職代行サービス
(4.5 / 5.0)
★ 安心の弁護士対応交渉詳細を見る
退職110番
(4.0 / 5.0)
★ 労働問題専門の弁護士法人が運営する安心詳細を見る
辞めるんです
(4.0 / 5.0)
★ 業界初、退職成功後の後払いプラン対応詳細を見る
退職代行ニコイチ
(3.5 / 5.0)
★ 16年の実績を誇る、正真正銘の『元祖』退職代行業者詳細を見る
Re:Start
(3.0 / 5.0)
★ 他の退職代行業者と比べて低価格、業界最安値でご提供詳細を見る

そもそも新入社員で退職代行サービスを利用することってありなの?

結論としては、ありです。

理由については、以下の記事で紹介しておりますので、ご参考ください。

とみぃ

・2010年:リーマンショック就職氷河期に就職

・2013年:第二新卒枠で転職活動も内定獲得ゼロ

・2016年:Uターン+未経験+高年収の転職成功

・自身の転職経験をもとに転職支援活動

・複数人の就職転職を成功に導いた実績あり

転職支援します
目次

新入社員の退職代行サービス利用はデメリット?

新入社員で退職代行サービスを利用することのデメリットはいくつか言われています。

ですが、個人的にはその多くを解決したり、低減する方法はあると思っています。

退職に限らず、何でも行動すると「デメリット」や「リスク」はつきまといます。

ですが、デメリットやリスクばかりを意識すると実際に行動に移せないことも多々あります。

どうすればいいの?

私自身、デメリットやリスクに対する対応策を常日頃から考えるようにしています。

今回もよく言われるデメリットをあげて、それに対する対応策まで紹介します。

内容をよく理解していただけることで、退職代行サービスの利用のハードルは低くなると思います。

この記事ではデメリット?を5つ紹介します。

・転職先にバレる?

・転職で不利なる?

・退職代行サービス利用が癖になる?

・転職したら給料が下がる?

・利用料金が高すぎる?

それぞれ詳細を紹介します。

転職先にバレる?

転職先に退職代行サービスを利用したことがバレて、転職の際に影響が出るという情報を目にしたけど、実際はどうなの?

結論から言うとバレることはありません。

理由は、退職代行サービスは退職希望者の個人情報を守る義務があるので、退職代行サービスから転職先へバレることはありません。

なら安心だね。

じゃあどういう時にバレるんだろうか?

バレるケースとしては以下の通りです。

・自分で転職先へバラしてしまう

・退職先の会社から情報が漏れる

ここにはあげましたが、退職先からバレることはほとんどないので、気にする必要はありません。

1番バレる可能性があるのが、「自分でバラしてしまう」です。

え?

自分でバラすことなんてあるの?

意外に口が滑って話してしまった。というケースがあります。

なので、転職先との面談や書類作成の際には退職代行サービスの利用を話したり書いたりしないように注意しましょう。

もし自分一人でのチェックが不安な場合は、転職エージェントを利用して、担当者に確認してもらうとよりバレのリスクは低減できます。

新入社員にオススメの転職エージェントは以下の記事で紹介しておりますので、ご参考ください。

転職で不利なる?

先程のトピックスでバレに対しての対応は理解できた。

そもそも退職代行サービスの利用は転職に影響するの?

基本的には、影響しません。

理由は、別にどんな退職の仕方をしても、転職先で活躍してくれれば、転職先の企業としては何の影響もないからです。

一方で、一概に転職に不利にはならないと言い切れないことも事実です。

世間的には3年以上勤めている人が信頼されるといった話もあります。

これは、入社後にすぐに辞めるような人は、転職先でもすぐ辞めてしまう人と思われてしまうからです。

また、短期間での退社の事実を転職の際に隠すことは非常に難しいです。

じゃあやっぱり影響はあるんだね。

どうしようもないのかな?

対応策としては、転職面接の際に前向きな理由で退職したことをアピールすることです。

これは、転職先に仕事に対して意欲のある姿勢を見せることを目的としています。

・前職先より御社の方がより高いスキルを身につけることができると判断した

・自身のキャリアアップを考えた際に、早めの退職と転職が良いと判断した

・御社の〇〇というプロジェクトに若いうちから経験したいと思った

このように前向きな姿勢を相手に伝えることが重要です。

転職の際に嘘をつきましょう。と言っているわけではないので勘違いしないでください。

転職においては、「軸」を持つことが非常に大切です。

その「軸」について、熱く語ることができれば、転職先の企業も理解してくれます。

また、現在では新入社員で退職する人も多くなってきています。

ですので、転職先の企業も単純に前の会社の在籍年数だけで判断することは少なくなってきています。

これらの対応策を行うことで、勤続年数に関する懸念はおおむね解決できます。

退職代行サービス利用が癖になる?

人間一度楽をするとそれがクセになることありますよね?

みなさんも一度は体験あるのではないでしょうか?

退職代行サービスにも同じ罠があるので、注意が必要です。

退職に対してどんなに深く悩んでいる人でも、退職代行サービスを利用することで、あっという間にすんなりと退職できることに驚く人が多いです。

つまり、以下のようなことを全て退職代行サービスが代行してくれるので、非常に楽に退職することができるのです。

・会社への連絡

・退職に基づく手続き

・退職条件の交渉(弁護士)

このように一度楽な退職を覚えると、「次の会社でもしんどくなったら、退職代行サービス使ってやめればいいや」という考えになりかねません。

そうならないためにはどうしたらいいの?

退職代行サービス利用前に自分なりに退職に対して、少しでもいいので努力してみることです。

・上司に自分の希望を伝える

・労働環境変更の交渉をする

・自ら経験を積む努力をした

上のような、努力をすることで、「色々試したけど、ダメそうだから退職代行サービスを利用するに至った」という事実ができます。

つまり、ただ楽をするために退職代行サービスを利用するということではなくなります。

転職したら給料が下がる?

新入社員で仕事辞めて、転職したらかなり給料が落ちそうなイメージ…

結論から言うと、新入社員と比較して、ほぼ同等の給与水準になることが多いです。

理由は、第二新卒という枠で際良されることになるからです。

第二新卒とは、新卒で入社した会社を約3年以内程度に辞めた人が、転職の際に適用される枠のことです。

第二新卒に関しては、以下の記事で非常に詳しく紹介しておりますので、ご参考ください。

利用料金が高すぎる?

退職代行サービスってなんだかんだ高いよね…

退職代行サービスの利用料金は決して安くはありません。

退職代行サービスはお大きく分けて、3つに分類され、料金も以下のように異なります。

内容企業労働組合弁護士
費用¥20,000 ~ ¥50,000¥20,000 ~ ¥50,000¥30,000 ~ ¥50,000
退職届作成テンプレ提供テンプレ提供作成可能
退職手続きサポート可能サポート可能サポート可能
退職条件提示提示可能提示可能提示可能
退職条件交渉対応不可対応可能対応可能
損害賠償対応対応不可対応不可対応可能

とはいえ、退職代行サービスを利用して得られるメリットを考えると、費用は無視できるのでは?と個人的には思います。

何度も紹介していますが、なかなか辞めることができずにいる時間が非常にもったいないです。

転職活動においては、時間も非常に重要です。

なので、すべてお任せでできる退職代行サービスを利用することは、時間単価に換算すると非常に効率的です。

お金よりも、時間やあなたの価値に目を向けることも重要です。

まとめ

新入社員が退職代行サービスを利用することのデメリットとその対応策について紹介しました。

ちょっとした行動や意識でデメリットは対応可能です。

今の職場が今後の自分にとって意味のあるものなのか?

退職に関して悩む時間は無駄ではないのか?

新入社員の方が一人で悩むには、かならいテーマが大きいので、ぜひ一度退職代行サービスの無料相談を受けることをオススメします。

退職後の新しい未来が訪れることを応援しています。

エントリーシートや面接対策等、転職でお困りのことがあれば、コメント欄やお問い合わせ先へご連絡ください。

私の経験談や、指導・助言した成功者の例を基にお手伝いできることはお手伝いさせていただきます。

それでは最後まで読んで頂きありがとうございました。

退職代行オススメ度ポイント公式ホームページ
退職代行ガーディアン
(5.0 / 5.0)
★ 【簡単/低価格/確実】を”唯一”合法的に可能詳細を見る
退職代行Jobs
(5.0 / 5.0)
★ 弁護士監修の退職代行×労働組合詳細を見る
退職代行SARABA
(5.0 / 5.0)
★ 退職代行業界NO.1の受託件数:2021年3月現在15000人の退職代行詳細を見る
わたしNEXT
(4.5 / 5.0)
★ 女性退職代行サービス5冠達成詳細を見る
男の退職代行
(4.5 / 5.0)
★ 男性退職代行サービス3冠達成詳細を見る
弁護士法人みやびの退職代行サービス
(4.5 / 5.0)
★ 安心の弁護士対応交渉詳細を見る
退職110番
(4.0 / 5.0)
★ 労働問題専門の弁護士法人が運営する安心詳細を見る
辞めるんです
(4.0 / 5.0)
★ 業界初、退職成功後の後払いプラン対応詳細を見る
退職代行ニコイチ
(3.5 / 5.0)
★ 16年の実績を誇る、正真正銘の『元祖』退職代行業者詳細を見る
Re:Start
(3.0 / 5.0)
★ 他の退職代行業者と比べて低価格、業界最安値でご提供詳細を見る

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よければシェアお願いします!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる