異業種転職の年齢制限は〇〇歳!?【内定獲得の裏技も紹介!】

異業種転職って年齢制限あるの?

何歳までにするのがオススメなの?

異業種転職を検討している方は年齢に関して不安や疑問があると思います。

年齢は取り戻せないので、とても不安になりますよね?

私自身、異業種+Uターン転職を経験しましたが、当時年齢に関していろいろと調べたことを覚えています。

とはいえ、転職って年齢重ねると内定獲得しづらいって聞くけど…

そのような不安をお持ちの方のために、年代別の傾向や特徴も紹介しますので、有益ですよ。

この記事では、異業種転職の年齢に関する情報を紹介します。

この記事を読んでいただければ、異業種転職の年齢に関する不安や疑問は少なくなります。

異業種転職のやり方始め方から特徴も含めて網羅した記事を以下で紹介しておりますので、あわせてご覧ください。

とみぃ

・2010年:リーマンショック就職氷河期に就職

・2013年:第二新卒枠で転職活動も内定獲得ゼロ

・2016年:Uターン+未経験+高年収の転職成功

・自身の転職経験をもとに転職支援活動

・複数人の就職転職を成功に導いた実績あり

転職支援します
目次

異業種転職の年齢制限は〇〇歳!?

異業種転職に年齢制限はあるの?

基本的には年齢制限はありません。

え?ないの?

何歳から始めても条件は一緒ってこと?

いいえ、条件等は変わってきます。

その理由をついて、3つ紹介します。

・転職はスキルや経験重視のため

・人手不足のため

・年功序列制度崩壊のため

それぞれ紹介します。

転職はスキルや経験重視のため

異業種転職も一般転職も一番大切なのは年齢ではなく、スキルや経験重視の場合が多いです。

自身のスキルや経験が、企業の需要と一致すれば、転職成功に近づきます。

なるほどね。

じゃあその企業が欲しがっているスキルや経験ってどうやって調べるの?

はい、調べる方法はいくつかあるので、代表的な3つ紹介します。

・企業ホームページの採用要求項目

・転職サイトの採用要求項目

・転職エージェントに確認

いずれの方法でもある程度の情報は入手可能です。

必要項目以外にも転職エージェントでは以下のようなサービスを無料で受けることができるためオススメです。

・非公開求人の紹介

・書類審査、面接等の添削や模擬練習

・年収アップ交渉

転職エージェントってたくさんあるけど、オススメの転職エージェントってあるの?

新入社員や第二新卒など若手向けにオススメの転職エージェントは以下の記事で紹介しています。

一般転職や高年収希望者向けにオススメの転職エージェントは以下の記事で紹介しています。

それぞれ良いポイントだけでなく、悪いポイントや体験談も載せていますので、必ず参考になると思います。

人手不足のため

日本では慢性的な人手不足が継続しています。

そんなに人手不足という感じはしないけどね…

ニュースなどを見ると確かに人手不足のニュースは少ないです。

ですが、企業や業界の景気が好調で、人手不足で困っている会社が多いことも事実です。

もし気になる企業や業界がある場合は、転職サイトや転職エージェントから情報を入手することをオススメします。

転職は情報戦なので、最新の情報をいち早く入手することがとても重要です。

年功序列制度崩壊のため

年功序列制度?

はい、企業の中で年齢に応じて給与水準が圧程度決められた制度です。

なるほど、年功序列制度と年齢制限は関係あるの?

例をあげます。

年功序列制度を採用しているある企業(30代の社員多数在籍)

そこへ30代の転職者が受けにきても、20代よりも基本給が高くなるため必要ないと判断され、不採用。

年功序列制度を採用していないある企業(30代の社員多数在籍)

そこへ30代の転職者が受けに来ると、年齢は関係なくスキルや経験で採用される可能性大。

このようにその企業が年功序列制度を採用しているか、していないかで採用可否の可能性が変わります。

異業種転職の年代別の傾向

異業種転職に年齢制限がないことが理由も含めて理解した。

とはいえ、年代別で内定の取りやすさとか違ってくるんじゃなの?

はい、違ってきます。

以降では年代別の傾向について詳細を説明します。

年代別の異業種転職と一般転職の割合

年代別の異業種転職と一般転職の割合(独自調べ)
20台
30代
40代

上の棒グラフの異業種転職の割合を数値化すると以下のようになります。

・20代:約60%

・30代:約50%

・40代:約50%

え?なんか結構異業種転職にチャレンジしてる人って多いんだね。

はい、そうなんです。

私自身、異業種転職に挑戦しようとしていた当時、このデータを見て少し勇気もらいました。笑

それぞれの年代別で対策とか傾向とか変わっていくるんだよね?

はい、対策や傾向についてはUターン転職や一般転職と大きく異なることはありません。

Uターン転職の年代別の対策や傾向は以下の記事でそれぞれ紹介してますので、ご参考ください。

なので、ここではそれぞれの年代別に簡単な紹介をします。

20代の異業種転職

企業側が20代転職希望者に求めるのは、基本的にはポテンシャルです。

つまり、特別なスキルや経験が豊富でなくても異業種転職で内定を獲得できる可能性は高いです。

転職希望者の社会人経験が浅くても、入社後に育てればいいと企業は考えるためです。

なるほどね、ということは20代の前半でも後半でも一緒なのね?

いいえ、前半と後半では傾向が異なってきます。

・20代前半:ポテンシャルのみで問題なし

・20代後半:ポテンシャルに加えて、20代前半から身につけたスキルや経験も採用判断材料

また業種も職種も異なるような完全な未経験の場合は、20代後半までが目安のリミットです。

30代前半でも可能ではありますが、20代のうちに転職活動することをオススメします。

また20代前半は第二新卒という枠で転職可能で、一般的には転職に有利とされる世代です。

第二新卒に関しては、以下の記事でやり方から特徴まで詳しく紹介しておりますので、ご参考ください。

30代の異業種転職

企業側が30代転職希望者に求めるのは、スキルや経験です。

前職でどんなスキルを身につけ、どんな経験を積んだかが内定獲得の分かれ道になります。

理由は30代には即戦力が期待されており、スキルや経験といった活かせるスキルが求められるためです。

なので、30代であっても自分のスキルを活かせる業種であれば、未経験からでも問題ありません。

30代で業種も職種も異なるような完全な未経験転職は不可能なの?

不可能ではないですが、とても難しいと思っておいた方が良いです。

現在の日本の状況としては、終身雇用の崩壊という話題で盛り上がっております。

つまり、企業は一生あなたを勤務させ続けることができませんと言っているようなものです。

なので、今後の企業の採用形態の加速によって、30代の異業種転職の時代が来る可能性もあるかもしれませんね。

40代以降の異業種転職

企業側が40代以降転職希望者に求めるのは、マネジメントスキルです。

マネジメントスキルに関しては、異業種に転職してもそのまま活用できるスキルなので異業種転職成功の可能性はあります。

十分な実績やマネジメント経験がある場合は、異業種からの転職でも企業側から大歓迎を受けることも少なくありません。

40代以降はマネジメントスキルがないと異業種転職は不可能のなの?

不可能ではないですが、マネジメント経験がない40代転職希望者の異業種転職はとても難しいと思っておいた方が良いです。

理由は、40代は20代30代と比較して、定年までに働ける時間が短く、教育にかける時間やお金がもったいないからです。

なので、もし40代から異業種転職を目指すのであれば、ご自身のマネジメント経験やリーダー経験などをアピールできるように整理しましょう。

30代、40代の異業種転職成功への裏技

ここまでの話を聞いていると、30代や40代は異業種転職成功は難しそうだね。

はい、難しくなることは間違いありません。

なので、最後に30代、40代の方向けに裏技(コツ)を1つ紹介します。

中小企業やベンチャー企業への異業種転職を目指す

ん?どういうこと?

ヒントは年功序列制度にあります。

年功序列は崩壊しつつあると言いましたが、現在も採用している企業があることは事実です。

そんな中でも、大企業は昔からの年功序列が根強く残り、いまだ採用している企業が多い傾向にあります。

・大企業:基本給の高い30代や40代の中高年層がコストのかかる層と見なす傾向があり

・中小企業:給与形態や社内序列などを比較的フレキシブルに変更している会社が多い

・ベンチャー企業:もともと年功序列を採用せず、完全実力主義といった形態をとっている企業が多い

なので、中小企業やベンチャー企業は大企業と比較すると積極的に中高年を採用している場合が多いのです。

もちろん一概に言える情報ではないですが、内定獲得のヒントの1つになると思います。

まとめ

以上、異業種転職の年齢制限について紹介しました。

異業種転職に年齢制限はありません。

ですが、年齢を追うごとに異業種転職の難易度が高くなることは忘れないでください。

年代別で必要項目やポイントも異なってきますので、年齢に応じた対策が必要です。

エントリーシートや面接対策等、転職でお困りでしたら、コメント欄やTwitterのDMへご連絡ください。

私の経験談や、指導・助言した成功者の例を基にお手伝いできることはお手伝いさせていただきます。

それでは最後まで読んで頂きありがとうございました。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よければシェアお願いします!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる