Uターン転職は40代では成功しない?【難しいですが、対策可能!】

Uターン転職って40代からでも成功するの?

40代でUターン転職するにあたって注意することは?

40代でUターン転職をお考えの場合、このような不安や疑問が出てくると思います。

ぶっちゃけ40代のUターン転職ってどうなの?

結論としては、かなり難しいです。

やっぱり難しいんだね。

ですが、決して不可能ではありません。

目指す上での注意点やポイントがあります。

この記事では、40代でのUターン転職の不安や疑問について紹介します。

この記事を読んでいただけると、40代のUターン転職の不安や疑問がなくなると思います。

Uターン転職の細かなノウハウは以下の記事で詳しく紹介しておりますので、ご参考ください。

また20代と30代のUターン転職についても以下の記事で紹介しておりますので、ご参考ください。

とみぃ

・2010年:リーマンショック就職氷河期に就職

・2013年:第二新卒枠で転職活動も内定獲得ゼロ

・2016年:Uターン+未経験+高年収の転職成功

・自身の転職経験をもとに転職支援活動

・複数人の就職転職を成功に導いた実績あり

転職支援します
目次

Uターン転職は40代でも成功できる?

結論:不可能ではないけど、かなり難しい。

冒頭でも述べましたが、やはり難しいです。

そもそも、40代での転職はUターンでなくても難しいと言われています。

またUターンとなると、地方への転職となりますので、求人数が少ないなど、さらに難しくなります。

そうなのね。

つまり、無理ってこと?

いいえ、無理とは言っていません。

少ないですが、求人があることは事実です。

その少ない求人を勝ち取るためには、自分自身のキャリアの棚卸しなど、自分についてよく知る必要があります。

40代にとってのUターン転職とは?

40代でもUターン転職が不可能ではないということは理解できた。

じゃあ40代でUターン転職を考えている人の特徴ってどんなことがあるの?

はい、特徴について紹介しようと思います。

ここでは3つの特徴を説明します。

・40代は通常の転職でさえも難しい

・定年まで働ける企業か見極めが必要

・マネジメント能力が大きな武器になる

それぞれ詳細を説明します。

40代は通常の転職でさえも難しい

先ほどもの紹介しましたが、20、30代と比較すると圧倒的に難しくなります。

この難しさは、Uターン転職に限らず、通常の転職でも言えることです。

さらにUターン転職ではその難しさが増すといったイメージです。

理由はやっぱり求人?

はい、求人は大きな理由の一つです。

40代になると極端に求人数も少なくなります。

ですので、結果的に企業とのもマッチングも難しくなります。

スキルや実績は40代の転職活動で活かせるの?

はい、活かせます。

むしろ20代のようなポテンシャルが少ない分、自分のスキルや実績というものをよりアピールする必要があります。

20、30代よりもあらゆる経験が多い分、自己分析も大変ですが、より重要になります。

自己分析にやりすぎはないので、ぜひ時間をとってじっくり考えてみてください。

これまで何を身につけて、それを転職先の企業でどう活かすことができるかを明確に伝える必要があります。

定年まで働ける企業か見極めが必要

40代で決めた企業は、最後の転職活動になると考えて問題ありません。

中にはまだまだキャリアアップを目指すという方もいらっしゃるかもしれませんが、少数派です。

定年まで働く前提での企業選びで考えることある?

この先の約20年間をその会社で過ごすことができるか、がポイントです。

特にUターン転職の場合は、親元の近くに行きたいなど家庭的な理由もあると思うので、安定的に働ける環境が必要です。

企業分析に関しても、自己分析同様にやりすぎはないと思います。

ですので、あらゆる手段を使ってでもしっかりと企業分析をして、後悔のない企業選びを行う必要があります。

企業選びはご自身だけでは、限界があるので転職エージェントの利用をオススメしてます。

以下のようなサービスを無料で受けることができます。

私自身、転職活動の際は大変お世話になり、今の希望の企業に転職できたのも転職エージェントの支援があったからです。

・非公開求人の紹介

・面接練習・書類添削

・年収アップ交渉

オススメの転職エージェントに関しては、以下の記事でまとめておりますのでご参考ください。

マネジメント能力が大きな武器になる

40代の世代に企業側が求めることはマネジメントやリーダースキルです。

世代的にマネジメントやリーダーを経験してこられた人が多いと思います。

企業側も40代の転職者をとるメリットとして、マネジメントを活かした人事が可能であるということもあります。

ですので、アピールの際には以下のような具体的な数値を用いてアピールすると親切です。

・どのくらいの期間

・何名くらいのチーム

・そのチームでの数値的な実績例

40代の転職者のライバルは、みんなマネジメントの実績をアピールしにくるといっても過言ではありません。

ですので、短い期間でもいいので、自身の実績については今一度よく考えてみてください。

実際にマネジメント経験がない場合は、経験あります。と嘘言っちゃってもOK?

いいえ、だめです。

たとえその嘘がバレずに内定が出たとしても、入社後に経験のないマネジメント職を任されて困るのはご自身です。

経験がないものはないとはっきり言って、他にアピールできることがないかを十分考えて臨むようにしましょう。

40代でUターン転職を目指す際の注意点

40代のUターン転職のポイントは理解できた。

40代のUターン転職で注意点があれば教えて欲しい。

はい、以下で説明します。

ここでは5つの注意点について紹介します。

・年収が減る可能性

・評価基準の違い

・地方企業の業務範囲の違い

・企業が欲しがるのは若手社員

・都会で働いていたことを自慢しない

それぞれ詳細を説明します。

年収が減る可能性

地方は年収が低いと聞くけど、やはり都会よりも下がるんだね。

はい、地方の年収減少は紛れもない事実ですね。

入社後の役職や企業の業種や規模にもよりますが、年収は下がると考えておいた方が無難です。

また、地方には年功序列制度が根強く残っている企業も少なくありません。

年功序列の企業に入社するとその企業での在籍年数に応じて年収が決まることが多いです。

ですので、転職前よりも大きく年収が下がってしまうことがあることを認識しておいてください。

転職は年収だけが全てではないとは思っているけど、やはり生活が不安…

はい、ご家族がいらっしゃる方は特に注意が必要です。

ですので、年収と合わせて確認いただきたいのが、転職先の生活環境です。

地方であれば、住居費や場合によっては食費を都会の時よりも少なくできることがあります。

事前に転職際の地域を調査することで、実際に今の生活からどの程度生活費を削減できるのかを知ることが重要です。

その上で、どの程度の年収が必要なのか。ということを見積もるとイメージつきやすいかと思います。

生活費などにつきましては、以下の記事でまとめておりますのでご参考ください。

評価基準の違い

評価は全国どの企業も一緒じゃないの?

評価は企業ごとにオリジナルの評価基準をもうけています。

評価基準の差が転職前後であるとどうなるの?

前職でもっていたキャリアを評価してもらえない可能性があります。

役職や肩書きというのは、企業によって選定基準がそれぞれ存在します。

ですので、その役職がその人の実力なのか、それとも会社都合なのかの判断が難しいのです。

なるほどね。

じゃあ書類とか面接などで役職経験の話はしない方が良いの?

いいえ、上でも説明しましたが、リーダー経験、マネジメント経験など役職に関連するポイントはアピールしてください。

でも意味ないんでしょ?

アピールの仕方にポイントがあります。

アピール方法の例を2つ紹介します。

例1)前職時代、部署内のマネジメント経験があります。

例2)前職時代、約50名で構成されるチーム内で3年間のマネジメント経験があります。
功績としては、前任のマネジメント者の時と比較して、3年間で売り上げを30%向上させることに貢献しました。

いかかでしょうか?

評価が難しい役職やマネジメント経験に関して、実際の数値を交えることで、評価しやすい指標にすることができます。

このように評価基準は企業ごとに違うのですが、工夫次第で十分アピールポイントにすることが可能です。

地方企業の業務範囲の違い

業務範囲に地域差で違いがあるの?

必ずあるわけではなく、違いがある可能性もあると認識してください。

具体的にどんな違い?

社員一人一人がそれぞれいろんな業務をこなす必要があるということです。

例えば、人事の仕事も営業の仕事も両方行う。といったイメージです。

それはさすがにそれぞれの専門の人がするんじゃないの?

ある程度の規模がある企業であれば、それぞれ専門が行うのが通常です。

ですが、規模が小さく、社員数が少ない場合は1人で多くの業務を幅広く行う必要があるのです。

極端な場合は、いくつもの業務をこなすことができなければ、即戦力とは看做されないケースもあるようです…

ですので、若い頃も含めて経験のある業務はアピールすると効果的です。

企業が欲しがるのは若手社員

でも地方企業は人手不足なんでしょ?

世代とか関係ないんじゃないの?

確かに、地方企業は都会の企業と比較すると人手不足の傾向はあります。

ですが、人手不足だからだれでも良いということではないことを認識しておいてください。

基本的には地方だろうと、都会であろうと、欲しい人材は比較的若い人材です。

なので、極端な話以下のような人でも、年齢には勝てない場合もあります。

・45歳、東京の一部上場企業で20年間勤務した経緯があり。

・29歳、東京で小さな会社ながらも営業経験、3人規模のチームのリーダー経験あり。

自分のキャリアを過大評価している方が多くいるのも現実です。

自身のキャリアをアピールするのは、確かに重要です。

ですが自身で過大評価せず、評価してもらえるとラッキー程度で考えておく方が良いです。

都会で働いていたことを自慢しない

都会での実績は自慢した方が良いのでは?

自慢とアピールはニュアンスが違ってくるので注意が必要です。

繰り返しにはなりますが、都会企業での実績などをアピールすることは重要です。

ですが、内容の薄い以下のような自慢話はメリットがありません。

・東京の高層ビルで働いていた

・平均年収はこの会社の300万円も高い企業で働いていた

・毎日2000円のランチをおしゃれカフェで食べていた

こんなことアピールする人いないでしょ?

いいえ、それが実際にいるんです。

なので、アピールしようと思っていることが本当にアピールポイントになっているかは事前に確認が必要です。

また、入社後にも他の社員に上のような自慢話をすることが人間関係に悪影響です。

実際に聞く側の立場になると、いい気分にはならないですよね?

地方には地方のルールやコミュニティが存在します。

初めは慣れるのが難しいかもしれませんが、謙虚な姿勢を忘れずに、徐々に環境に慣れることをオススメします。

まとめ

以上、40代のUターン転職成功の可能性について紹介しました。

正直40代でのUターン転職はとても難しいです。

ですが、決して不可能ではないので、転職エージェントなどのサービスをうまく活用してください。

また失敗したとしても得られることは必ずあるので、リラックスして転職活動に臨みましょう。

エントリーシートや面接対策等、転職でお困りでしたら、コメント欄やTwitterのDMへご連絡ください。

私の経験談や、指導・助言した成功者の例を基にお手伝いできることはお手伝いさせていただきます。

それでは最後まで読んで頂きありがとうございました。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よければシェアお願いします!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる