Uターン転職成功の5つのコツを教えます。【必ず確認しよう】

Uターン転職ってどうやったらうまくいくの?

成功のコツとかあるのかな?

Uターン転職をお考えの場合、事前にコツがあれば知りたいはずです。

私自身、転職の際にはあらゆるサイトから情報を集めておりました。

この記事では、Uターン転職を成功に導くコツについて紹介します。

この記事を読んでいただけると、Uターン転職の成功率が高くなるはずです。

とみぃ

・2010年:リーマンショック就職氷河期に就職

・2013年:第二新卒枠で転職活動も内定獲得ゼロ

・2016年:Uターン+未経験+高年収の転職成功

・自身の転職経験をもとに転職支援活動

・複数人の就職転職を成功に導いた実績あり

転職支援します
目次

Uターン転職成功の5つのコツを教えます

・転職志望理由を明確にする

・転職情報や求人情報をこまめにチェックする

・地方転職に強い転職エージェントを利用する

・焦らず条件に合う就職先を探す

・家族で十分話し合う

転職志望理由を明確にする

転職するんだから当たり前なんじゃないの?

はい、当たり前ですが、意外と不十分なことが多いです。

通常の転職の際にも志望動機は非常に大事な項目の1つです。

ですが、Uターン転職の場合は、個人の志望動機が弱くなる傾向にあります。

その理由の1つが、「地元(地方)に帰りたいから」という動機が全面に出てしまうからです。

「地元に帰りたい」はあくまでご自身のプライベートな志望動機です。

ですが、企業側が求めているのはあなた自信が企業でどう活躍してくれるかどうかです。

ですので、企業での貢献ポイントをアピールすることが重要になります。

Uターン転職の志望動機に関しては、以下の記事で説明しておりますので、ご参考ください。

また、Uターン転職の場合は「なぜ都心の企業ではなく地方の企業なのか?」という質問もきます。

つまり、なぜ地元の企業なのかといことをを自分の中で固めておく必要があるのです。

みなさん、面接官に対してすぐに回答できますでしょうか?

NGな解答例として3つ紹介します。

・実家が近くなるから

・地元の友人が働いているから

・地方の割には年収が高いと聞いたから

いかがでしょうか?

ぜひこういう場合は企業の面接官側の立場で考えてみてください。

以上のような回答をする人を採用しようとは思いませんよね。

なので、OKな例も3つ紹介します。

前職で身につけた社内No1を取得した営業力で、御社の〇〇というサービス拡大に貢献したい。

また、企業への貢献とあわせて地元活性化もできると思ったから。

前職時代に身につけたプログラミングのスキルと経験で、御社の〇〇システムの生産性を向上させる。

このシステムの生産性を向上させることで、結果的に地方の活性化につながると考えたから。

地方にあるにもかかわらず都会の技術力にも勝る御社の〇〇工場での技術力を身につけたいと考えた。

地方の過疎化が進む中、地方移住することで、結果的に地方の活性化に貢献できると考えた。

いかがでしょうか?

極端なNG例とOK例ですが、結果は一目瞭然かと思います。

なぜその企業を選んだのか?

なぜ都会ではなく、地方を選んだのか?

この2つを一緒に回答することで、十分質問の回答になります。

まずは、なぜ自分が地方に行きたいのかを整理することからスタートです。

転職情報や求人情報をこまめにチェックする

これも当たり前だよね?

はい、当たり前なんですが、Uターン転職の場合はより情報収集に注力する必要があります。

どうして?

地方へのUターン転職の場合、都会での転職と比較して情報量が少ないからです。

情報収集に関しては、以下の記事で紹介しておりますので、ご参考ください。

情報は常に動き続けますので、時間がある時は情報収集に勤めましょう。

各地方の役所などに問話合わせると最新の情報を提供していることが多いです。

とはいえ、次に説明しますが、転職エージェントから最新の情報を入手する方が手軽で有益です。

地方転職に強い転職エージェントを利用する

通常の転職エージェントではダメなの?

いいえ、ダメではありません。

ですが、地方に強い転職エージェントの方がエージェントも豊富でよりよいアドバイスが期待できます。

また、求人数を多く持っている大手の転職エージェントへの登録もあわせて行うとより効果的です。

複数社の転職エージェントに登録し、利用する中で自分にもっとも合ったエージェントに絞り込めば良いからです。

オススメの転職エージェントってあるの?

はい、あります。

以下の記事で紹介しておりますので、ご参考ください。

大手からUターンに強い転職エージェントまでさまざまパターンでわけているので、必ず参考になります。

ところで転職エージェントの利用は必須なの?

私は必須だと思います。

どうして?

理由を3つ紹介します。

・エージェントに登録することで、まとめて複数社の面談を調整可能だから

・年収アップまたは維持する際に交渉してくれるから

・転職活動独特の書類審査の添削や面接の練習をしてくれるから

それぞれ簡単に説明します。

エージェントに登録することで、まとめて複数社の面談を調整可能だから

Uターン転職の場合は、地方へ面接で出向く必要があります。

企業からの交通費の支給がある場合もありますが、1次面接など初期の面接では出ないことが多いです。

つまり、複数社面接を受けるだけで、多額の交通費が必要になります。

なので、自分ではなかなかできない、企業間同士の日程調整を転職エージェントにお願いするのです。

そうすると交通費の節約になるメリットがあります。

年収アップまたは維持する際に交渉してくれるから

これも面接日程調整同様の理由で、なかなか自分でも交渉しにくい項目です。

ですが、転職エージェントに依頼することで、状況に応じて年収交渉も対応してくれます。

転職活動独特の書類審査の添削や面接の練習をしてくれるから

転職は新卒就職とは異なる書類や面接対策が必要です。

これら対策は、転職初心者ですと不安なことが多く、質問できる人も少ないです。

そこで、転職エージェントを利用することで、これら対策に無料で応じてくれます。

結果的に書類通過率や内定率に直結する大きなポイントになります。

また、これらを他の求人情報入手先として、ハローワークや各自治体もあります。

ですが、以上のようなサービスを行ってくれるところは多くありません。

なので、完全無料で利用できる転職エージェントは利用必須と考えます。

焦らず条件に合う就職先を探す

なんだかんだで早めに決まって焦ることなんてないんじゃない?

いいえ、転職活動自体難しいですが、Uターン転職はさらに難しいです。

理由は上で述べたように求人数が少ないなどいくつか存在します。

Uターン転職の難し際については、以下の記事で紹介しますので、ご参考ください。

また、2021年3月時点では新型コロナウイルスの影響でリモートワークが盛んになってきました。

この影響もあり、世界中どこにいても仕事ができる環境が構築され始めています。

つまり、都会に住まずとも地方などで生活費を落として、リモートワークするという人が増加すると言われております、

なので、今後はさらにUターン転職の難易度があがると予想されます。

難易度が上がることで、なかなか自分お理想とする企業が見るからずに焦って妥協した企業へ転職してしまいがちです。

焦って妥協した企業に入ることは絶対にオススメしておりません。

以下でツイートしていますすが、結果的に時間の無駄になることが多いです。

なので、妥協した企業に入らないためにも、十分な準備期間を確保して、転職活動を行ましょう。

周囲の人よりも先に転職活動をしなくては?と気づけたあなたはとても素晴らしいです。

大転職時代が来るのも時間の問題です。

今のうちから小さいことでも行動に移すことで、後々良い結果となって返ってきます。

家族で十分話し合う

家族?最後はなんかテイストが少し違うね。

はい、おまけ程度であげておりますが、実はとても重要なのであげました。

何を十分に話し合えばいいの?

今後の生活や将来についてです。

Uターン転職で地方に行くと、これまでの都会の生活とは一変することが多々あります。

その変化点については、家族全員で共有した上で地方移住を考えましょう。

確かにUターン転職で地方に行くと、都会暮らししかしたことない人は不便に感じることもあると思います。

ですが、裏を返せば十分メリットする発想の転換も可能です。

地方移住のデメリットやメリットへの変換に関しては、以下の記事でまとめています。

また、一度転職した後はそう簡単には都会に戻ることはできないことも重々理解してください。

転職が活発になる世の中になるといえど、そう何度も転職で成功することは難しいです。

ましてや、数ヶ月でやめてまた都会に戻るとなった場合が、面接官から悪い印象を持たれる可能性が高いです。

なので、転職希望の地域に一度家族で訪れて、環境や雰囲気の確認を行うなど、事前の工夫がとても重要です。

まとめ

・転職志望理由を明確にする

・転職情報や求人情報をこまめにチェックする

・地方転職に強い転職エージェントを利用する

・焦らず条件に合う就職先を探す

・家族で十分話し合う

以上、Uターン転職成功の5つのコツについて紹介しました。

基本的には通常の転職活動時と同じようなポイントが成功へのコツになります。

中にはUターン転職独特なポイントもありますので、十分に理解して事前に確認しましょう。

エントリーシートや面接対策等、転職でお困りでしたら、コメント欄やTwitterのDMへご連絡ください。

私の経験談や、指導・助言した成功者の例を基にお手伝いできることはお手伝いさせていただきます。

それでは最後まで読んで頂きありがとうございました。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よければシェアお願いします!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる