Uターン転職すると必ず年収は下がる? 【下がっても転職すべき】

Uターン転職って必ず年収下がるの?

Uターン転職で年収を下がることを防ぐコツはある?

年収が下がってもUターン転職はするべき?

Uターン転職の年収事情はUターン転職を考えている方なら必ず知りたい情報かと思います。

この記事では、Uターン転職の年収にまつわる不安や疑問について紹介します。

この記事を読んでいただけると、Uターン転職の年収に関する不安や疑問がなくなると思います。

話の内容はUターン転職だけではなき、通常の転職にも活用可能なので、ぜひご参考ください。

とみぃ

・2010年:リーマンショック就職氷河期に就職

・2013年:第二新卒枠で転職活動も内定獲得ゼロ

・2016年:Uターン+未経験+高年収の転職成功

・自身の転職経験をもとに転職支援活動

・複数人の就職転職を成功に導いた実績あり

転職支援します
目次

Uターン転職って必ず年収下がる?

年収は下がる可能性が高いです

やっぱり下がるんだね。

一般転職でも下がることが多とは聞いていたけど…

はい、Uターン転職においても年収は下がる傾向にあります。

ちなみにどれくらいの割合の人が下がるの?

ある調査によると転職前後の年収変化は以下のようになっています。

・増加した:約30%

・変化なし:約20%

・減少した:約50%

いかがでしょうか?

あれ?もっと下がっている人が多いと思ったけど、意外と少なかった。

はい、確かにこのデータだけ見ると同じ印象を持つ方も多いかもしれません。

ですが、これは全年齢を対象のデータです。

年齢別に減少した人の割合をみると以下のようなデータになります。

・20代:約40%

・30代:約60%

このように年代が上がるにつれて、年収減少の割合も増える傾向にあります。

いずれにせよどの年代であっても半数以上の人が年収は下がる傾向にあるのです。

それぞれの年代別の詳細については、以下の記事で紹介していますでの、ご参考ください。

年収が下がることに対する対応策は?

年収が下がることに対してできることってないの?

はい、ここでは年収が下がることに対する対応策を3つ紹介します。

・お金に関するシミュレーションを行う

・年収交渉を行う

・別の収入源を確保する

それぞれ詳細を説明します。

お金に関するシミュレーションを行う

なぜシミュレーションが必要なの?

年収が減ることにより今後の生活にどのような影響があるかを知るためです。

ん?でも今までよりも収入が減るんだから確実に影響出るよね…

はい、出る可能性は高いです。

ですが、Uターン転職で生活費も大きく変化することがあります。

例えば住宅費(家賃)があげられます。

住宅費は都会と比較して、地方が安くなる傾向にあるので生活費を大きく下げることができます。

また、食費に関しても、食材等の値段は大きくは変わりませんが外食は地方の方が安い傾向にあります。

このように、地方にいくことで価格を安く抑えることができる項目があります。

年収が下がったとしても、結果的に生活水準を下げることなく生活できることができるケースもあります。

ですので、転職後の年収と移住先の生活レベルをあらかじめシミュレーションすることで不安なく転職することができます。

転職後の生活環境に関しては、以下の記事で紹介しておりますので、ご参考ください。

年収交渉を行う

まあ確かに年収が下がってもやっていけそう…

とは言ってもやっぱり年収は下げたくない。

あげる方法はないの?

転職先の企業に交渉することができます。

え?交渉できるんだ。

はい。

むしろ入社前に年収交渉をしないと、入社後の年収交渉はかなり難しくなります。

ですので、最終面接のときや内定後の承諾前に交渉することをオススメします。

言っていることは理解できるけど、自分でやれる自信がない…

はい、年収交渉はかなり難易度が高いため、未経験の方には難しいです。

え?じゃあ年収交渉は結局できないじゃん…

いいえ、自分でやらなくても大丈夫です。

こういう時には転職エージェントにお願いしましょう。

転職エージェントって企業の紹介だけじゃないの?

転職エージェントは企業紹介以外にも以下のようなことを無料で行ってくれます。

・年収交渉

・提出書類の添削

・面接練習

ここにはほんの一部のサービスを紹介しましたが、転職にまつわるあらゆることの相談に乗ってくれます。

ですので、年収交渉も転職エージェントにお任せすれば基本的にOKです。

なるほど、じゃあ年収に関しては転職エージェントに丸投げでOKなのね。

いいえ、丸投げでは転職エージェントも困ります。

なので、以下のような項目を転職エージェントに伝えて協力を依頼しましょう。

・希望の年収

・許容の最低年収

・年収交渉失敗時の対応

それぞれ簡単に説明します。

希望の年収

自分の希望する年収を伝えましょう。

また、極端に高い年収を伝えるのはNGです。

自分のスキルや経験にみあった年収を伝えましょう。

許容の最低年収

最低でもこの程度の年収は欲しいということを伝えましょう。

転職エージェントも可能な限り高い年収を目指してくれます。

ですが、必ずしもあなたの希望通りに行くかはわかりません。

なので、最低ラインの年収を伝えることで、転職エージェントも交渉がしやすくなります。

年収交渉失敗時の対応

上でも紹介しましたが、年収交渉は必ずしも希望通りに行くとは限りません。

もし転職エージェントが努力しても希望の年収額まで到達しない場合の対応を考えておく必要があります。

・希望年収に到達していないけど、その企業で働く

・希望年収に到達していないので、その企業では働かない

この記事の後半で述べますが、年収が下がっても企業で働くべきかはよく考えましょう。

年収が全てではないはずなので、転職活動の軸を再度思い出して、判断することが必要です。

オススメの転職エージェントに関しては、以下の記事で紹介しておりますので、ご参考ください。

別の収入源を確保する

どうやって別の収入源を確保するの?

副業がもっともわかりやすい副収入源かと思います。

え?副業ってどこの企業も禁止しているんじゃないの?

はい、確かにまだ副業を禁止している企業は多いのが事実です。

だよね…副業がバレるリスクを犯してまでしたくないかな…

そういう考え方も1つかもしれません。

ですが、私からすると副業がバレることを恐れて副業しないということのリスクの方が高いと考えています。

2021年3月現在は転職ブームと筆頭するくらい、副業ブームもきています。

終身雇用が崩壊してきている現代において、収入源が一つという方がはるかにリスクが高いです。

確かに副業がバレるリスクはゼロではありません。

ですが、極力ゼロにすることができるテクニックもあります。

私は税の専門家ではないのでその辺りのコメントは控えますが、以下のような検索でたくさん確認できます。

「副業 バレ」「」副業 バレ 対策」

また最近では副業解禁の企業も増えてきているので、転職活動時に副業可否の情報を収集することをオススメします。

年収が下がるなら他でおぎなうということで、少し強引なやりかたに聞こえます。

ですが、今後の人生においては、本職+副業が理にかなっているかもしれません。

年収が下がっても転職すべきケースは?

実際に年収が下がっても転職はすべきなの?

転職するかどうかの最終判断はご自身の判断になります。

そうだよね…でも、こういう人は転職した方が良いとかある?

はい、あります。

なので、ここでは年収が下がっても転職すべきケースを5つ紹介します。

紹介する内容は私自身の意見なので、以下に該当する人は絶対に転職しなければいけないという内容ではありません。

あくまで参考程度に読んでいただけると幸いです。

・本当にやりたい仕事ができる

・新しいチャレンジができる

・未経験の業界で活躍できる

・現職でスキルアップが見込めない

・家庭の事情がある

いくつか似た内容もありますが、詳細を説明します。

本当にやりたい仕事ができる

転職することで、理想としていた仕事ができる場合です。

理由は年収以上に幸福感を得られる可能性が高いからです。

転職の理由には年収以外にもいくつかあると思います。

その中で仕事内容での幸福感が年収の幸福感よりも上である場合は転職すべきです。

年収が低いので、本当にやりたい仕事をできるチャンスの見逃すと後悔します。

年収と仕事内容のどちらを選ぶかはよく考えましょう。

新しいチャレンジができる

転職すると環境がすべて変わります。

なので、必然的に新しい挑戦をすることになります。

転職という新しい挑戦に意味を感じる方は年収が下がっても転職すべきです。

同じ企業内でも移動などで、環境をかえることはできますが、なんだかんだで同じ企業ないです。

転職という本当に大きな環境の変化には、年収以上の価値があると私自身感じています。

未経験の業界で活躍できる

これは上の新しいチャレンジと似た内容になります。

未経験という業界も転職しなければ、できない新しい経験になります。

ただでさえ難しいとされる未経験の業界に内定がもらえたのであれば、絶対に挑戦すべきと私は思います。

未経験は転職活動中も大変ですが、入社後も苦労するととが多いです。

ですが、未経験の業界に飛び込むと苦労以上に得られるものが多いことに気づく時が来ると思います。

年収が下がったとしても、未経験の業種に内定が出ているのであれば、ぜひ入社して挑戦して欲しいです。

現職でスキルアップが見込めない

今の企業で自分自身大きな成長が見込めないのであれば、転職すべきです。

時間は有限なので、スキルアップのできない企業にい続けることが時間の無駄だからです。

転職すれば伸ばすことができたであろうスキルを、今の企業にいるばっかりにスキルアップできないのはもったいないです。

スキルが上がれば、年収も一緒に上がってくると思います。

目先の年収にばかり目をやらずに、ぜひご自身の将来性を見越した判断をすると良い回答が見つかると思います。

家庭の事情がある

Uターン転職であれば、家庭の事情で地方へ戻る必要があるといった方も少なくありません。

このようなケースの場合は、年収よりも家庭の事情を優先しましょう。

Uターン転職は今後なんかする傾向にあると思っているので、内定が今後出ない可能性もあるので注意が必要です。

まとめ

以上、Uターン転職の年収事情について紹介しました。

転職による年収アップも可能ではありますが、基本は下がると思って活動された方が良いです。

自身の転職活動において、年収の優先順位はをよく考えておくことが必要です。

エントリーシートや面接対策等、転職でお困りでしたら、コメント欄やTwitterのDMへご連絡ください。

私の経験談や、指導・助言した成功者の例を基にお手伝いできることはお手伝いさせていただきます。

それでは最後まで読んで頂きありがとうございました。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よければシェアお願いします!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる