Uターン転職の最適な年齢は?【年齢別に求められる人材を徹底解説】

Uターン転職の最適な年齢ってあるの?

Uターン転職の上限年齢ってあるの?

Uターン転職の年代別のコツとかあるのかな?

Uターン転職をお考えの方であれば、このような疑問をお持ちの方も多いと思います。

私自身、30代前半でUターン転職を行いましたが、もう遅い?という不安を感じておりました。

2021年2月現在では、新型コロナウイルスの影響もあり、都心への不安というものが高まりつつあります。

このパンデミックをきっかけに、地方への移住を検討される方も増えることが予想されます。

この記事では、Uターン転職の適正年齢や年代別のコツについて紹介します。

この記事を読んでいただければ、Uターン転職の年齢に関する疑問は解決すると思います。

とみぃ

・2010年:リーマンショック就職氷河期に就職

・2013年:第二新卒枠で転職活動も内定獲得ゼロ

・2016年:Uターン+未経験+高年収の転職成功

・自身の転職経験をもとに転職支援活動

・複数人の就職転職を成功に導いた実績あり

転職支援します
目次

Uターン転職の最適な年齢は?

結論:35歳までが最適

やはり最適年齢はあるのね。

それはUターン転職に特化した年齢?

いいえ。

Uターン転職に限らず、転職ではおおよそ35歳までが最適と言われています。

なるほどね。

じゃあなぜこの世代が最適年齢なの?

簡単にいうと、人材としてある程度育成もされていて、伸びしろもまだあるという点からです。

さらに言うと、もっとも最適な転職年齢は20代後半から30代前半です。

なぜ?

上で述べた経験、伸びしろの点でもっとも適した年齢層だからです。

例えば、28歳の営業職経験のAさんを例にとります。

・22, 23歳:大学新卒で企業に就職し、1年間で新人教育などで社会人スキルを最低限習得

・24~26歳:先輩社員と多くの営業回りを経験し、営業の基礎から応用までを習得

・27, 28歳:経験を活かし、自ら営業活動を行い、社内外問わずやりとりを完全習得

このように大卒から6年間で、段階を踏んで最終的に自立した営業マンに成長しています。

つまり、このAさんは最終的に自分で考え、自分で営業するスキルが身に付いています。

ですので、転職後に売るものが変わったとしても、十分営業として行動できると判断されます。

また、まだ28歳ですのでこれからのスキルアップも見込めますし、マネジメントへの昇格要素もおおいにあります。

このような点で、20代後半から30代前半がもっとも適している年齢層なのです。

35歳以下の需要は増えている?

じゃあこの世代の需要は実際結構あるの?

はい、転職成功者の平均年齢が31.7歳と言われています。

ですので、この世代は需要があります。

また、企業には時代の背景にともなって、極端に少ない年齢層が存在します。

なぜ、そんな年齢層が存在するの?

多くの企業は景気や業績によって採用人数を調整するためです。

例を2つ紹介します。

・自社のある製品が爆発的にヒットしたので、新工場設立し、その年は新卒採用者を増員

・世界的恐慌による業績の大幅な下落が要因で、その年の新卒採用を減員

このように企業はあらゆる要因で人員調整が必要なのです。

増員対象だった年の社員は多いし、減員対象だった年の社員は少ないという社員構図になります。

その構図と35歳以下の需要となんか関係あるの?

30~35歳の世代は、リーマンショックによる世界的恐慌の影響を受けております。

つまり、世界的恐慌による採用人数減員の影響を受けている世代になります。

余談ですが、私は2010年入社のリーマンショック世代です。

大学院卒でも就職が厳しく、会社の同期も少なめでした。

ですので、この世代のもっとも働き手となる世代がどの企業も少ないため、需要があるのです。

また、今後日本では人口減少や少子高齢化という社会問題も顕著になります。

それにともない、35歳以下の若手人材の獲得はさらに活発になることが予想できます。

Uターン転職の上限年齢はある?

結論:ありません

転職の最適年齢やその理由についてはわかった。

じゃあ、限界の年齢ってあるの?

結論は上限年齢はありません。

そうなの?

でも、よく35歳まで限界って聞くけど…

それに先ほど35歳までが最適ともいっていたよね?

はい、35歳までが最適といいました。

ですが、35歳以上が不可能とはいっていません。

つまり、最適な年代層はあるけど、不可能な年齢はないということです。

じゃあなぜ限界の年齢があるといったような記事を目にするの?

おそらく35歳という年齢が一人歩きしてしまっているのだと思います。

つまり、35歳という数字にばかり目がいってしまい、そこが限界値であると錯覚しているということです。

なるほどね。

でも正直40歳以上の人を採用するメリットって企業側にあるの?

はい、メリットはあります。

企業側は、すべての年齢層を同じ目線で採用しているわけではありません。

それぞれの年齢層ごとに適したポジションが存在するので、企業はそれに応じて採用を行います。

年代別の詳細につきましては、次に紹介します。

年代別のUターン転職者に企業が求めるもの

企業側は各年齢層に応じて、転職者に求める人材像が異なります。

このパートではその人材像について、年齢別に紹介します。

ここでは3つの年齢層に分けて紹介します。

・20代

・30代

・40代以降

20代

20代は言うまでもありませんが、若さと伸びしろが売りです。

ですので、企業としては以下のようなことを求めています。

・最低限の社会人スキル

・仕事に対するモチベーション

・向上心

簡単に詳細紹介します。

最低限の社会人スキル

・新卒入社から社会人としてどんなことを学んできたのか?

・その学んだことを転職先でどう活かしてくれるのか?

これらの点を企業側は判断します。

あくまで20代にはあまり多くのことを求めておらず、伸びしろに重きを置いて期待しています。

仕事に対するモチベーション

若さがあるがゆえに、モチベーションが高ければ多くのことを吸収できます。

ですので、仕事に対するモチベーションは企業側も気にかけているポイントです。

モチベーションが高ければ、異業種などの難しい転職も可能になります。

向上心

いくらモチベーションが高くても向上心がないと、いつまでも現状維持姿勢になります。

企業としては、若い世代に向上心を持って、どんどん攻めの姿勢をみせて欲しいものです。

なので、モチベーションとセットで向上心ももってアピールすると良いでしょう。

また転職後も向上心が高ければ、多少の壁にぶつかっても、乗り越えることができます。

30代

30代は、前職である程度のスキルを活かした、即戦力を期待されます。

30代は20代よりも積み上げてきたものが多いことを期待されているためです。

ですので、企業としては以下のようなことを求めています。

・即戦力の土台となるスキルや経験

・若手育成のリーダー精神

・マネジメントへの素質

簡単に紹介します。

即戦力の土台となるスキルや経験

前職がどんな会社だとしても、企業は転職者のスキルや経験に期待します。

その経験はこの企業でも活かすことができるのか?を判断しています。

ですので、企業側へアピールする際もどう活かせるかを明確に伝える必要があります。

若手育成のリーダースキル

30代になると、若手の育成も必要なスキルになります。

ですので、企業側は転職者がリーダーとしてのスキルあるかどうかも判断材料とします。

後輩社員の育成経験などを交えると非常にアピールポイントになり得ます。

マネジメントへの素質

また30代には、次のステップとしてマネジメント層への昇格も判断する必要があります。

将来的に会社を運営する側の人間としてふさわしい素質があるかと言う点です。

もし前職時代に若くしてマネジメントの経験があるのであれば、絶対にアピールすべきです。

30代で転職をした私も以下の質問を実際に面接で受けました。

・あなたを採用した際に企業はどのようなメリットがありますか?

・仕事に普段取り組む上で何に気をつけていますか?

・あなたはこの会社で将来どう言うビジョンを描いていますか?

・どんなスキルが自分にはありますか?(語学、技術力など)

・リーダー経験、マネジメント経験はありますか?

40代以降

40代以降は、マネジメントかその道のスペシャリストが期待されます。

これは20代、30代と比較しても圧倒的にマネジメントスキルや技術的スキルが大きいと判断されるからです。

ですので、企業としては以下のようなことを求めています。

・マネージャーとしてのスキル

・業界の第一人者

・企業の経営者スキル

簡単に紹介します。

マネージャーとしてのスキル

マネジメントは30代でも述べましたが、40代にはより強く要求されます。

マネジメントスキルが高ければ、どの企業でも活かすことができるスキルになりうるからです。

どの企業も高いマネジメントスキルを有する人材は確保したいです。

なので、マネジメントスキルに自信がある方は、おおいにアピールすべきです。

業界の第一人者

もしもある業界でずっと同じスキルを積み上げてきているのであれば、そのスキルは多大なものです。

つまり業界で第一人者と言われるようなスペシャリストであれば、その業界からは欲しがられる人材になります。

自分が積み上げてきたスキルがどの程度のものなのかは、事前に確認が必要です。

企業の経営者スキル

経営者スキルはマネジメントスキルと似たところがありますが、40代にとっては重要なスキルです。

企業としては、会社を経営していく上で、企業の存続を常に意識する必要があります。

ですので、40代には将来的に経営者側の人材として向いているのかを判断される場合があります。

まとめ

以上、Uターン転職の最適年齢と年代別のコツについて紹介しました。

転職には上限年齢はありませんが、最適年齢はあります。

最適年齢付近で転職活動を行うことで、より転職先も豊富にあることになります。

お自身の年齢に応じた大祭やコツをつかむことで、転職成功の確率をあげることが可能ですので、頑張ってください。

エントリーシートや面接対策等、転職でお困りのことがありましたら、ぜひコメント欄やお問い合わせ先へご連絡ください。

私の経験談や、指導・助言した成功者の例を基にお手伝いできることはお手伝いさせていただきます。

それでは最後まで読んで頂きありがとうございました。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よければシェアお願いします!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる